武士のあじ寿司(修善寺駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

武士のあじ寿司(修善寺駅)・・・これは、鯵の駅弁としては日本一ではないだろうか

かねてから最も食べてみたかった駅弁の1つが、伊豆・修善寺駅の武士(たけし)のあじ寿司です。武士と書いて、たけしと読みます。この駅弁を作っている舞寿しさんの社長さんの苗字です。

駅前のこじんまりとした舞寿しの店舗で作っているにもかかわらず、土日は特急電車が到着するたびに、あるいは発車するたびに駅弁が売れ、武士のあじ寿司だけで1日に100食ほども出るようです。

この日も、私が購入する直前に熟年おばさまの軍団に行く手を阻まれ、舞寿しのもう1つの名物駅弁である武士のわさびシャモ飯が売り切れ御免になり、泣きたい気分になりました・笑。

何とか購入できたのは、この武士のあじ寿司と、それを巻き寿司にした武士のあじ巻き寿司、それ以外に唯一残った武士の助六寿司の3つでした。なお、基本的にはあじ寿司に関しては1日に何回か作るようですので、夕方以降でなければ、そんなに心配するほどでもないようです。

武士のあじ寿司の外観


このあじ寿司、駅で購入して、駅前の舞寿しの駅弁カフェの店舗に行って、そこで食事をしました。駅弁を買っても食べるところが無い時は、駅弁カフェは快適なのでお勧めです。あじ寿司を食べている最中に、スマホの充電もできます。店内の様子は、以下の動画に出ています。




購入データ
購入場所 修善寺駅の改札口を出たところすぐとなり、舞寿しの駅弁売り場にて購入。
購入日時 2017年7月15日、正午12時ころに購入。
価格 1100円(税込み)
ラベル表示
武士のあじ寿司のラベル表示

製造・販売 株式会社たけし
静岡県伊豆市柏久保625?6
0558-72-2416
http://www.maizushi.jp/


 


肉厚で、「レア」感覚の鯵を、たっぷりの堪能できる涙ものの駅弁


では、武士のあじ寿司の感想をば。開封してみると、紙製の箱の容器に、たっぷりと酢締めされた鯵が乗っているのが分かります。そして、鯵の肉が厚い! 肉眼で見るとより一層、肉厚感を感じられて、この駅弁はただものではないという直感が走ります。

武士のあじ寿司


鯵の部分を拡大したのがこちら。軽く、醤油を垂らしています。鯵の上に刻み生姜と、伊豆ならではの本わさびが乗っています。ほんのりと酢の香りが、私の顔の周辺を包み込みます。

武士のあじ寿司の鯵と刻み生姜と本わさび


まずは一切れ、醤油を付けないで頂きます。なんと、実演販売を除いて、ここまで軽く酢締めをしただけの魚介類の駅弁は、初めてのような気がします。これは美味い! 見た目がまるでお刺身に見える通り、本当に生感覚で味わえます。奇跡のような駅弁です。

武士のあじ寿司


次に、醤油をと本わさびを付けて、頂きます。う~~ん、わさびの辛みが鼻に抜ける~~! 醤油を付ける事で、まろやかさが増します。この食べ方も、超美味しいです。ちなみに、わさびではなくて生姜と一緒に食べるのも、甲乙つけがたい美味しさです。

武士のあじ寿司


それから強調しておきたいのは、添加物がゼロだという事。添加物を一切使用しない駅弁なんて、美味しいに決まっています。東北地方の某駅弁屋さんの、添加物まみれになって悪寒を感じる駅弁とは、雲泥の差があります。

そして、伊豆地方が日本で最大の生産地になっているという、桜の葉が使われています。鯵を食べ始めると、下からこのように桜葉漬けが出現して、驚きます。

桜葉は、笹の葉のように殺菌を目的として使うのではありません。桜餅に使われている目的は、見た目で季節感を感じるためであり、日本人特有の情緒があります。芳香成分が出てきて、味わいに深みが出るという理由もあります。

そんな桜葉を、駅弁に使ってしまう舞寿しさんの発想にも、感心しますよね。そしてそのほのかな香りは、鯵のお寿司に非常に合うのです。もちろん私は喜んで、桜の葉を食べました。

武士のあじ寿司の桜葉


桜の葉をパラリとめくると、胡麻をまぶした酢飯が現れます。鯵が肉厚でしっとり、もちっとした食感であるため、酢飯の中の胡麻の少々のプチプチ感とが、これまた絶妙なバランスですね。上手く作ってあるな~と、感心しきりで食べ終わったのでした。

武士のあじ寿司の酢飯


なお、添加物フリーですから、夏場に長時間、持ち歩くような事は避けておきましょう。こんな美味しい駅弁、買ったらすぐに食べるに限ります(^◇^) 

修善寺駅の駅弁は全く食べた事が無かったので、これは素晴らしい駅弁屋さんに邂逅できたと、大いに喜んだ次第です。季節を変えて修善寺を再訪して、舞寿しの駅弁を色々と食べてみたいと思います。楽しみが、また一つ増えました(^^♪



伊豆半島における鉄道の見えるホテル


伊豆半島における、鉄道の見えるホテルの一覧です。伊豆半島への観光の際にお役立てください。

東横イン熱海駅前 東海道新幹線、東海道本線 熱海駅より徒歩4分ほど。
ホテルサンハトヤ(伊東駅) 伊東線 伊東駅より無料送迎バス。オーシャンビューとトレインビューを同時に楽しめる貴重なホテル。
ホテルカンタベリ伊豆熱川 伊豆急行線 伊豆熱川駅の目の前。シングルは無し。マンション改造でユニーク。
源泉岩盤浴の宿 薬師の湯(伊豆・河津) 伊豆急行線 河津駅から車で5分。
ビジネスホテル翔山(伊豆急下田駅) 伊豆急行線 伊豆急下田駅から徒歩1分。

 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ