新都ホテルからの、東海道新幹線の見える景色

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

新・都ホテルから、目の前に東海道新幹線が見える!

新・都ホテルは、JR京都駅前の東海道新幹線側のホテルでは、最もトレインビューの優れたスポットです。しかも料金は素泊まりでかなり安めの値段から設定されています。ただし管理人は、このホテル宿泊時に、ちょっとしたトラブルに・・・・。

京都駅前、新都ホテルの外観
(新都ホテルの提供の写真です)


ホテル京阪京都グランデと共に、新幹線側のトレインビューの定番スポットと言えるでしょう。


 


新・都ホテルの基本情報


場所 京都駅八条口(新幹線側)より徒歩2分。
よく見える鉄道 東海道新幹線(東海道本線はわずかに見えるだけ)
価格帯 素泊まり6000円~。京都駅前では安め。
設備 一通りそろっていて、特に不都合は無し。
トレインビュープラン じゃらんでツインルームのトレインビュープランが有ります。それ以外で予約する際は、下記サイトで予約後、電話番号を確認のうえ、新都ホテルに電話を入れましょう。
予約先 じゃらん 楽天トラベル るるぶ ヤフー



新・都ホテル京都の場所


コチラになります。京都駅にコンビニもあり、そこでお買い物をして信号を渡ると、すぐにホテルに着きます。


大きな地図で見る

新・都ホテルに子連れで宿泊した時の口コミです

子連れブルートレイン旅行のために、前日に新・都ホテルに宿泊しました。新幹線このように良く見えて、とても良かったですよ~。と言いたいところでしたが・・・・。

新・都ホテルからのトレインビュー

新幹線が良く見える


管理人は、楽天トラベルで大人1名子供2名で予約を取りました(大きめのベッド2つのツインルーム)。その後ホテルに電話して、鉄道の見える部屋にしてほしい旨確認を取りました。その時はベッドサイズまで確認して、子供2人が一緒のベッドで寝られる事も確認しています。

で、当日の夜にホテルについて、フロントに、「鉄道の見える部屋ですよね?」と念押ししたら、フロントの女性は「えーっと、ちょっとお待ちください」と言って、数十秒くらい、奥の方に引っこんで、それからまた僕の前に戻ってきて、「えーっと、そうですね」と言いました。

あ、じゃあ良かったという事で、フロントでキーを受け取って、いざ室内に入ってカーテンを開けてみると、「全然、鉄道なんか見えないやん!!!!

ベッドに寝転がろうとする子供を制止して、すぐにフロントに電話、「確認した内容と違うんですが・・・」と苦情を申し立てると、電話に出た男性、「大変申し訳ございません、3名様だったものですから、ゆっくりお休みできるようにと、トリプルのお部屋を用意してしまいました」と説明。

その配慮は嬉しかったものの、じゃあ何で、さっきの受付のフロントの女性は「鉄道の見える部屋」という確認を、適当にやったのか。全く腑に落ちないというか、いい加減な対応をされて、正直、気分を害しましたね。二度と宿泊するもんか!と言う感覚になりました。

子供たちも、部屋から電車を眺められると楽しみにしていたのに、旅行気分が、一気に冷めてしまいました。(ちなみに通された部屋で眠りにつく子供ら)

トリプルルームにて熟睡するわが子たち


翌日フロントで、鉄道の見える部屋から写真だけ撮らせてくれと頼んで、他の人が退去した部屋に入れてもらって、少し写した写真が前述の写真、それと下の写真です。

人の寝た部屋に入るのは、気持ちの良いものではありませんでしたが、写真撮らないと、何のために来たのか分からぬ事になるので、頑張って撮影しました・笑。ちなみに、窓が横に開くので、撮影自体は良く撮れます。

新・都ホテルの部屋の窓を開けての撮影


新幹線ビューは最高なのに対し、在来線の東海道線は、少し奥に見える程度です。ちょうど特急はるかとサンダーバードが来たので、撮影する事が出来ました。

はるかとサンダーバード


今回は3人連れでの旅行だったから、トラブルが発生したのだと思われます。1人旅や、2人づれであれば、まず問題は無いでしょう。ホテルの用意しているトレインビューは、下記になります。あああ、思う存分新幹線を見るのを楽しみにしていたのに!

新都ホテルからの東海道新幹線のトレインビュー


なお、動画を探してみたところ、下記の動画の6分経過後くらいに、新都ホテルからの東海道新幹線と、東海道本線がちょっと見える様子を確認できます。トレインビューとしては少々見にくい部屋に泊まっているようですね。

新・都ホテルの予約

予約にあたっては、次の各宿泊サイトの中から、お好みのサイト(普段利用している宿泊サイト)を使うと、ポイントが貯まって、一層お得です。

 じゃらんで詳細確認&予約はコチラ

 楽天トラベルで予約する方はコチラ

 るるぶで予約する方はコチラ

 Yahoo!トラベルで予約する方はコチラ





鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ