シウマイ弁当復と刻版シウマイ弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

シウマイ弁当・・・老人になっても食べ続けたい駅弁の1つ

崎陽軒シウマイ弁当、もう5,6回くらい食べてるかな? 鉄道ファンの方々も、この駅弁は一度は口にされた事があると思います。日本で一番売れている駅弁ですからね。

三芳パーキングエリア上り線で売られているシウマイ弁当


本ページでは、通常のシウマイ弁当のみならず、その「バリエーション版」ついてもご紹介します。以下の通りの順になりますから、ご興味のあるところをご覧ください。

崎陽軒がシウマイを売るために採用した戦略とは?
シウマイ弁当の改善点を、あえて考えてみると
イベントで入手しよう!復刻版シウマイ弁当
メガシウマイ弁当を食べてみた!
シウマイ弁当に東京スカイツリーが描かれた最新バージョン





崎陽軒がシウマイを売るために採用した戦略とは?


この崎陽軒のシウマイ、冷めても美味しくというコンセプトを実現するまで、かなり試行錯誤したらしいですね。そしてようやくシウマイが完成した時に、まだシウマイなる食べ物が庶民に知れ渡っていなかった事から、なんと小型飛行機から横浜市上空に、シウマイの無料引換券をばらまいて宣伝したそうです。やる事が凄すぎますね・笑。

そして横浜駅の売り場には、「シウマイ娘」なる売り子さんを多数そろえて、駅でも乗客を驚かせたらしいです。そのへんの事情は、この本に詳しく書いてあります。駅弁好きならば、一度は読んでみてはいかがでしょうか?


ビジネスのヒントは駅弁に詰まっている (双葉新書)


個人的には、シウマイ弁当は上述した「シウマイ」の誕生から26年後の昭和29年に販売開始だというところに驚きましたね。それまで、お弁当ではなかったのかと。

シウマイ同様、冷めても美味しいをコンセプトにした白ご飯も、普通に炊くのではなくて「高温の蒸気で炊き上げる」という技なのだそうです。

シウマイ弁当の外観


そんな努力の積み重ねもあって、そして当然、シウマイも副菜もご飯も全て美味しいという事から、1日1万9000食も売れるほどの大人気商品に成長したとの事。実に素晴らしいですね。

崎陽軒の駅弁を食べると、シウマイ弁当以外にも、大概の駅弁にシウマイが添えられていて、これが本当に嬉しいんですよね。

以前購入した崎陽軒の北海道新幹線開業記念弁当(終売)の説明書きによると、オホーツク海でとれた帆立のエキスが入っているとの事で、この旨みのせいなのか、どんな料理にも合うという、実に不思議な食べ物に仕上がっています。



シウマイ弁当の改善点を、あえて考えてみると


そんなシウマイ弁当、わざわざ動画や写真に撮ったりしなくても、もう良いですよね。



【お品書き】

・ご飯 ・シウマイ ・筍煮 ・マグロの照り焼き ・鶏唐揚げ ・蒲鉾 ・玉子焼き ・あんず ・付け合わせ



シウマイ弁当の中身

崎陽軒のシウマイ弁当


いつも思うのですが、シウマイ弁当に入っているシウマイの数が5個というのは、少なすぎませんかね? マグロの照り焼きなどいらないような気がしますし、筍煮も半分で良いので(この点は賛否が分かれると思う)、その代わりにシウマイをあと3つほど、余計に入れてほしいです・笑。

シウマイに辛子を付けて、醤油を垂らしていただく・・・。そしてご飯をガブッとほうばる。堪りませんね。病みつきになるとはこのことでしょうか。

崎陽軒のシウマイ


ご飯について。僕は崎陽軒のご飯は大好きで、とにかく他の駅弁業者さんにはもっと見習ってほしいなと感じていますが、最近はちょっと硬すぎるかなとも思うようになってきました。

というのも、日本は老人であふれかえる国になるはずなので、ここまで硬めに炊かれていると、歯が悪いお年寄りには食べられない可能性もあるなと思うのです。

もう一段の企業努力をしていただいて、冷めても美味しくてなおかつ硬くもないという、「そんなのどうやって作るんだよ!」というところにもチャレンジしていただきたいなあ。(というか、僕が老人になっても崎陽軒を食べ続けたいなと思ったら、急に、ご飯が硬すぎると思うようになったのです・笑)

という事で、崎陽軒のシウマイ弁当のレビューでした。今さらシウマイ弁当のレビュー書いたところで何の参考にもならないかもしれませんが、一応、食べた記録でございました。

あ、そうだ、僕はあんずは要らない派です・笑。あんずが好きな人は「これが良いのだよ」と言うでしょうけど、僕はあんずが苦手で、峠の釜めしの時と同様、あんずは人にあげるか、一人の時はごめんなさい、残してます。。。


(2016年4月17日、三芳パーキングエリア上り線の売店で購入。800円)





イベントで入手しよう!復刻版シウマイ弁当


ところで、復刻版シウマイ弁当をご存知でしょうか? 通常は販売していませんが、イベントなどで売られることもある、比較的レアなシウマイ弁当です。

今回は西武百貨店池袋店で2017年5月に開かれたに「うまし懐かし・昭和ホリデー」の催事にて、復刻版シウマイ弁当を入手しましたので、ご紹介します。今回は立ち売りさんも登場して、崎陽軒の売り場はけっこうな賑わいでした。

崎陽軒の駅弁の立ち売り


外観は極めてシンプルで、レトロですよね。これは昭和29年当時と同じデザインとの事です。

復刻版シウマイ弁当の外観と懸け紙


ふたを開けると、確かに今のシウマイ弁当と違いが有ります。このメニューは昭和29年当時のものを再現したものだという事で、当時としては海老フライなどは極めて珍しく、一生に一度の食べ物だったのではないでしょうか。(玉子焼きなんかも、完全に贅沢料理の極みだった時代です)

復刻版シウマイ弁当


入っているものは、シウマイの他にはその海老フライ、厚焼き玉子、筍煮、鰤(ぶり)の照り焼き、蒲鉾、付け合わせとなります。厚焼き玉子は現在のものの倍ほどの厚さが有り、食べ応え十分。

復刻版シウマイ弁当のおかず

復刻版シウマイ弁当の海老フライ


筍煮は今と同じだと思います。魚料理は、現在のマグロの照り焼きに対して、ブリの照り焼きです。マグロのパサパサ感が好みではないので、こちらのほうが美味しく感じます。

復刻版シウマイ弁当のブリの照り焼きと蒲鉾


付け合わせのセロリの浅漬けが口の中をサッパリとさせてくれて、当時からそのようなものが入れられていたのかは不明ですが、やはり崎陽軒は違うなと感じ入りました。個人的には、今のシウマイ弁当よりも復刻版のほうが断然好みです。見かけたら、もう一度買ってみようと思います。

復刻版シウマイ弁当のラベル表示


(2017年5月3日に西武百貨店池袋店にて購入)



メガシウマイ弁当を食べてみた!


ラグビーのワールドカップ開催を記念して、通常の1.5倍に増量された崎陽軒のメガシウマイ弁当が期間限定で発売となりましたので、買ってみました。ご飯とシウマイのボリューム感は凄いですね。

2017年にも販売されたメガシウマイ弁当の再販売でもあり、シウマイ弁当が好きな人にとっては最高のお弁当ですね。また、「横浜ウォーカー」と崎陽軒とのコラボ駅弁でもあり、掛け紙の下の方に、その旨が小さく記されています。

メガシウマイ弁当

メガシウマイ弁当


開封して食べてみたシーンは動画にも納めました。こちらでもご覧ください。




開封すると、横長にズラリと並んだシウマイの列に笑ってしまいます。通常版が5個に対して、メガシウマイ弁当は8個入っています。1.6倍ですね。鶏の唐揚げも1つ増量されています。他は、変わりがないようです。ただし、ご飯のボリュームが増していますので、小食の人にはかなりきつい駅弁です。

メガシウマイ弁当


ラベル表示を見ると、カロリーが凄いことになってますね。また、それ以上に、炭水化物の量が猛烈です。炭水化物制限の風潮に真っ向から対立する内容ですし、白米は健康を害する食品でもありますから、いくら美味しいとはいえ、メガシウマイ弁当をバクバクと食べていたら早死にしそうです・笑。

メガシウマイ弁当のラベル表示


なお、このお弁当は2017年、そして2019年と販売されましたから、将来ももしかしたら再販される可能性があります。シウマイ好きにはやめられない駅弁となりますので、見かけたらぜひとも買いたいものですね。寿命が縮まっても構いません・笑。



シウマイ弁当に東京スカイツリーが描かれた最新バージョン


ところで、2020年2月にシウマイ弁当を食べた際に、シウマイ弁当の表面のイラストに、今までとは異なる絵柄が表示されていました。そう、東京スカイツリーです。2019年の中盤にスカイツリーが加わったとの事で、イラストが進化を遂げているとは意外な事でした。

東京スカイツリーが加わったシウマイ弁当の外箱のデザイン


全体写真は、こんな感じです。東京スカイツリーの高さが凄い事になってますね。他の建物を圧倒しています。イラストとは関係ありませんが、経木製の蓋の雰囲気もなかなか宜しい。そういう部分も含めての、シウマイ弁当という駅弁としてのデザインとなっています。

スカイツリーが加わったシウマイ弁当の表紙のデザイン


中身は、いつ食べても変わりはありません。ここまで有名になると、下手に変える事はできないと思います。・・・が、伊勢の赤福餅などは、時代に合わせて甘さなどを微妙に変えているそうです。もしかしたら、崎陽軒は発表していないだけで、実は少しずつ味を変えているのではないか、と邪推したくなりますね。こうも伝統の味と言われ続けると、それは本当なのかと。

シウマイ弁当


そう言えば、シウマイ弁当も、製造している東京工場と横浜工場では味が異なるという人もいます。私はこういう話しは全て気持ちの問題だと思っていて、目隠しして食べさせれば分かる筈がないと思うのですが、いつか、製造工場による味の違いがあるのかどうか、自分の舌で確かめてみたいと思います。


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ