カシオペア紀行の朝食の洋色コースを食べた体験談

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

カシオペア紀行の朝食の洋色コース・・・朝日が降り注ぐ中で頂く朝食の最高なことよ!!

カシオペア紀行に乗車したら、ぜひ楽しんでおきたい食堂車の朝食


久しぶりにカシオペアのダイニングカーで食事をしたくなって、1回のツアーで食堂車を4回も利用できる点に引かれて、大人の休日俱楽部で募集された「カシオペア紀行で巡るゆったり東日本周遊4日間」に参加してきました。

カシオペア紀行のダイニングカーでの朝食


ここでは、最終日の4日目に体験した、カシオペア紀行の朝食の洋色コースについて記します。写真は、ダイニングカーで朝食を食べ終わって、朝の斜光線の中でコーヒーを飲んでくつろいでいる妻です。太陽のまぶしい光に当たって、眠気が冷めてくる感覚は、寝台列車独特の経験です。





洋色コースの朝食のメニューや時間帯など・動画でもご紹介


さて、旅の最終日。上野駅に9時半に到着するだけです。そして、到着前の最大のイベントが、ダイニングカーでの朝食です。

カシオペア紀行では事前に食事の時間がツアー会社によって決められており、例えば今回のカシオペア紀行では次のような朝食時間が設定されてるのですが、当方に割り当てられた時間は、朝の6時の1回目でした。・・・やむを得ない事とはいえ、、、早い・苦笑。

・6:00~6:45(1回目)
・7:00~7:45(2回目)
・8:00~8:45(3回目)


(以前のカシオペア号の定期運行当時は、モーニングタイムは予約制ではありませんでした。カシオペア紀行になってから、余裕をもって食事が出来るように、予約制に移行したのでしょうね。)


さて、食堂の案内放送が流れてからダイニングカーに行くと、テーブルには既にサラダやリンゴヨーグルト等々が用意されています。着席して、直ぐに食事を開始できるようになっている訳ですね。

洋食で前菜やサラダなどから最初に食べ始めるのは日本食を常食にしていると不思議な気分ですが、野菜を最初に摂る事で血糖値の急上昇が防げますから、実に理にかなった事です。

洋色コースの朝食のサラダ(カシオペア紀行)


そして野菜を食べ始めると、直ぐに洋食のプレートとパンが運ばれてきます。僕は全部揃ったところで写真を撮りたかったので、サラダを食べていない状態です。

ジュースはオレンジ、それとリンゴヨーグルト。それ以外のデザートとして、持ち帰りもできる1品が添えられます。今回はレモンケーキでした。

カシオペア紀行の洋色コースの朝食


メインのお皿です。スクランブルエッグに厚手のハム、ウインナー、ハッシュドポテトです。かつての寝台特急北斗星の洋朝食の頃から、これは全くと言って良いほど代わり映えしないメニューです。僕も、もう何度も食べています。

でも、なぜかまた食べたくなってしまうのですね。分厚いハムを食べながら流れゆく景色などを見ているのは、本当に私、好きなのです。理由とか全く無く・・・。

洋色コースの朝食のメインディッシュ(カシオペア紀行)


パン。バターの香りが強いもので、昔からこれが好物です。

洋色コースの朝食のパン(カシオペア紀行)


リンゴヨーグルト。サクサクした食感が心地よいです。

洋色コースの朝食のリンゴヨーグルト(カシオペア紀行)


食後のホットコーヒー。ケーキは持って帰りました。早朝の、色温度の低い光線に照らされて、ややオレンジがかっていますね。こういった光の具合を眺めているのも、モーニングタイムの食堂車の旅情あふれるシーンとなります。

カシオペア紀行のモーニングタイムで飲むコーヒー


さて、ここまででの様子を、動画でもご覧いただく事が出来ます。やはりゴトゴト走っている列車は、動画の方が雰囲気が伝わるような気がします。2分余りなので、チャチャっと見る事が出来ます。




こちらの写真は、かつての寝台特急カシオペア号の洋朝食をルームサービスで頼んだ時のものです(スイート個室のみのサービスです)。

ハッシュドポテトがカットされるようになった以外は、全く変わりがありません。ジュースはこの時はハスカップジュースです。持ち帰りできるデザートもその時々で異なるのか、ミカンゼリーとなっています。

カシオペアのロゴ入りのお皿に盛られた洋朝食


また、定期運行時は以下のように、洋食以外にも和食を選ぶ事が出来ました。現在のカシオペア紀行ではいつも洋食だと思われ、いつの日にか、またカシオペアのダイニングカーで和朝食を頂くことができれば良いなあと。

カシオペア号の朝食セット
(写真は、日本レストランのHPより拝借しました)


さて、食堂車での食事を終えて、この日最後の車内販売がやってきたので、ホットコーヒーを購入しました。二度とカシオペアに乗車できないかもしれませんので、目の前に車内販売などが来た場合は、極力何か買いたいなと思ってしまいますね。そもそも、JR東日本エリアでは、通常の列車でホットコーヒーを注文する事すらできなくなってしまいましたし、その意味でも貴重ですので。

カシオペア紀行の車内販売で購入したホットコーヒー


そして、コーヒーを持って、ラウンジカーに行きました。流れる景色をぼんやりと眺めながら、まだ何となく眠たいような気だるいような、そんな朝の時間帯です。

ホットコーヒーをカシオペア紀行のラウンジカーで飲む


ツアーで同席した数人のお客さんと、たわいのない会話をしながら、カシオペア紀行の上野駅到着までの時間を過ごしました。ダイニングカーで思う存分に食べて、もう思い残す事はありません。・・・あ、和朝食を食べたいんだった・笑。


食堂車&レストラントレイン体験談一覧ページに戻る


鉄道の旅や観光列車の旅、ユニークな団体鉄道旅行の予約

カシオペア紀行に乗車する際には、団体旅行としての申し込みが必要です。主要なツアー旅行先をまとめたページが有りますので、そちらも参考にしてみてください。

鉄道の旅・観光列車の旅を予約できるサイト特集


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ