ホテルアルファーワン徳山に宿泊した時の口コミ評価

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ホテル・アルファーワン徳山から鉄道が見える!

ホテル・アルファーワン徳山は、駅から歩いて5分ちょっとかかりますが、徳山駅周辺では随一のトレインビューホテルとなります。私はここに2度泊まっておりますが、2度とも微妙にトラブっておりまして、それでも根性で列車を眺めまくりましたので、その記録です。

ホテルアルファーワン徳山の概観

徳山駅こ線橋から見たホテルアルファーワン徳山


上の写真2枚は、もう随分と以前、スマホが「携帯電話」だった頃に泊まった時のものです。携帯のカメラで写しており、ボヤっとしています。時代を感じますね。

なお、ホテル・アルファーワン徳山満室の場合は、東横イン徳山新幹線口を利用すると、新幹線ビューを楽しめます。 と言っても私は東横インにはまだ宿泊した事が無いので、次回はそちらにも泊まってみようかと思います。





ホテルアルファーワン徳山の基本情報


場所 JR徳山駅より徒歩6分
見える鉄道 山陽新幹線、山陽本線、岩徳線
価格帯 4000円台。(1度目に泊まった時は5000円台後半でしたので、コロナという事もありますが、随分と価格が下がっています。)
設備 一通りそろっていて、特に不都合は無し。ただし、わずかに古い感じはします。具体的には以下の映像をご覧ください。
注意点 鉄道の見える部屋と指定して下さい。ツインルームは全く見えません。10階以上で、徳山駅側で、線路に近い部屋と伝えて下さい。
予約先 じゃらん  楽天トラベル  ヤフー



1回目の宿泊・・・もう5,6年以上は前かな?


トレインビュープランなどが無かったので、事前に電話をして、鉄道の見える部屋にしてもらいました。息子と一緒だったので、「ツインルームから鉄道は言えますよね?」と聞いたところ、「ツインルームは一番線路側になります」と言われたので、「徳山駅側ですか?」と聞き直したところ、「駅とは反対側になります」と。

という事は、「徳山駅の反対側で、鉄道が見えますよね?」と確認したところ、「ハイ、徳山駅は見えませんが、線路側ですので」と言われて、「じゃあそれでお願いします」と予約したまでは良かったものの・・・・。

実際部屋に入ったところ、徳山駅と反対側の線路側には、立体駐車場がドカーンと存在していて、全く鉄道は見えませんでした・・・。

これでは何のためにこのホテルに泊まったのか分からないため、ツインルームを急遽シングル2部屋に変えてもらって、徳山駅側の12階の部屋に、通してもらいました。

12階以上で、線路に近い部屋からは、徳山駅に出入りする全ての鉄道を眺める事が出来て、トラブルの疲れが全て消えうせるような気持でした。


ホテルから見る、徳山駅全景
ホテルアルファーワン徳山から見る、徳山駅の全景


山陽新幹線を走る、廃止間際の500系のぞみ
廃止間際の500系新幹線も見える


●山陽新幹線と、山陽本線電車が並走
山陽新幹線と山陽本線を同時に眺める


岩徳線のディーゼルカーも行き来
岩徳線の車両も往来


なお、管理人が宿泊したのは12月下旬でした。この時期の西日本は、日没が遅い代わりに、日の出もとても遅くて、上記の写真を撮影したのは、朝7時半くらいです。それまでは、下記の写真のように、夜は7時近くになっても薄暗くて、東日本との違いを再認識しました。

ホテルアルファーワン徳山の窓辺の感じ



2回目の宿泊・・・2020年の今回も、同じような目に合いながらも根性で


2回目は、2020年6月2日に宿泊しています。この時も予約後に電話をかけて、鉄道を眺めたいという目的を伝えて、なるべく高層階で徳山駅側の線路寄りというリクエストを出して、了承して頂きました。しかし、ホテルの様子がなんだか変です。

徳山駅から見たホテルアルファーワン徳山


近づいてビックリ!なんと、外壁工事中なのでした。という事は、部屋に入ってもトレインビューもクソもありません。工事中なのはホテルマンはご存知のはずなのに、外が見える事を前提として当方のリクエストを受け付けるとは、真面目に解せない対応です。

これでは何のために来たのか分からないので、覆われていない反対側の部屋に変えてもらいました。駅とは逆側の部屋はいくつかのビルが邪魔して、(最も邪魔なのはホテルアルファーワン徳山の立体駐車場)、トレインビューとしては難ありなのですが、それはそれで仕方ありません。

外壁工事中のホテルアルファーワン徳山


立体駐車場を避けて、ベストではないもののベターかなと思われる部屋に入り、窓辺の様子を記録。窓の隙間もこのくらい開きますので、列車の走行サウンドを心地よく聞く事が出来ます。

ホテルアルファーワン徳山の窓


少々トラブったものの、これはこれで仕方ないと気持ちを切り替えて、部屋から動画撮影に勤しんだのが、以下の映像となります。収録した列車も、列記しておきます。どうぞお楽しみください。

・700系レールスター
・N700A系
・N700系(九州新幹線)
・500系のハローキティ新幹線
・キハ40やキハ47の国鉄色の岩徳線
・115系
・その他、貨物列車





ところで、窓から外を見ると、ちょうど新幹線や山陽本線に並行して、ホテルが建っているのを発見しました。ホテル徳山ヒルズ平和通り店、という名称のようです。このホテルの存在には全く気が付かなかったので、今回、アルファーワンの部屋割りでトラブったのが「怪我の功名」となりますね。

ホテル徳山ヒルズ平和通り店


ただし、このホテルはアルファーワン徳山よりも狭いしボロいのに、アルファーワンよりも料金が高いです。そこのところがどうも割り切れない思いですが・笑、トレインビュー目当てに、いずれは泊ってやろうと思います。

ホテル・アルファーワン徳山の予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 じゃらんで詳細確認&予約はコチラ

 楽天トラベルで予約する方はコチラ

 Yahoo!トラベルで予約する方はコチラ

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ