温泉付駅舎クウィンス森吉は秋田内陸縦貫鉄道のトレインビュー

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

温泉付駅舎クウィンス森吉・・・著しく覚えにくい名前だが、温泉もお部屋も快適

駅の近くにトレインビューの温泉旅館がある、という事であれば、全国にそのような鉄宿は散在します。しかし、駅舎内に温泉があって、しかもその駅舎に泊まる事ができる事例は、私も聞いたことがありません。

秋田内陸縦貫鉄道の阿仁前田駅には、そんなレアな宿、温泉付駅舎クウィンス森吉があります。秋田内陸縦貫鉄道のトレインビューの宿は他にはありませんので、内陸線のファンはここに泊まりましょう。

クウィンス森吉


写真は、秋田内陸縦貫鉄道の角館方面行のホームから見たクウィンス森吉です。・・・クウィンス森吉、恐ろしく覚えにくい名称ですね。ここで温泉を利用する客の大半が老人だと思うので、絶対に100回繰り返しても覚えられない名前です。改称したほうが良いような気がします。

私も、何度も忘れます。人にお勧めしようにも口から出てきませんので、よろしくない名称です。とはいえ、温泉も気持ち良いですし、部屋も広めで快適です。ビジネスホテルに泊まるよりもゆったりとくつろげるので、個人的にはかなり気に入りました(^^♪

(管理人、2019年3月16日に桃洞(部屋の名称)に宿泊)





クウィンス森吉の基本情報


場所 阿仁前田駅に直結。歩いて10分ほどにコンビニあり。
よく見える鉄道 秋田内陸縦貫鉄道
価格帯 素泊まりで1人5700円台、朝食付きで6600円台。
設備 部屋は広いが、バストイレは付いていないのでその点は仕方なし。アメニティなども最低限のものはあり、不都合なし。フロント横で、ビールやスナック類の販売あり。チェックインは21時まで。温泉の利用も21時までなので注意。
注意点 鉄道の見える部屋は、私が泊まった桃洞(とうどう)、大平湖、森吉の3部屋になります。楽天トラベルなどの宿泊サイトで「駅側」の部屋と記載されているプランにすると間違いありません。
駐車場 50台分あり。予約は不要。
口コミ投稿欄 楽天トラベル  じゃらん



クウィンス森吉・・・温泉に入って広い部屋でダラ~っとできる鉄宿


阿仁前田駅で下車して、改札口を通り抜けたすぐ左側が、クウィンス森吉です。入館受付が20:30と掲載されていますが、これは温泉の受付時間です。ホテルにチェックインする場合は、閉館時刻の21:00が最終になりますので、注意しましょう。

クウィンス森吉の入館時間


1つ上の項にも記した通り、桃洞(とうどう)、大平湖、森吉の3部屋がトレインビューの部屋です。赤枠の部分。他に廊下を挟んで反対側に、ぶな、もろび、こめつがの3部屋があります。3階のホールが食堂になります。(1つ上に階段を上がるだけなのに、3階になります。)

クウィンス森吉の客室配置図


さて、私が泊まった桃洞という部屋の窓辺。10畳の部屋を独り占めですから、実に広くて快適です。最高の気分でした。この日は週末だというのに、宿泊者は私と、その隣の「大平湖」に私の友人の名古屋の撮り鉄氏が2人という寂しさでした。「大丈夫かな?」と心配になりますが、お風呂場はそれなりに賑わっていました。阿仁前田で宿泊するニーズは、そう多くはないのでしょうね。

クウィンス森吉の部屋の窓


そして、クウィンス森吉から見た秋田内陸縦貫鉄道のトレインビューの模様は、以下の動画をご覧いただきましょうか。基本的に、AN8800形気動車が1両ないしは2両でたまにやって来るだけですから、数度見るともう満足してしまいますね。

撮影は、朝の時間帯は完全に逆光になりますから、可能であればある程度は前日に済ませておきたいところです。




クウィンス森吉を、正面玄関の側から見た写真です。道路側が一段下がっていて、階段で上り下りする形になっています。1日に60名ほどの利用しか無い駅に、このような大規模な建造物を建築するのは凄い事です。

運営はぶなの郷あきた株式会社という会社がやっているようですが、秋田県が出資している公営企業なのでしょうか。民間だととても成り立たないと思うので、恐らくそうなのでしょう。

クウィンス森吉の外観


しかし、そのおかげで秋田内陸縦貫鉄道に乗り、今まで考えた事も無いような場所に泊まり、現地で食事をしたりお酒を飲んだりお土産を買ったり、一定のお金を落としていく事になりました。ちょっとはこの地域に、私も貢献できたでしょうか。

クウィンス森吉から見た秋田内陸縦貫鉄道の様子は、以下のページでも見る事が出来ます。撮り鉄氏が撮影した写真になります。あわせて参考にしてください。

参考阿仁前田駅で宿泊



クウィンス森吉の朝食はこんな感じです


ところで、当サイト管理人は今回は素泊まりで利用したのですが、一緒に旅をした名古屋の撮り鉄氏が、朝食付きで宿泊しています。どんな内容だったのか、写真を撮ってきてくれましたので、ここにご紹介しておきましょう。

クウィンス森吉の朝食会場


朝食は3階レストランでいただきます。朝食は一般的な旅館に近い内容ですね。米どころとあって、あきたこまちのご飯がとても美味しかったそうです。宿泊客が一人しかいないのに、こうして朝ご飯を用意するのですから、頭が下がる思いです。

クウィンス森吉の朝食



クウィンス森吉の予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

  じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ