万葉軒のやき肉弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

万葉軒のやき肉弁当・・・高速道路のパーキングエリアで発見して即買い

12月も暮れに押し迫った時に、クルマで千葉県東部に行く用事があり、高速道路を利用しました。この時、東関東自動車道の湾岸幕張パーキングエリア(下り線)にてトイレ休憩する時に、偶然見つけたのが、このやき肉弁当です。

万葉軒のやき肉弁当の外観・掛け紙


まさかこんなところに駅弁があるわけがない、という固定観念がありましたので、パーキングの売店で何気なく発見した時は、驚いたというか、・・・仰天しましたね・笑。

東関東自動車道の湾岸幕張パーキングエリアで売られている千葉県の駅弁


近寄って見ると、やき肉弁当の他に、県産豚カツサンドが売られていました。これは少し前に食べたので、今回は25年ぶりの購入、やき肉弁当をセレクトしました。

東関東自動車道の湾岸幕張パーキングエリアで売られているやき肉弁当とカツサンド


なお今回、東関東自動車道の湾岸幕張パーキングエリアで味をしめた私は、千葉県訪問の帰途、東関東自動車道から接続している首都高速湾岸線の市川パーキングエリアにも立ち寄りました。

そこでも万葉軒の駅弁が売られているのを発見して、大いにに喜びました。売られていた駅弁の種類などは、トンカツ弁当(千葉駅)のページをご覧ください。

・・・それにしても、今後は全国のパーキングエリアを、しらみつぶしにチェックですな・笑。千葉県では他に、京葉道路の幕張パーキングエリア下り線にて、崎陽軒が駅弁を売っているのを発見しています。千葉県、なかなかいいところだな~(^^♪





万葉軒のやき肉弁当は、日本有数のB級の味わい


ところでこの万葉軒のやき肉弁当、実はワタクシが、生まれて2番目に賞味した駅弁です。生まれて初めて食べた駅弁は同じく万葉軒の菜の花弁当ですので、そちらのページもご覧になって下さい。

さて25年ぶりくらいに再会した、やき肉弁当です。当時はひたすら美味しくて、「こんなに美味いものを食べたことが無い」くらいの勢いでしたが、今回はどうだったか。



万葉軒のやき肉弁当の中身


焼肉といっても、牛肉ではなくて豚肉です。見た目は少し色合いはよろしくないので、超グルメな方はガックリとくるかもしれませんね。

万葉軒のやき肉弁当の豚焼肉


しかし私はこの駅弁が猛烈に好きでして、豚肉に絡んだ甘めのタレと、豚肉そのものの風味、そして豚の脂身が三位一体となって、上品とかそう言うのではなくて、今風に言えば明らかに、B級グルメの味わいです。

このタレがご飯に絡んでいるのも最高で、肉を口に放り込んで、間髪入れずにご飯を放り込んで、少し甘いなと思ったら添えてある静岡わさびで口直しして、再び肉を放り込むという。この味は、当時から変わっていないですね。

この駅弁、700円と言うお手ごろな価格なのも嬉しいです。例えば部活が終わって腹ペコな高校生諸君などが食べた日には、たまらなく美味いでしょう。そう、千葉県ですから、同じく千葉の名物のB級飲料、マックスコーヒーと共に味わってみてはいかがでしょうか?



(2015年12月26日、湾岸幕張パーキングエリアで購入。700円)


千葉県の、鉄道の見えるホテル一覧


こういう駅弁を、千葉県の鉄道の見えるホテルでいただくのも良いものです。機会があれば、ぜひお試しくださいね~。


この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.manyouken.co.jp/ekiben/index.html
(千葉市の駅弁屋さん「万葉軒」の駅弁紹介ページです)


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ