浜松うなぎ飯(浜松駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

浜松うなぎ飯(浜松駅)・・・鰻とご飯、噛めば噛むほどの美味しさに感動

青春18きっぷで東海道を下る旅行をした時、浜松駅で乗り換え時間を取って改札の外に出て、購入した駅弁がいくつかあります。それが本ページでご紹介する浜松うなぎ飯と、ひつまぶし出世法師直虎ちゃん弁当です。

下の写真は豊橋駅で出発を待つ、快速の大垣行きです。終点の大垣まで行き、トレインビューホテルのアパホテル大垣駅前に宿泊して、お部屋で東海道本線の列車などを眺めながら、舌鼓を鳴らしました。(クロスシートの快速電車の中で食べたりしても、良い旅になると思います)

豊橋駅に停車中の313系快速電車・大垣行き


こちらの写真は、浜松駅の中央コンコースの新しい店舗「EKIMACHI」の中に有る、駅弁屋の自笑亭さんの売り場です。浜松駅の自笑亭は、魅力的かつ大変美味しい駅弁の宝庫であり、この時も非常に悩みながらセレクトしましたよ。

EKIMACHIの自笑亭の店舗


結局決めた、浜松うなぎ飯の外観です。掛け紙を紐で結わく昔ながらの駅弁らしい外観が、とても好ましい雰囲気を出していますね。

浜松うなぎ飯の外観


紐を取ると、掛け紙がよく見えます。細かい絵柄が可愛いです。

浜松うなぎ飯の掛け紙


名古屋の乗り鉄氏いわく、「最近は浜松のウナギ弁当も、すっかり値段が高くなって手が出なくなった」との事ですが、確かにお値段は2630円なので、気軽に買える価格ではありません。

・・・が、浜松と言えばウナギです。一度は食べておきたい駅弁と言えます。私は同じく浜松のリーズナブルな浜の釜めし(970円)は二度ほど食べた事はありますが、浜松うなぎ飯は初体験でしたので、超絶に楽しみでした。





歯ごたえの非常にしっかりとした、関西風の焼き加減のうなぎ飯


楽しみにしていた浜松うなぎ飯を、大垣駅に到着後に、ようやく食べる事ができました。まずは動画にて、駅弁の雰囲気を見て頂きたく。




改めて写真に撮ると、このような感じになります。簡潔にまとめられていますね。

浜松うなぎ飯の中身


まず見た目として大きな特徴は、タレを絡ませたご飯の上に、非常に薄い玉子焼きがシート状に乗っている事でしょうか。鰻と錦糸卵の組み合わせは多いですが、薄焼き卵の入った駅弁は他に記憶が無く、感心して眺めました。

浜松うなぎ飯の薄焼き卵


それと、ジーッと見ていると気づく点として、例えば小田原駅のうな重駅弁と見比べてみて下さい。雰囲気が、全く違いますでしょ。色とか艶が、異なります。こちらの浜松うなぎ飯は、硬そうな雰囲気です。そしてカットされた状態で並べられていて、その点も違いますね。

浜松うなぎ飯の関西風のうなぎの蒲焼


山椒を振りかけて箸でつまむと、なるほどやはり硬いです。口に入れると、関東風のふわふわに蒸された鰻に慣れ親しんだ身としては、かなり違和感を感じます。私の妻は、「関東の方が好き」と申しておりました・笑。

確かに硬めの鰻というのは慣れてはいませんが、料理として別物になります。鰻を?み、薄焼き卵と共にタレの良く沁み込んだご飯を食べますと、・・・「!!!んまい!!!」、これは最高です。噛めば噛むほど、鰻の味が脳天に響いてきます。

あらかじめカットしているのは、確かに硬い焼き加減なので、関東風のように箸でほろりとするタイプではありませんから、切ってくれていた方が断然食べやすいですね。

それにしても、全国のうなぎ駅弁の中では、トップクラスの美味さです。食べるほどに、鰻よりもその旨みが染み込んだご飯の方が好きになってくるという不思議さも有ります。

浜松うなぎ飯を食べる


そして感心するのが、鰻の肝の佃煮が入っているところ。これがまた、鰻好きにはたまらんです。これを食べて、美味なるご飯を口にすると、・・・口内が休まることがありません。唯一、静岡の駅弁では共通して添えられている事の多い、わさび漬けを口にする時くらいでしょうか。

・・・否、わさび漬けを食べて、辛みを抜くために食べるうなぎ飯が、これまた加速度的に食いまくりたくなりまして、実に困った駅弁です、はっきり申しまして。。。

浜松うなぎ飯の肝の佃煮


駅弁を食べるときは、ビールを飲みながら「うぇ~~い!」と極楽気分になるのでありますが、浜松うなぎ飯はそんな対処は難しく、箸を付けたら最後、一気に食べ終わるまでビールを「休止状態」にするといった、ある意味非常にレアな体験をした駅弁です。

浜松うなぎ飯


改めて浜松うなぎ飯を見ている今も、腹がグーッと鳴りますね。ちなみに浜松うなぎ飯のようなどこか「焼き魚」を思わせる駅弁がお好みではない我が妻は、主に同時に買ったひつまぶしを食べていました。あれもあれで非常に美味い。

こんな美味しい駅弁の売られている浜松や静岡の住民は、本当に幸せですね。神様に感謝だわ、こりゃ・笑。東海道本線には、他にもいくつかの鰻系駅弁が存在しますので、今後はそれらを完食したいと思います。・・・私、鰻が大好物なんですよね~~(^^)/


(2016年12月14日、浜松駅で購入。2630円)



この駅弁を食べながら、・・・鉄道の見えるホテルならここ


静岡県内、東海道本線沿いの鉄道の見えるホテルの一覧です。このほかにもいくつかあるのですが、取材したら、追って東海地区の鉄道の見えるホテルのページに追記しますね。

宿泊施設 見える路線 特 徴
くれたけインいわた(磐田駅) 東海道本線 磐田駅すぐ。
ビジネスホテル鈴屋(新所原駅) 東海道本線、天竜浜名湖鉄道 新所原駅すぐ。
くれたけイン掛川 東海道新幹線、東海道本線 掛川駅2分ほど。眺めかなり良好。
東横イン掛川駅新幹線南口 東海道新幹線 掛川駅2分ほど。在来線でなくて新幹線の眺め。
ホテルアソシア静岡 東海道新幹線、東海道本線 静岡駅目の前。
ホテルビスタ(清水駅) 東海道本線 静岡市の清水駅より徒歩4,5分、モダンで快適なホテル。
東横イン熱海駅前 東海道新幹線、東海道本線 熱海駅より徒歩4分ほど。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.jishowtay.com/menu/1obento.html
浜松の自笑亭さんの駅弁一覧のホームページです。いい名前の会社ですよね!安政年間に、浜松城主からこの名前を付けてもらったそうです。

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ