ちくわ稲荷寿司(豊橋駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ちくわと稲荷寿司、こんな「ありきたり」な食べ物が、見事に融合した駅弁

豊橋に行ったら「ちくわ」と「稲荷寿司」。どういうわけだか分かりませんが、条件反射のようにこの2つが思い浮かびます。

今回、豊橋駅で飯田線秘境駅弁当駅弁の日弁当を購入して、「もういいか」と思ったのですが、上記の2つが急に頭に浮かんだことからもう一度駅弁売り場を眺めまして、ちょうど良い按配にちくわと稲荷寿司がミックスされた駅弁、その名もそのまんま、「ちくわ稲荷寿司」を発見して直ちに購入しました。

ちくわ稲荷寿司の外観や駅弁ラベル


駅弁ラベルをジーット見ていると、なんだか懐かしい雰囲気になります。ちくわが豊橋名物だとは知っておりましたが、ラベルを見ると大葉の生産が日本一で、うずらの卵も日本一だそうで、勉強になります。




下記のように、日本一の大葉を蒲鉾に入れたり、天ぷらにしています。そして蒲鉾だったりちくわだったり、これらを上手に稲荷寿司にトッピングしていますね。

ちくわ稲荷寿司の中身


実に驚いたことに、これらのトッピングは、稲荷寿司とまったく喧嘩しません。むしろ両社が融合して、より深い味わいになっていると思いました。そしてまた飽きない味にもなっている。実に見事な「料理」だななと、感心しながら食べました。

ちくわ稲荷寿司のお稲荷さん


大葉の天ぷら入り稲荷寿司。錦糸卵のと色合いも鮮やかで、見た目にも美味しいです。小腹がすいたとき、あるいはお酒を飲んだ後に、少しだけお腹を満足させようというときに、最高の駅弁ですね。

ちくわ稲荷寿司の大葉の天ぷら


(2015年8月11日、豊橋駅で購入。650円)





この近辺の東海道線沿線の、鉄道の見えるホテル


この駅弁を購入した豊橋駅と、沿線の東海道線沿いのトレインビューホテルです。駅弁を楽しみ、鉄道のある風景を楽しむ。一度やったらやめられない幸福です(^^)/

名鉄イン刈谷 東海道本線、名鉄三河線 刈谷駅直結。名鉄は見にくい。
豊橋ステーションホテル 東海道新幹線、東海道本線、豊橋鉄道 JR、名鉄豊橋駅徒歩5分。
マイホテル岡崎 東海道本線 岡崎駅徒歩2分。


この駅弁を購入した駅弁屋さんのホームページ

http://tsuboya.ekiben.or.jp/
(豊橋駅の駅弁屋さん、壺屋弁当部さんの公式ホームページが制作途中で酷い状態なので・苦笑、駅弁ホームページより壺屋弁当部さんの個別ページへのリンクを貼り付けておきます。)


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ