錦浦館

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

錦浦館(きんぽかん)・・・超絶昭和な古い宿から近鉄志摩線を望む

近鉄鳥羽駅から更に先に伸びる近鉄志摩線の沿線に、このような昭和レトロな建物が見えます。このホテルというか旅館というか、この建物が、名称もレトロ感覚にあふれる、錦浦館です。「きんぽかん」となかなか読めないところが、昔風だなと余計に感じます。

そして、このホテルに泊まると、眼下に近鉄電車のトレインビュー、目線を少し上にあげると伊勢湾が広がっており、オーシャンビューも気持ちの良い場所です。

錦浦館(きんぽかん)


この錦浦館、とにかく、かつてのバブル期の儲かっていたであろう時期に適切な修繕をせずにそのままにしてしまったような物件であり、まあ何と申しますか、なかなか足を運びたくなるような感じではないのですが、そんな気持ちとは裏腹に、一度中に入ってみたいという感情も湧きます。

という事で、実際にどんな宿なのか、興味のある人もいらっしゃると思いますので、客室内の様子や窓の外の眺めなど、以下の短い動画にまとめておきましたので、一通りご覧ください。




(当サイト管理人、2020年2月26日に502号室に宿泊)





錦浦館の基本情報


場所 近鉄及びJR鳥羽駅から徒歩3分程度(地図参照)
よく見える鉄道 近鉄志摩線(JRは全く見えません)
価格帯 素泊まりで、1人5500円(税込み)くらいから
設備 とにかく古い。冒頭の動画を確認の事。
駐車場 駐車スペースは14台で、かなり窮屈です。
注意点 鉄道の見える部屋と指定して下さい。
口コミ投稿 ヤフートラベル じゃらん 楽天トラベル



錦浦館で眺めたトレインビューや、この旅館の利用価値について


私は5階の部屋に宿泊しましたが、5階、あるいはそれより上の階で、「近鉄の線路が良く見える側」と電話でお願いすれば、なかなか満室にはなりにくいホテルだと思いますので、希望は通ると思います。

そして、私が5階の部屋から見る事の出来た鉄道の走行シーンが、下記の動画となります。ビスタカーや伊勢志摩ライナーを眺める事が出来ました。2両編成の短い列車が、のんびりゴトゴトと目の前を通過して、ローカル色が豊かでした。




なお、今回、錦浦館に宿泊する事になったのは、翌日に、鳥羽から愛知県の伊良湖岬にフェリーで渡るためです。ちょうど良い位置に宿泊施設があるという事になりましたね。案外ここは、交通の要衝的な立地です。

そして、ちょうどコロナが蔓延しつつあるタイミングという事もあり、或いは季節外れという事もあり、伊勢湾フェリーはほとんど人がいませんでした。・・・というか、伊勢湾フェリーはいつ乗っても客が少ない印象なので、大丈夫なのかと不安になりました。




この錦浦館、食事については、私は宿泊予約サイトでのレビューの評価が低い施設では、食事付きにしない事を旅の方針にしているので、食事が満足のゆくものなのかどうかは分かりません。お風呂場に関しては、まあ普通にゆっくりできたと言えます。

1泊5500円は平日の値段であり、土曜日に泊まると8000円台に上がります。内部がボロいのですから、「コストパフォーマンス的にどうなのだろう?」という疑問が少々あったのは事実です。今後、錦浦館さんがどのように施設を改善されるのか、気になるところではあります。

錦浦館の予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 ヤフートラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 じゃらんで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ