鮎屋三代(八代駅・熊本駅)を食べてみた記録、塩焼きも

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

鮎屋三代(八代駅・熊本駅)・・・駅弁の最高峰、塩焼きも超絶美味い

2015年末、ブルートレインたらぎの宿泊と、肥薩おれんじ食堂のクルージングディナーを目的として九州に行った際に、旅行初日に熊本駅で発見して、問答無用で購入した駅弁が、超有名駅弁の鮎屋三代です。

新幹線改札口を出たところにある売り場で、見つけました。下記写真、よく見ると、以前に東京駅で購入したことのあるくまモン駅弁・くまもとあか牛ランチBOXも置いてありますね。




くまモンといえば、改札口に向かって、こんなくまモンが鎮座していました・笑。誰が見ても気になる存在のようで、入れ代わり立ち代わり、くまモンと写真撮影する人が絶えませんでした。




さて今回、完全に意表をついていたのが、鮎屋三代の塩焼き味が存在していた事です。ここで逃したら一生食えなくなる可能性もありという事で、一緒に購入しました。




駅弁の容器、そして掛け紙、トータルで非常に「雰囲気」が出ていますよね。駅弁は、こうであらねばならないと説教したくなるくらい、いい感じです。





ありえない美味さに絶句、鮎屋三代はただものではない


鮎屋三代を買って、東横イン熊本駅前にて、その味を存分に楽しみました。まずは、鮎屋三代を開封してみた動画を、ご覧ください。




下記写真、上が通常版の鮎屋三代、下が鮎屋三代・塩焼きです。付け合せが、微妙に異なるところに、いろいろとこだわりがあるのだろうなと感じさせます。




さて、まずは甘露煮が乗っかった、通常バージョンの鮎屋三代。真っ先に鮎の甘露煮を口にすると、「これは!!!!」、かつて食べたあらゆる駅弁の、魚の甘露煮の中で文句なし、一番美味いです。思わず絶句してしまうくらい、美味い。

こういった魚の甘露煮、今までも月見五目めし(松本駅)あきたこまち釜めし(秋田駅)大井川ふるさと弁当(大井川鉄道・金谷駅)などが思い浮かびますが、今回の鮎屋三代のほうが、圧倒的に美味いです。どうしてこんな味が出せるのか??

鮎の甘露煮を食べて、同時に頂くご飯も絶品です。それもそのはず、球磨川で採れる鮎を焼いて、そこから出る出汁を使って炊き上げたのですから。




次に、鮎屋三代・塩焼きです。鮎の塩焼きを駅弁にしたものは、日本でもここだけではないでしょうか? 塩焼きというのは鮎でも秋刀魚でも何でもそうなのですが、時間を置いたものは美味しくなくなってしまいます。ただのしょっぱい魚になってしまう。

しかし、鮎屋三代・塩焼きは違った! 身をほぐして口に入れると、まさしく鮎の香りが存分に脳天を突き上げます。!!!美味い、美味すぎる!!甘露煮よりも美味いぞ!!!

おそらく、塩を最小限にふるだけで、焼き上げていると思います。普通に塩焼きにしてしまったら、時間が経つともっとはるかに塩辛くなってしまう。駅弁にした時の鮎の味わい、風味をいかにして残すか、とことんまで考え抜かれた逸品だと思いますね。




この駅弁は、二回三回と、繰り返して食べたいですね。まさしく、駅弁の最高峰といっても過言ではないレベルです。それにしても、九州には美味い駅弁が多すぎるようだな。今後、九州の駅弁を、重点的に攻めたくなってきました。

(2015年12月18日、博多駅で購入。1150円)



熊本駅周辺の、電車の見やすいホテル一覧


今回は、東横イン熊本駅前に宿泊しています。熊本駅前のトレインビューホテルとしては、その他にはJR九州ホテルもあります。


この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

残念ながら、鮎屋三代を作ってくれている(有)みなみの風のホームページは無いようです。この会社の作る駅弁、ぜんぶ食べたいんだけどなあ。



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ