弥富~佐古木間でスナックカーなどの近鉄電車を撮影した記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

近鉄スナックカー乗車&撮影記(1)・・・弥富~佐古木駅間で撮影

主に青春18きっぷを利用した「駅弁」と少し「呑み鉄」、そして時々「撮り鉄」の旅を名古屋からお届けします。今回は2021年2月12日をもって定期運行を終了した近鉄12200系スナックカーの乗車&撮影記です。


今回、近鉄全線3日間フリーきっぷで出発しました。3000円というお値段は、名古屋~鳥羽片道1750円(いずれも特急券別)を念頭に置くと格安を通り越して投げ売りです。

残念ながら2021年2月までの販売でしたが、代わりに従来から販売されている近鉄週末フリーパスが金土日あるいは土日月の3日間有効4200円で利用することができます。

近鉄全線3日間フリーきっぷ


このフリーきっぷを利用した近鉄電車やスナックカーの撮り鉄や乗り鉄を、以下の項目に分けてご紹介しています。ご興味ある部分をクリックして頂き、ご覧ください。

⇒弥富~佐古木間で近鉄電車を撮影(←今ここ
鳥羽までスナックカーに乗車
⇒斎宮~漕代間で近鉄電車を撮影(準備中)





弥富~佐古木間で撮影


3月で定期運行終了と勝手に思い込んでいた近鉄12200系スナックカー、「ひのとり」が追加投入される2月13日の前日である2月12日限りで定期運行終了とのことで、2021年2月7日(日)に慌てて乗車することにしました。

スナックカーの充当列車はネット予約画面で喫煙室のない列車が該当し、コロナ禍で名伊特急の運行本数が土休日については半減となる中でも、2月7日は2編成が運行されることがわかりました。

弥富~佐古木駅間の踏切の撮影地
スナックカー乗車前にまずは撮影活動を行います。佐古木駅から近鉄弥富方面に約900mのところにある踏切が活動場所で、開けた場所なので朝から光線状態は良好、背景もすっきりとしています。しかし引退直前ながらスナックカーに対する撮影者は少ない印象で、この場所も撮影者は私だけでした。

12200系スナックカー(NS49)
NS49編成を先頭とする、賢島を6:14に出発し名古屋へ8:23に到着する6614列車です。名伊特急での運行は6連のうち名古屋方の4両が12200系スナックカーとなり、順光での撮影は場所と時間帯が限られてしまします。(2021.2.7 8:11)

12200系スナックカー(NS51編成)
別の日に同じ場所で撮影したNS51編成です。最後まで残った12200系3編成のうち、名古屋口ではNS49とNS51編成の2本が運行されました。(2021.2.11 8:12)

21000系アーバンライナー
「ひのとり」が増備され、名阪間の途中駅に停車する特急は21000系アーバンライナーに置き換えられて快適になりました。(2021.2.11 7:42)

1810系
2編成が残るのみとなった1810系も急行で活躍です。1826Fは1970年製の古参級車両です。(2021.2.11 8:18)

佐古木駅の下りホーム弥富方先端の駅撮り撮影地から
佐古木駅の下りホーム弥富方先端からも、良好な光線状態で撮影することができました。 (2021.2.11 8:50)

2017年撮影の近鉄スナックカー
スナックカーは前パンの賢島方先頭車を撮りたいものです。架線の影が盛大に落ちた写真で恐縮です。(2017.6.5 16:12 黄金)


【乗車記録】

・近鉄名古屋6:51→近鉄蟹江6:59 5162 6両  
・近鉄蟹江7:01→佐古木7:06 2016 3両  
・佐古木8:30→近鉄蟹江8:35 2006 3両  
・近鉄蟹江8:37→近鉄名古屋8:46 (車番失念) 6両


鳥羽までスナックカーに乗車


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ