巻狩弁当(新富士駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

巻狩弁当、新富士駅ではこれしか買えなかったが、意外と美味いぞ

新大阪駅行きの新幹線こだま号が、のぞみ号に追い抜かれるために新富士駅に停車した際に、初めて新富士駅の駅弁を購入しました。駅弁売り場は新幹線ホーム下り線の、自由席車両付近にあります。

新富士とか富士宮駅とか、よほど用事が無いと来ることはありませんから、今回の新富士駅弁は非常に楽しみでした。・・・が、下記の写真の駅弁コーナーを見て頂くと分かる通り、売り場にはほとんど駅弁はありませんでした。唯一残っていたのが、巻狩弁当なのでした。

新富士駅、新幹線ホームの駅弁売り場(下り線)


時間はちょうどお昼にさしかかる前で、どうしてこの時間に駅弁がほとんど売り切れるのか、少々理解に苦しみます。でも、1種類とはいえ、初の新富士駅弁、残ってて良かった。

巻狩弁当の外観と掛け紙





巻狩弁当のお味はどうだったか?


新幹線こだま号は、超高速ののぞみ号と違って、比較的ゆったりした気分を味わえますから、なかなか良いものです。車内で開封した巻狩弁当が、こちらです。



巻狩弁当の中身


写真や動画だけでは、中に何が入っているのか少々分かりにくいので、お品書きを次の通り記しましょうか。ま、要は、幕の内弁当風だ、という事でしょうか。

・玉子焼き ・焼鮭 ・ピリ辛こんにゃく ・蕗のこぶし煮 ・鶏照り焼き ・信田巻き
・シメジ ・牛肉の生姜煮
 などなど


巻狩弁当のおかず


ちなみに「巻き狩りって何??」と思ったら、駅弁の掛け紙に記載がありました。1193年に、鎌倉幕府初代将軍・源頼朝が、富士の裾野で歴史上かつてないほどの勇壮な巻き狩りを行ったことに因むらしいですね。

数十万人にも及ぶ人々で富士の裾野が埋め尽くされ、その宴は10日以上に渡ったとの事です。この言い伝えと、駅弁の中身の関係が分かりませんが・笑、幕の内弁当とはそういうものです。

それにしても新富士駅に、このような特徴的で、味わいも優れた駅弁が存在していたとは、全く知りませんでした。下記で駅弁屋さんのHPを掲載していますが、どれも美味しそうな駅弁ばかりです。東海道を旅したら、今後積極的に食べてみたいです。

(2015年11月21日、新富士駅で購入。1100円)



2019年に友人が食べた時の巻狩弁当の写真


その後、2019年5月に、駅弁好きの友人と共に、製造元の富陽軒さんの事務所兼工場にお邪魔しました。駅弁を食べるだけの目的です。私は静岡産牛すき弁当を食べて、友人がこの巻狩弁当を食べています。その時のお弁当の写真を、撮っておきました。

巻狩弁当


基本的なところは、2015年に私が食べた時と同じです。私も友人も大いに感心したのは、その盛り付けです。バランのようなものはほぼ使用せずに、おかず同士を丁寧に盛り付けています。

一見、簡単そうに見えますが、これは慣れないととてもできない技です。しかも、暇な主婦(或いは主夫)が1つの弁当を、時間をかけてゆっくりと作るのとは訳が違います。

比較的多数のお弁当を、限られた時間で一気に作っていく中での盛り付けですから、隙間なく埋め尽くされたおかずの無駄のない配置は、じっと見ているとアート作品のようにも思えてきます。

巻狩弁当


駅弁ですから、生野菜を入れられない点は、大いなるハンディキャップではありますね。家庭で作るお弁当の場合は、生野菜の鮮やかな緑色や、トマトなどの赤みを加えて、より見栄えのする作り方ができます。

長時間の品質管理の観点からそれが出来ない駅弁は、業者によっては着色料満載の食材を入れてきたりしますが、私が見たところでは、富陽軒さんはそのような事はほとんどやっておられないと思います。盛り付けで人を感動させるなんて、技が匠ですね。



この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://www.fuyouken.com/ekiben

新富士駅や富士駅などの駅弁屋さん、富陽軒さんです。この駅弁屋さんとは今まで全く接点が無かったんですけれども、意欲的な駅弁を売りだしていて、非常に好感が持てます。今後、「応援食い」をしたいと思いますね。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ