中野サンプラザからのトレインビュー

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

中野サンプラザ・・・中央本線で、いちばん輸送密度の高い区間を見下ろす楽しさ

中野サンプラザは「麓」から眺めると、独特の存在感があります。長い間、「コンサートホールと宴会場かな」と思っていたのですが、高層階はホテルでした。トレインビュープランもあるので、それを利用して宿泊してみました。

中野サンプラザ


中野サンプラザは新宿まで快速電車でひと駅なので、非常に便利です。遠くない将来(2022年予定)には取り壊されて新しくなるようなので、今のうちに宿泊してみるのも楽しいと思います。

(当サイト管理人は2回宿泊、直近は2019年4月2日に1803号室に宿泊)





中野サンプラザの基本情報


場所 中野駅より徒歩2分ほど。

よく見える鉄道 JR中央本線、東京メトロ東西線
価格帯 1人1万4000円~17000円台。やや高めの価格。
設備 少し古い感じはするが、部屋は広くてとても快適。
駐車場 先着順で100台分あり。1泊1000円の料金。
トレインビュープラン 各宿泊サイトにあり。
予約先 楽天トラベル じゃらん るるぶ Yahoo!



取り壊しまでには眺めたい、中野サンプラザのトレインビューはこんな感じ


さて、改めて中野サンプラザを眺めてみます。下の写真は中野駅の上り線ホームから見た姿です。少々、駅とホテルの間に距離があるように感じられます。おおよそ、150mほど離れています。その半分くらいの距離感ならば望ましいのですが。

中野サンプラザ


トレインビューの部屋は、下の客室配置図を参考にして下さい。向かって下側の部屋から鉄道が見えます。ただし、客室番号をホテル側に伝えるような面倒な事をせずとも、最初からトレインビュープランを利用して宿泊すれば良いでしょう。

中野サンプラザの客室配置図


上の項で、客室内の様子を写した動画もあるので、それを見て頂ければ一目瞭然ですが、写真も撮っておきましたので、載せておきます。このように、窓辺にソファーが置いてあるのは親切です。最近のホテルはこういうゆとりが無くて、窮屈になっているのは困ったものですね。

中野サンプラザの部屋の窓辺のソファ


この窓から、新宿方面を望んだ写真が、以下です。駅から150mほど離れている距離感が分かると思います。また、鉄道の見え方としては、午前中は完全に逆光になるのが難点です。前日の早いうちにチェックインをして、一通りの鉄道撮影を済ませておく事が出来れば良いのですが。

中野サンプラザから見た新宿高層ビル群


とはいえ、望遠レンズを持っていれば、ある程度は何とかなると思います。ガラスに網目も入っていません。逆光ですから、ガラス面に反射する光の処理など、撮影しながら適宜工夫して下さい。

朝のラッシュ時に激しく往来する快速電車、緩行線などの中央線や、東京メトロ東西線の電車は見どころの一つです。東西線には、東葉高速鉄道直通電車も見られます。

そういった電車たちがすれ違ったり、時に並走したり、3本4本と同じ視野に登場したりする中、遠く長野・山梨方面に行く新型車両E353系の特急あずさ、かいじ、富士回遊などもやってきます。実に見事な鉄宿です。




2019年のダイヤ改正以前は、このように武田菱をデザインしたE257系のあずさ号及びかいじ号の姿を見る事が出来ました。今後も臨時列車として時折は見る事が出来るかもしれませんね。

この車両などは何の感慨も無いと言いますか、全く何とも思わないタイプの珍しい存在だったのですが、無くなるとなると気になるものですね。

特急あずさ・かいじ(E257系・中野サンプラザより)


中野サンプラザは、夜景もきれいでした。高層階に泊まりますので、中野駅を含めての夜景が煌びやかで美しいものでした。これを一人で眺めるのですから、大変に贅沢なものです。もちろん、光に彩られた電車が行き来しています。お酒をのんびりと楽しみながら、大人の時間が流れました。

中野サンプラザから見た夜景

中野サンプラザの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで予約する方はコチラ

 じゃらんで詳細確認&予約はコチラ

 るるぶで予約する方はコチラ

 Yahoo!トラベルで予約する方はコチラ




乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ