鉄道クレジットカードとして保有したいのはこれらのカードだ

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

当サイト管理人も使っている、鉄道クレジットカードなどのご紹介(ページTOP

当サイト管理人は、埼玉県在住です。つまり、JR東日本のエリアに住んでいますから、クレジットカードは当然、JR東日本の発行するビューカードです。JR東日本で切符を買った場合は、1.5%もの高還元率を誇ります。

ここでは、ビューカードのご紹介をしつつも、そのほかの鉄道会社のクレジットカードも、同時にご紹介してみたいと思います。順次、鉄道会社を追加していきたいと思います。

基本的には、よく利用する会社のカードにするのがコツですね。下記、リンクをクリックすると、詳細部分に飛びます。ご興味のある所をご覧ください。

会社 カードの名称 基本的情報など
JR東日本 ビューカード
ビュースイカカード
・JR東日本管内に居住して、JR東日本とJR北海道を利用する機会が多い人向け
・スイカオートチャージ可能
・年会費無料カードあり
・VISA、JCB、Masterを選択可能
・旅行傷害保険(国内/海外)付帯
西武鉄道 SEIBU PRINCE
CLUBカードセゾン

SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
・永久不滅ポイントとプリンスポイント貯まる
・西武セゾングループ利用で、W取り可能
・西友などの買い物が5%割引
・パスモオートチャージ可能
・年会費無料(AMEXは有料)
・VISA、JCB、Master、AMEXを選択可能
小田急
電鉄
小田急ポイントカード・
OPクレジット

小田急ポイントカード・OPクレジット
・基本は0.5%の還元率
・小田急グループ利用で更に0.5%以上還元
・パスモオートチャージ可能
・年会費無料
・VISA、JCB、Masterを選択可能
名古屋
鉄道
名鉄ミューズカード
名鉄ミューズカード
・愛知県や岐阜県、三重県にかけて居住していて名鉄線をよく利用する人向け
・MANACAオートチャージ可能
・年会費無料
・VISA、JCB、Masterを選択可能
・旅行傷害保険(国内/海外)付帯
JR九州 JQカードセゾン
JQカードセゾン
・基本は0.5%の還元率
・九州~山陽新幹線が相当程度の割引
・日本全国のJRホテルグループが1割引き
・スゴカオートチャージ可能
・年会費無料
・VISA、JCB、Masterを選択可能



ビューカード(JR東日本とJR北海道を利用する人におススメ)


JR東日本管内にお住いの人は、ビューカードが最強です。これは首都圏に住む鉄道ファンだけでなく、東北や甲信越に住むファンの方々にとっても同様です。

当サイト管理人は、既に通常のビュースイカカードを発券して、ETCカードまでビュースイカカードであり、猛烈に支払いをここに集中させている事から、他への切り替えをしにくいのですが、還元率などを総合的に考えると、ビックカメラSuicaカードが最強でだと言えます

公式サイト 写真 会費 ポイント還元率や特徴
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード

実質
無料
スイカで一番のおすすめカード
・JR東日本の乗車券購入で1.5%
・オートチャージで1.5%
・その他の利用で1.0%
・VISA、JCBを選択可能
・旅行傷害保険(国内/海外)
ビュー・スイカカード


500円 当サイト管理人のメインカード
・JR東日本の乗車券購入で1.5%
・オートチャージで1.5%
・その他の利用で0.5%
・VISA、JCB、Masterを選択可能
・旅行傷害保険(国内/海外)付帯


上記以外では、大人の休日倶楽部ミドルカード(年会費2,575円・50歳以上)は、年齢層が高い鉄道ファン向けに最適だと思います。大人の休日?楽部の年会費も込みになっており、JR東日本とJR北海道の全線が、常時5%割引になります。(片道201キロ以上)

大人の休日倶楽部ミドルカードの特典


また、鉄道ファンとしては垂涎ものの、JR東日本とJR北海道全線が乗り放題の、大人の休日?楽部パスを購入することができます。私が50歳になったら、絶対にこのカードに切り替えます・笑。




SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン(西武線沿線の人向け)


西武線沿線に住んでいて、西武鉄道で通勤通学の定期券を購入する人であれば、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン(西武プリンスクラブカード)に決定でしょうね。

西武沿線にはスーパーの西友が多く、毎月5日と20日はクレジットカード保有者は5%割引になりますから、超使えます。しかも5%割引になった上に、永久不滅ポイントも0.5%付与されるので、ポイントダブル取りの最強カードになります。

基本的に、西武セゾングループのお店でこのクレジットカードを利用した場合には、永久不滅ポイントとプリンスポイントがダブルで付いて、還元率1.5%となります。

カード種類 写真 会費 ポイント還元率や特徴
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

無料 ・西武の永久不滅ポイントが0.5%の還元率
・セゾンのプリンスポイントが1%の還元率
・西武セゾングループ利用で、W取り可能
・その他の利用は0.5%の還元率
・西友などの買い物が5%割引
・パスモオートチャージ可能
・年会費無料(AMEXは有料)
・VISA、JCB、Master、AMEXを選択可能
・AMEXは旅行傷害保険(国内/海外)付帯


このクレジットカード、国際ブランドにアメリカンエキスプレスを選べる点も、魅力的でしょう。年会費はその場合は3000円かかりますが、アメックスならではの付加価値が付いてきますので、西武沿線民でアメックスを持ちたいならば、SEIBU PRINCE CLUBカードセゾンに決まりですね。




小田急ポイントカード・OPクレジット(小田急線沿線の人向け)


小田急電鉄の沿線民で、小田急線をよく利用する人ならば、クレジットカードとポイントカードが一体となった、小田急ポイントカード・OPクレジットに決まりですね。ただし、基本的な還元率が0.5%なので、これだったら同じ還元率のビュースイカカードでも良いような気がします。

カード種類 写真 会費 ポイント還元率や特徴
小田急ポイントカード・OPクレジット


実質
無料
・基本は0.5%の還元率
・小田急グループ利用で更に0.5%以上還元
・パスモオートチャージ可能
・VISA、JCB、Masterを選択可能


面白いのは、特急ロマンスカーの利用に応じて、最大で5%のポイントが貯まる事です。そんなに頻繁には乗らないかもしれませんが、急行の混雑を嫌って比較的特急に乗る機会の多い路線ですから、悪くないサービスですね。

小田急ポイントカード・OPクレジットでロマンスカー料金が実質割引




名鉄ミューズカード(愛知・岐阜・三重県で名鉄線をよく利用する人向け)


愛知、岐阜、三重の各県、及び静岡県西部にお住まいで、名古屋地区の鉄道網を利用する機会が多い人は、名鉄ミューズカードで確実に決定ではないでしょうか?

というのも、JR東海のTOICAは、クレジットカードでチャージができないのです。チャージは現金のみという、今どきあり得ないアホな状態になっていて、旨みがありません。

だったら、名鉄ミューズカードでMANACAをチャージしてポイント還元したうえでTOICAを利用すれば良いだけであって、この地域の人は、絶対に名鉄ミューズカードです

カード種類 写真 会費 ポイント還元率や特徴
名鉄ミューズカード


実質
無料
・基本は0.5%の還元率
・名鉄グループ利用で更に0.5%以上還元
・マナカオートチャージ可能
・VISA、JCB、Masterを選択可能
・旅行傷害保険(国内/海外)付帯


ときおりJR東海のTOICAのチャージが使えないからと言って、JR東日本のビュースイカカードを推奨するウェブサイトも見かけますが、そんなのは全く話になりません。ビュースイカカードでは名古屋地区でオートチャージに対応していないので、全くNGです。

名古屋地域であれば名鉄ミューズカードのほうが良いに決まっています。名鉄グループ利用で、ビューカードよりも還元率が高くなるのですから、比較するまでもありません。




JQカードセゾン(JR九州の営業エリアの人向け)


JR九州民の必須カードと言ったら、JQカードセゾンでしょう。スゴカのオートチャージに対応しているクレジットカードはJQカードしかないので、その意味で必須のカードなのです

カード種類 写真 会費 ポイント還元率や特徴
JQカードセゾン


実質
無料
・基本は0.5%の還元率
・九州~山陽新幹線が相当程度の割引
・日本全国のJRホテルグループが1割引き
・スゴカオートチャージ可能
・VISA、JCB、Masterを選択可能
・JR九州の商品が3%割引
・サニーにて買い物が5%割引


鉄道ファンとしては、九州から山陽新幹線にかけての新幹線料金(乗車券を含む)が、大幅な割引料金となるのが見逃せません。区間によって割引の程度が異なりますが、かなりの割引となっているので、山陽新幹線沿線民で九州によく行く人が、このカードを保有する旨みもあります。

JQカードセゾンで、九州~山陽新幹線が大幅割引


さらに、JR九州の旅行商品が3%割引になる点も、魅力的です。また、九州だけでなく、全国各地のJRグループのホテルが10%の割引となる点も、素晴らしいですね。

ユニークなのは、セゾンカードでもあるので、福岡県を中心に多店舗展開しているスーパーのサニーにて、毎月5日と20日に5%割引となる点でしょう。こういう、鉄道に乗らない時もクレジットカード利用の特典を活かせるカードは、とても有用ですね。




鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ