アパホテル山手大塚駅タワーに宿泊した体験談

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

アパホテル山手大塚駅タワー・・・新築ホテルだから綺麗で快適、鉄道も良く見える

JRの大塚駅前に誕生した新しいホテル、アパホテル山手大塚駅タワーから鉄道を眺める事が出来ます。写真は大塚駅のホームから撮影したもので、湘南新宿ラインの電車の向こう側にある、まさにタワーのような威容を誇るホテルです。当然、新しいですから内部は新品であり、気分良く泊まれます。

アパホテル山手大塚駅タワー


大塚駅近辺でトレインビューホテルに泊まる場合、ホテルベルクラシック東京という選択肢も有りますが、線路に近すぎて逆に見にくくなります。鉄道ファンが宿泊する場合は、アパホテルを使ったほうが良いと思います。

(管理人は、2020年1月3日に、1226号室に宿泊)





アパホテル山手大塚駅タワーの基本情報


場所 JR大塚駅南口より徒歩3分
よく見える鉄道 山手線、湘南新宿ライン
価格帯 5000円~の料金設定。需要などによって変動。
設備 新しいホテルなので、アパホテルらしく部屋が狭い点を除けば、特段の問題は無し。
駐車場 先着順で1泊3000円、台数は不明
口コミ投稿欄 楽天トラベル じゃらん るるぶ ヤフートラベル

トレインビュープランはありませんので、予約後に電話を入れて、線路側の部屋を希望してください。



アパホテル山手大塚駅タワーからのトレインビューを徹底紹介


大塚駅からアパホテルに向かって歩くと、このように迫力のあるアパホテルが現れます。高層ホテルでもあるので、普通に撮ったのでは最上階まで写りません。

アパホテル山手大塚駅タワーの外観


宿泊したのは12階の部屋です。客室配置図には部屋番号が記載されておらず、どの部屋がトレインビューなのかは分かりません。

アパホテル山手大塚駅タワーの客室配置図


窓辺の様子です。僅かに換気程度の開閉ができるので、電車の走行音を聞く事が出来ます。隙間からカメラを出す事は不可能です。窓越しの撮影になります。幸いにも網目ガラスではありません。

光線状態としては、夕方に逆光となります。朝の時間帯はビルの陰に隠れがちになりますが、順光の状態で撮る事が出来るのは嬉しいですね。

アパホテル山手大塚駅タワーの窓


窓から見た線路際の景観です。向かって左側の、池袋駅寄りです。

アパホテル山手大塚駅タワーからの眺め


こちらは右側です。ホテルベルクラシック東京と大塚駅が見えています。上下二枚の写真に写る建築物の合間を、山手線や湘南新宿ラインが左右に走るのを見る事ができる形です。線路とアパホテルの間にある駐車場は、ベルクラシック東京の敷地です。すぐにビルなどが建てられる事は無さそうです。

アパホテル山手大塚駅タワーからの眺め


さて、こういった状態のアパホテル山手大塚駅タワーから見る、鉄道の走行シーンです。以下の動画でご覧ください。これを撮影した時には、引退間際のE231系500番台の山手線を目撃する事ができました。

もちろんE235系の山手線を中心に、それ以外は成田エクスプレスや東武鉄道の特急スペーシアなどを写しています。湘南新宿ラインと山手線の並走シーンなども収録しています。




都内には、他にも鉄宿として機能するアパホテルがいくつかあります。アパホテルTKP日暮里駅前アパホテル新宿歌舞伎町タワーの2カ所が、多種多様な列車が往来する場面を見る事ができるので、当サイト管理人としてはおススメです。

他に、アパホテル東京板橋アパホテル東京潮見駅前があり、それぞれ埼京線や京葉線の走行シーンを見る事が出来ます。これらは単調な眺めではありますが、宿泊の選択肢の1つになりますね。

アパホテル山手大塚駅タワーの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 るるぶで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 ヤフートラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ




乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ