手筒花火(豊橋駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

手筒花火(豊橋駅)・・・この地域の文化を濃厚に感じさせる駅弁

豊橋駅駅弁、手筒花火。かねてから食べたい駅弁でした。なかなか機会が無くて食べる事ができなかったのですが、このほどようやく願いが叶って、旅の途中の夕食として、頂くことができました。

食べたのは、長野県の茅野ステーションホテルです。この日は豊橋駅で手筒花火と助六寿司を買っています。飯田線の各駅停車を一日がかりで走破して、その記念に手筒花火を食べます。

外観はこんな感じ。わっぱ状の容器を二段に重ねて、縄で結わいてあります。見た目の雰囲気も、風情があって良いです。駅弁は、こういう工夫が大事です。

手筒花火(豊橋駅)の外観




よく見ると、手筒花火の由来が書いてありました。

手筒花火は戦国時代ののろしが期限と言われる。江戸時代、吉田藩は幕府から火薬取り扱いを許されて花火が栄え、爾来三河地方では祭礼に手筒花火が神社に奉納され、五穀豊穣を願う祭りになったという。手筒花火は奉納する人々の手によって、最初から最後まで作られる特異な花火であり、もっとも原始的で豪快な中に素朴な美しさを持っている。

この手筒花火、こういうものらしいです。知らなかったです。ぜひ一度、目の前で見てみたいです。




駅弁手筒花火、どんなものなのか、味わってみます。





お酒と共に頂きたい典型的な駅弁、手筒花火


手筒花火を開封してみました。こんな感じの駅弁なんですね。




海苔巻きの部分、まるで打ち上げ花火のようです。

手筒花火(豊橋駅)


巻き寿司以外のお品書きとしては、次の通りになります。

・海老天ぷら ・鮭 ・つくね串 ・ほたて煮 ・ちくわ ・野菜の旨煮 ・漬物、その他


感想としては、お酒と共に味わうのに、最適の駅弁だという事でしょうか。ちくわや枝豆、肉団子やほたて煮など、鮭の肴に最高ですね。




ご飯部分です。稲荷寿司で有名な駅弁屋さんにしては、ややチープな印象がぬぐえない味ではありましたが、おそらく見た目の華やかさを優先したのだと思います。




ちくわの写真。シンプルイズベストなちくわです。

手筒花火(豊橋駅)のちくわ


海苔巻きを食べていたら、ふと気が付きました。あさりのしぐれ煮が巻かれていました。今回の鉄道旅行では、亀山駅の志ぐれ茶漬け吉野口駅のきぬ巻き時雨寿しを食べたばかりです。この地域の食文化としての時雨煮を、再認識しました。

手筒花火(豊橋駅)の海苔巻きの時雨煮


この駅弁、和菓子のデザートも入っています。最初から最後まで、非常に満足する駅弁でした。豊橋駅で売られているのを目にしたら、ぜひ購入すると良いでしょう。

(2017年1月8日、豊橋駅で購入。1130円。)



豊橋駅周辺の鉄道の見えるホテル


豊橋駅の周辺には、いくつかの鉄道の見えるホテルが有ります。詳細は、東海地方における鉄道の見えるホテルのページをご覧ください。



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.ekiben.or.jp/main/toyohashi.php
豊橋駅の駅弁屋、壺屋さんの駅弁をコンパクトに一覧で紹介するページです。

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ