手稲ステーションホテルからのトレインビューの模様

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

手稲ステーションホテル・・・手稲の車両基地に回送される優等列車も見れる!

このホテル、手稲ステーションホテルは、知る人ぞ知るトレインビューホテルです。札幌市内から電車で10分~15分程度離れてしまいますが、手稲区の手稲駅前の好立地ですから、不便な感じはありませんでした。

当サイト管理人の妻が発寒中央駅近くに住んでいたので、このホテルの存在は以前から知っており、一度泊まってみたいと思っていました。というのも、手稲駅に隣接する札幌運転所(手稲の車両基地)に、私の大好きな寝台特急が回送列車として札幌駅との間を往復していたからです。

北斗星、カシオペア、トワイライトエクスプレス、はまなす。これらの列車が健在のうちに泊まっておかなかったことを、今非常に悔やんでいますね。


(宿泊サイトからお借りした、ホテル外観写真。右側が手稲駅です。)


しかしながら、今現在においても札幌駅に回送される特急列車は頻繁に見る事ができて、実に楽しいです。私が宿泊した際も、朝のわずかな時間帯に沢山の列車を眺められて、面白かった(^^♪

(管理人、2016年11月28日に712号室に宿泊)


 


手稲ステーションホテルの基本情報


場所 JR手稲駅徒歩1分、ほぼ雨や雪にぬれずにチェックインできる(地図参照)
よく見える鉄道 函館本線
価格帯 5000円~6000円台の料金設定。
設備 少々室内は古い感じはするが、案外広くてくつろげる。特に問題など無く宿泊できる。今回泊まった部屋の様子は、次の通り。
鉄道ファン向け宿泊プラン 無し。部屋から鉄道を見たい旨をきちんと伝えるようにして下さい。
予約先 楽天トラベル じゃらん るるぶ ヤフートラベル



手稲ステーションホテルの場所


コチラになります。ホテルから出て信号を渡ると、すぐ目の前にコンビニ。駅の周辺に飲食店等もたくさんあるので、非常に便利な立地。とにかく雨にほぼ濡れないというのが良い。

手稲ステーションホテルから、このように鉄道が見えます!

さてそれでは、楽しみにしていた手稲ステーションホテルからの鉄道の眺めをご覧いただきましょうか。窓辺はこのようになっていて、思ったよりも窓が開きます。北海道は冬場は強風が吹き荒れたりするので、風邪の強い日は窓を開けないようにした方が良いですね。

また、窓の下にカメラなどを落としたら一大事ですから、スマホなども含めて、しっかりと手首にホールドできる形で、安全に列車の撮影をしましょう。

手稲ステーションホテルからの景色


鉄道の見える部屋は、全て小樽方面の部屋になります。反対側の札幌方面の部屋は、駅前広場しか見えませんから、ご注意を。トレインビューの部屋を希望する場合は、今回私が泊まった712号室に通してもらうか、鉄道を見たい旨伝えると良いです。

(手稲ステーションホテルのスタッフの応対、今回私が泊まった時は、かなり良い感じでした。たぶんきっと、希望を極力叶えてくれる方向で対応してくれるはずです。)

手稲の運転所もホテルから見えるのかな?と思ってましたが、それは目の前のマンションが邪魔をする状態になっていて、ホテルからは見えませんでした。車両基地が見えたら、超絶オススメだったのですが、これは少し無念でした。

以下、私が宿泊した時のトレインビューの模様です。動画2本に収めております。ワーッと雪が降ってきたりする天候でした。手稲辺りは冬は雪が多い場所なので、どちらかというと冬以外の季節の方が良いかもしれません。






以下、参考までに客室配置図です。向かって上が札幌方面、下が小樽方面です。私が宿泊した712号室は、最も線路寄りの良い部屋だったと事が分かります。

手稲ステーションホテルの客室配置図


JR北海道は向こう何年かで、数多くの路線を廃止する可能性が高いです。乗り納めに北海道に渡る機会もあるでしょうから、道央に宿泊する際に、手稲ステーションホテルを利用してはいかがでしょうか。小樽・ニセコ方面に行くときなど、とりわけ便利かと思います。

手稲ステーションホテルの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 楽天トラベルで口コミ投稿欄の確認&予約はコチラ

 じゃらんで詳細確認&予約はコチラ

 るるぶで詳細確認&予約はコチラ

 ヤフートラベルで詳細確認&予約はコチラ




地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ