青森のぜいたく弁当(八戸駅の駅弁)を食べた時の口コミ評判

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

青森のぜいたく弁当(八戸駅)・・・八戸の代表駅弁はこれにした方が良い

クオリティーが非常に高い、三咲羽やさんの素晴らしい駅弁


八戸駅で有名駅弁と言えば、吉田屋さんが製造する八戸小唄寿司ですが、今回レストラン列車に乗るために八戸を訪問した帰路、東北新幹線・改札口内の駅弁売り場を覗いた時に発見したのが、八戸駅なのに吉田屋さんではない駅弁の数々です。

八戸駅には吉田屋さんの駅弁しか存在しないものと思い込んでいたので、大いに愉快な気分になりました。旅をしていて良い意味で意表を突かれた時って、楽しいんですよね~。

こんな感じで、売り場の上段に3種類の「非吉田屋駅弁」が鎮座していました。本ページで紹介する青森のぜいたく弁当の他に、八戸前沖鯖押し寿し三種と、肉にぎり三種盛の3種類の駅弁を購入して、新幹線に乗り込みました。

八戸駅新幹線改札口内の駅弁売り場で売られている三咲羽やの駅弁


ちょうど東日本地区の駅弁コンテストが開催中で、青森のぜいたく弁当はそのエントリー商品なのか、と思ったら、・・・そうではありませんでした。ま、コンテストよりも自分の味覚で調べるほうが大事ですからね。

駅弁味の陣に出品している青森のぜいたく弁当


購入した青森のぜいたく弁当は福島県の白河市まで慎重に運び、白河小峰城を見物した時のランチとして、天守閣(実際は三重櫓)直下のベンチに座って、頂きました。

青森のぜいたく弁当の外観と外箱


ちなみに今回は東北エモーションに乗車するために、東北に来ていました。観光列車に乗ってすぐさま関東に引き返す日程だったのですが、あまりに勿体ないので途中の新白河で新幹線を降りて、お城めぐりをしたのでした。


 


青森のぜいたく弁当の美味しさは、駅弁としては突出している


では、福島のお城の直下で腹ペコになりながら開封した、青森のぜいたく弁当を見てみましょう。開けた瞬間の感想としては、珍しい握り寿司の駅弁と言う点でしょうか。押し寿司駅弁は全国に多数あれど、握りを食べたのは記憶に無いです。(実際に人間が握ったのか機械が握ったのかは別として)

青森のぜいたく弁当の中身


写真に向かって左側、海峡サーモンにぎりです。4つ並んでいるうちの手前の2つは茎ワサビ、奥はクリームチーズとオニオンで、味に変化を付けています。

駅弁で握り寿司を食べるとしたら、こうした変化球を投げるのは良いアイデアですね。なぜなら、握りはお店で出来立てを食べるほうが美味しいからです。だとしたらより「料理」の度合いを高めて、プラスアルファの付加価値を付けることが望ましくなってきます。

青森のぜいたく弁当の海峡サーモンにぎり


真ん中のおかずです。鶏の唐揚げに見えるのは、左側が八戸前沖鯖竜田揚げ、右側が県産どり唐揚げです。真ん中は八戸前沖鯖三沢産ごぼう入り昆布巻き、ちょっと見にくいですが一番手前側が三沢産ごぼう漬けです。

青森のぜいたく弁当のおかず


で、右側のにぎりが八戸前沖鯖にぎりです。手前側が特製ピリ辛ダレ、奥が田子産にんにくみそです。鯖のにぎりも、料理をして変化を付けてきていますね。

青森のぜいたく弁当の八戸前沖鯖にぎり


で、食べた感想ですが、超絶に美味いです! 八戸駅にこんなに美味い駅弁が存在していたなんて、全く知りませんでした。この駅弁はもっともっと知られて良い。

握り寿司は押し寿司のように酢で〆られていない分、大変に美味です。サーモンも鯖も、駅弁でここまでの味が出せる業者は、全国でもレアな存在だと思います。

おかずを含めて、100点満点を与えてやっても良いほどの、本当に優れた駅弁です。製造元の三咲羽や(みさわや)さんに、心から拍手を送りたい気持ちでいっぱいです。と同時に、私はこの業者の大ファンになりました。

もっと褒めるべき理由が有ります。それは、添加物皆無な駅弁だという事です。製造ラベルを見ると、調味料としてアミノ酸を使っているだけで、それ以外の合成添加物が入っていません。

だから、こんなに自然な感じで最後まで食べられるんですね。従来、八戸駅の駅弁と言えば吉田屋さんしか頭に思い浮かびませんでしたが、吉田屋さんの駅弁は添加物感MAXで日本有数だと感じますので、ぜひこの三咲羽やさんの駅弁を見習ってほしいと思います。

青森のぜいたく弁当


まだ、褒めるべき点が有ります。何かと言うと、商品の説明が、シッカリとされている点。メニューがきちんと書いてあるだけではありません。上の写真入りのお品書きの裏を見てみると、海峡サーモンとか田子にんにくみそとは何ぞやが、ちゃんと説明されています。

青森のぜいたく弁当の素材の説明


こういった姿勢は、高く評価できます。食べる人の気持ちを、きちんと考えている証拠と言えます。味だって見た目だって、作った張本人が実際に食べてみて、本当に美味いと言えるのか、分かりやすいものなのか、常識で判断すればすぐ分かると思います。

旅人、あるいは消費者の事を第一に考えられた駅弁として、青森のぜいたく弁当は青森県や八戸駅における名作駅弁として、個人的に「認定」したいと思いました。


(2016年11月12日、八戸駅で購入。1300円。)・・・なお、夏場は早めに食べた方が良いと思います。私の真似をして、駅弁に長距離移動の旅をさせないように。



八戸駅あるいは本八戸駅の鉄道の見えるホテル一覧

宿泊施設 見える路線 特 徴
ホテルメッツ八戸 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より直結。
コンフォートホテル八戸 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より徒歩2分。安いし朝食無料。
ユートリー・八戸地域地場産業振興センター 東北新幹線・青い森鉄道・八戸線 八戸駅東口より直結。
八戸プラザホテル(本八戸) 八戸線 本八戸駅より徒歩7分。
ホテルルートイン本八戸駅前 八戸線 本八戸駅目の前。
セレクトイン本八戸駅前 八戸線 本八戸駅目の前。


東北地方の鉄道の見えるホテルの一覧ページはこちら

青森のぜいたく弁当を作っている、三咲羽やさんのホームページ

こちらが三咲羽やさんのホームページです。お弁当一覧ページです。きちんと商品の説明をしているし、何より見やすいし、素晴らしいですね。従来の駅弁業者も、見習ってほしいです。このくらいの情報提供をしてくれないとね。

三咲羽やさんの商品一覧


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ