紀伊勝浦駅の駅弁一覧(川柳)

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

紀伊勝浦駅(川柳)の駅弁一覧、販売個所など

ここでは、紀伊勝浦駅の駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


紀伊勝浦駅ではかつて、ここでご紹介する川柳さんと、丸新さんの2件の駅弁屋さんがしのぎを削っていました。しかし丸新さんが最近倒産して、川柳だけが、駅弁を作り続けている状況です。

売り上げが年々減少する中で、なんとか駅弁屋さんの灯をともし続けてくれている川柳さんの店舗が、以下の写真です。マグロ料理とさんま寿司が、ご自慢のお店のようです。

川柳さん(紀伊勝浦駅)の店舗の外観



川柳さんの店舗で駅弁を買う場合


のちほど駅のホームの売店の写真もご覧いただくとして、まずは確実に紀伊勝浦駅の駅弁をゲットする方法として、駅前すぐの所にある川柳さんの店舗の情報を書いておきますね。

駅の改札口を出て、駅前通りを徒歩2分ほどで、紀伊勝浦駅の駅弁を調製する川柳さんのお店に着きます。下の写真の矢印のところに、紀伊勝浦駅があります。地図も併せて見て頂くと、まず間違えないと思います。

川柳さんの店と紀伊勝浦駅の位置関係



【川柳さんの店舗情報】



電話
ホームページhttp://www.senryuu.net/
営業時間:午前8時過ぎくらいから夕方16時まで(不定休)

下記の、駅前の駅弁販売所で駅弁を受け取る時も、この電話まで予約してください。





紀伊勝浦駅の売店にて駅弁を買う場合


さて一方で、駅の売店です。紀伊勝浦駅の改札を出て、階段を下って左手に、以下のようなお店の並びが見えてきます。矢印のところが、川柳さんの駅弁売り場です。

ちなみにその隣の、シャッターに小さな張り紙をしているのが倒産した丸新のかつての売り場で、さらに手前側のキヨスク売店も、最近、閉店してしまいました。

川柳さん(紀伊勝浦駅)の駅の売店


気を取り直して歩みを進めると、川柳さんの売り場です。いい感じにまとまっています。

川柳さん(紀伊勝浦駅)の駅弁売り場


駅弁のディスプレイを、記念に写しておきました。

川柳さん(紀伊勝浦駅)の駅弁売り場に並んだ駅弁


お店番をしているおばあちゃんの話しによると、ここ1,2年で特に、販売状況が苦しくなったと言っていました。ガクッとお客さんが減ったと。勝浦には有名なホテルなどもあるのですが、みなバスや車で直接足を運び、鉄道を使う人は本当に少なくなったと嘆いていました。かつては東京から、寝台特急紀伊号が紀伊勝浦まで走っていたなど、全く想像つかないような駅前の寂れっぷりです。

なお、駅の売り場の状況についても、先ほど示した川柳さんの店舗情報をご覧いただき、駅弁の確実な予約には電話連絡をしておいた方が良いと思います。



紀伊勝浦駅の駅弁一覧


紀伊勝浦駅で売られている駅弁の一覧です。下記で、全ての種類になります。

出雲そば弁当

マグロステーキ(鮪素停育)弁当

鮪を独自の「ステーキ」にした、川柳の代表的な駅弁。さんま寿司とめはり寿司も入っていて、南紀の幸が満載。

マグロステーキ(鮪素停育)弁当の詳細へ
かに寿し

さんま姿寿司

上記のマグロステーキと共に、この地を代表する駅弁。弱めの酢飯に強めの塩気のサンマのお寿司。

さんま姿寿司の詳細へ
幕の内弁当

紀の国

紀の国の名の通り、和歌山県を代表する2種類の寿司、さんま寿司とめはり寿司の両方を一度に味わう事の出来る駅弁。

紀の国の詳細へ
焼きさば寿司

幕の内弁当

ごく普通のお弁当で、それが故に幕の内弁当である。ただし嬉しい事に、マグロステーキが一切れ入っている。

幕の内弁当の詳細へ


紀伊勝浦駅からバスで、那智の滝まで行けます


駅弁とは直接関係はありませんが、狭い駅前広場から、那智の滝行きのバスが発着しています。

紀伊勝浦駅を発車待ちの熊の交通・那智の滝行きの路線バス


バスの乗り場近く(上記写真の右側すぐ)では、那智の滝を往復する割引きっぷが売られていましたので、これを使うと良いでしょう。

那智山往復割引乗車券(熊野交通)


当サイト管理人が那智の滝を訪れた時はあいにくの雨でしたが、もしも晴れの天気ならば、紀伊勝浦の駅弁を買って、那智の滝あたりで食べるのも一興です。さんま寿司とや紀の国などの、持ち運びに便利な駅弁を買うと良いでしょう。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ