アパホテル大阪梅田に宿泊した体験談

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

アパホテル大阪梅田・・・ごく一部の部屋から、やや窮屈なトレインビューが

大阪市内のトレインビューホテルのうち、2019年5月開業と「出来立てホヤホヤ」なのがアパホテル大阪梅田です。梅田と付きますが、西梅田エリアの更に西側に立地しており、最寄り駅としては福島駅の方が近く、徒歩5分ほど。大阪駅からは、徒歩10分以上の距離になります。

アパホテル大阪梅田と大阪環状線


上記のように、ホテルのビルとJR大阪環状線や東海道本線が隣接しています。ただし、トレインビューとしては若干の難があると言えます。手前にビルが建っていたりして、近くを見る事は叶わず、北梅田の旧貨物跡地のエリアや、大阪駅の方角に鉄道を遠望する形になります。

なお、アパホテル大阪梅田付近にある鉄宿としては、福島駅周辺にホテル阪神が、そして大阪駅方向にはハートンホテル西梅田ホテルモントレ大阪があります。混雑状況や料金などに応じて、使い分けると良いでしょう。

(管理人、2019年11月11日に1412号室に宿泊)





アパホテル大阪梅田の基本情報


場所 大阪環状線の福島駅から徒歩5分程度、大阪駅から15分くらい。
よく見える鉄道 梅田貨物線、大阪環状線、東海道本線(JR神戸線)
価格帯 4000円台半ばくらいから。季節により大きく変動。
設備 アパホテルらしく非常に狭いものの、必要なものはすべてまとまっていて苦痛は感じない。以下の動画で確認ください。
駐車場 なし
鉄宿プラン じゃらんにてトレインビュープランあり。その他のサイトを利用する時には、鉄道の見える部屋を指定してください。
口コミ
投稿欄
楽天トラベル じゃらん るるぶ ヤフートラベル



アパホテル大阪梅田からの具体的な鉄道の眺めはこんな感じです


JR福島駅から歩いてゆくと、まず目を見張るのがアパホテル大阪梅田の隣のTKPビルです。TKPガーデンシティ大阪梅田というオフィスビルで、円筒状のビルの下部を阪神高速道路が貫いています。

ある意味、有名スポットであり、 トレインビュー側と反対の客室の一部から、その様子を眺める事が出来そうです。高速道路側も、一度は泊まってみたいなと思ってしまいますね。

TKPガーデンシティ大阪梅田とアパホテル大阪梅田


では、TKPビルと反対側が全て鉄道の眺めが良いかと言えば、それは全く違いまして、高層階の一部からのみ、トレインビューとなります。私が泊まったのは、14階の高さです。

以下が、窓辺の様子です。上側がわずかに開くのは事故対策としてやむを得ませんが、ガラスに網目が入っている点や、窓の左半分を鉄格子が遮っていたりして、かなり窮屈ですね。

アパホテル大阪梅田の窓辺の様子


そして、直下を先ほどの阪神高速道路が走っており、鉄道よりもむしろクルマを眺めている気分になります。鉄道は、高速道路の右側に大阪駅方面の眺めと、下の写真には見えておりませんが、左側に梅田貨物線が見えます。まあ、なんとかギリギリ、トレインビューかなと言ったところです。

アパホテル大阪梅田の窓外に見える大阪駅と高層ビル群


具体的に、アパホテル大阪梅田からどのように鉄道が見えるのかは、以下の動画にて確認ください。大阪中枢に位置するホテルですから、列車の数自体は尋常ではなく、もっと見やすいホテルだったらなあと思いました。動画に収録したのは、以下の列車です。

・特急くろしお
・特急くろしお(オーシャンアロー)
・特急サンダーバード
・特急スーパーはくと
・特急はるか
・ハローキティはるか
・特急はまかぜ





動画では、かなり窮屈さを感じるトレインビューだと感じたはずです。この眺めは、高層階のごくごく一部にしかありません。以下の客室配置図によると、向かって下側が線路側となり、私の泊まった1412号室と、その隣の1413号室がトレインビュールームとなるかと思います。

アパホテル大阪梅田の客室配置図


1401号室や1403号室も、大阪駅側は見渡せますが、梅田貨物線は全く見えないと思いますので、眺めとしては不満が残るでしょう。また、中層階から下層階は高速道路や近隣の建築物に邪魔されて、鉄道は非常に見えにくいものと思われます。

アパホテル大阪梅田の予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 るるぶで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

  ヤフートラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ