あったかかにしゃぶ風弁当(鳥取駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

あったかかにしゃぶ風弁当(鳥取駅)・・・スプーンで食べる、本ズワイガニ入りの駅弁

鳥取駅の駅弁は、インターネットで注文すると、全国に宅配をしてくれます。少し前に焼きガニあったか弁当・鳥取のかに小屋を食べてその内容に感動して、再度、ここの駅弁を食べてみたくなり、注文を入れた次第です。

今回、やはり本ズワイガニを堪能できる「あったかかにしゃぶ風弁当」のほか、いかすみ弁当黒めししいたけ弁当 素晴ら椎茸ゲゲゲの鬼太郎丼を取り寄せています。




上にある4種の駅弁のうち、最も目立っているあったかかにしゃぶ風弁当、かねてから「かにしゃぶ風」とはどんなものなのか、興味津々でした。長年の懸案が、ようやく解決できる喜びに浸りつつ、外観写真です。蟹のイメージぴったりの色使いです。

あったかかにしゃぶ風弁当の外観と外箱


そして、まずはこれを開封したところを、動画でご覧ください。加熱式駅弁なので、どんな感じで温まるのか、動画を見ると一番よく分かりますからね。




見た目だけでなく、中身についての感想は、以下の次の項でレビューします。なんだかすっかり、「駅弁を食べるのが我が人生」、みたいな感じになってきました・苦笑。





本ズワイガニが入った豪華さについ見惚れる、そして味も確か


改めて、あったかかにしゃぶ風弁当を加熱後に撮影した写真を、見てみます。通販でのお取り寄せだからか、若干、蟹のほぐし身が容器内に散らばってしまっていますが、これはやむを得ません。


あったかかにしゃぶ風弁当(鳥取駅の駅弁)


何と言っても目を惹くのが、本ズワイガニの脚です。今どきの駅弁は安価な紅ズワイガニを使用するのがほとんどなのに、豪華に3本も使っています。素晴らしい。

あったかかにしゃぶ風弁当の本ズワイガニ


こうやって手で持ち上げやすいように、殻を剥いた状態で入っていて、親切です。そしてその味は、やはり本ズワイガニに叶うものはいませんね。かつては食べきれないほど収穫されたという事で、羨ましい限りです。

あったかかにしゃぶ風弁当の蟹が美味い


さて、「かにしゃぶ風」がどのようなものなのか、ようやく正解が分かりました。加熱することで、あらかじめ中に入っているゼリー状の出汁が溶けてご飯と一体になり、雑炊のような風味になっていました。なるほど、だから箸じゃなくてスプーンが付いているのですね。

このスプーンで、かにしゃぶと言うよりは雑炊風のご飯と共に、紅ズワイガニのほぐし身をひたすら口に運びます。蟹のエキスが脳天直撃で、「これは美味しい!」という事で、一心不乱に食べてしまいました。蟹雑炊を駅弁として食べる事ができるとは、世界的にも考えられないような出来事です。

あったかかにしゃぶ風弁当の蟹雑炊


ただし、加熱しても若干ぬるい部分が有るので、(これは加熱式駅弁全般に言えている改善点です)、自宅の電子レンジで再加熱しました。熱々が過ぎるくらいになりました・汗。でもこのほうが、写真的に見映えが良くて、美味しそうですね。・・・というか、大変美味しいです。

あったかかにしゃぶ風弁当は紅ズワイガニも美味しい


以上、あったかかにしゃぶ風弁当が文句なく美味しかった、というレビューでした。通年販売なので、現地で見かけたらぜひ食べてみて下さい。通販においては腐敗防止のため、10月~3月の期間限定になっていますので、注意してください。

(2017年3月2日、通販でお取り寄せ購入。1500円)



鳥取駅周辺の、鉄道の見えるホテル


この駅弁が売られている鳥取駅周辺には、トレインビューホテルがいくつかあります。が、あいにく実際に宿泊したり現地で調査したりできていませんので、現段階では、中国地方における鉄道の見えるホテルのページをリンクしておきます。今後現地を調査したら、具体的に鳥取のホテルをご紹介したいと思います。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

あったかかにしゃぶ風弁当の駅弁屋さん「アベ鳥取堂」さんによる、駅弁の一覧のページです。このページから取り寄せもできます。
http://www.abetori.co.jp/l_h_eki.html

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ