元祖珍辨たこめし・陶器製(福山駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

元祖珍辨たこめし・陶器製(福山駅)・・・とても可愛くて、超気に入りました(^◇^)

この元祖珍辨たこめし・陶器製を購入するために、わざわざ福山まで行ってきました。関東から広島県までは、新幹線でもやっぱり遠いですねえ。それでもこのタコの陶器のためです。だいいち、鉄道旅行は全く苦になりませんし。

という事で、電話で予約を入れてから、購入いたしました。要予約で、気まぐれにふらりと福山駅に行っても売っていませんから、その点は注意してください。

受け取った陶器製のたこ飯は、こんな感じです。かなり面白い駅弁で、嬉しくなりました(^◇^)

元祖珍辨たこめし・陶器製の外観と外箱


外箱から、タコが顔をのぞかせています。ちょっとシュールな感じがします・笑。気に入りました。元祖珍辨たこめし・陶器製の向こう側に見えているのは、同時に購入したあなごめしです。

元祖珍辨たこめし・陶器製の箱から覗くタコの顔


箱からタコの容器を取りだしたら、こんな感じでした。面白い!! そして、思っているよりも可愛いです。茹でダコが鉢巻きを巻いているイメージなんでしょうね。いい味出してます。

元祖珍辨たこめし・陶器製の外観


見た感じは小ぶりに見えるかもしれませんが、実際に見ると、思ったよりも大きいです。中にたっぷりと入ったたこめしと合わせて、けっこう重量もあります。






元祖珍辨たこめし・陶器製の中身はこんな感じだ


では中身を見てみましょう。動画で撮影すると、こんな感じです。陶器に入っているだけで、中身は実は通常バージョンのたこめしと全く同じです。ちなみに今回は、トレインビューホテルのサンホテル福山に宿泊して、動画を撮影しています。




味付けご飯の上に乗っかっているのは、タコの旨煮、玉子焼き、味付け海老、栗の甘露煮、蓮根の旨煮などです。・・・ん?通常版のたこ飯と違って、うずらの卵は入っていないですね。それと、蓮根煮は筍煮だったので、若干の違いが有るという事ですね。

元祖珍辨たこめし・陶器製の中身


という事で、たこめしの蓋を開けたところを、記念撮影。ほんと、いい味が出ています。雰囲気も味が出てるし、実際にタコの味も旨い。なかなかいいです。新神戸の引っ張りだこ飯と、大接戦の勝負をしていると思います。

元祖珍辨たこめし・陶器製


そうだ、この元祖珍辨たこめし・陶器製、なんと価格は税込みで1000円です。これで商売をしていけるのかどうか、とても心配になるくらいです。1500円くらい取っても良いので、末永くこのユニーク駅弁が続いてゆくように願っています。

ちなみに広島県福山市で購入したたこ飯の陶器は、当然自宅まではるばる持ち帰って、現在は部屋に飾っています・笑。可愛いので、すっかりインテリアになってます。




(2015年5月17日、福山駅で購入。1000円)



福山駅における、鉄道の見えるホテルの一覧

今回宿泊したサンホテル福山以外に、福山駅周辺では東横イン福山駅新幹線南口、及び福山とーぶホテルが鉄道の見えるホテルになります。お好みでセレクトしてみて下さい。

この駅弁屋さんの公式ホームページ情報

http://hamakichi.ekiben.or.jp/
(駅弁の総合サイトの中の、浜吉さんのページの、駅弁一覧になります)


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ