南千歳駅の駅弁売り場の情報や売っている駅弁

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

南千歳駅の駅弁に関しての情報

このページでは、南千歳駅での駅弁の販売状況について、記載しています。南千歳駅には駅弁売り場が2つあり、それぞれ別の業者になります。その点についての説明になります。

全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁



南千歳駅のホームの駅弁売り場(まるい弁当の売店)


まず最初に、南千歳駅のメインの駅弁売り場です。1,2番線ホームの、やや札幌駅寄りに、以下のようないい味の出た昭和風味な駅弁売り場が有ります。旅情を感じますね。

ここが南千歳駅のメインの駅弁売り場で、苫小牧駅のまるい弁当さんが駅弁の販売を行っています(製造もまるい弁当さんです。)駅弁マークが、なんともいい感じです。

南千歳駅のホーム上のまるい弁当さんの売店


駅弁売り場を、興味津々で見つめている、中国人観光客です。外国人にも、駅弁の良さを教えてあげたいです。駅弁が有るのは、日本と中国(&台湾)くらいですからね。(韓国も有るのかな?)

南千歳駅の駅弁を見つめる外国人旅行者


なお、この場所での販売時間は8時過ぎから夕方までとなっています。ただし、売れ行きによっては早く閉店することもあるようで、私が2016年11月に北海道に行った時には、16時過ぎにはカーテンが閉まっていました。早めにお弁当を調達しておくと良いでしょう。

南千歳駅のホームで売られている駅弁の種類については、苫小牧駅の駅弁と共通になります。(近いうちに苫小牧駅の駅弁ページを作りますので、そちらを参考にして下さい)


⇒南千歳駅まるい弁当さんの駅弁の電話予約:090-6261-0501





南千歳駅の改札口(改札の外)のキヨスク売店


もう1つ、意外とというか、ほとんど知られていないのが、改札口横にあるキヨスク売店で売られている釜めしです。下記、改札口とキヨスクをパノラマ撮影した写真です。(南千歳駅の改札口は、ここ1ヵ所しかありません)

南千歳駅のキヨスクの場所


で、キヨスク売店に入ってみます。

南千歳駅のキヨスク売店の外観


と、左側のお惣菜コーナーのショウケースに、何やらお弁当が・・・。ただしケースの上部には、「空弁・おにぎり・サンドイッチ」の表示が有ります。駅弁と称するよりも空弁と表現したほうが、一般受けするのかもしれませんね・涙。

南千歳駅のキヨスクのお弁当コーナー


近寄ってみると、釜めしが並んでいました。そう、南千歳駅には、この2種類の釜めし駅弁も売られています。ただし販売は金曜日、土曜日、日曜日に限られます。

南千歳駅のキヨスクの駅弁、とり釜めしとほたて釜めし


この日はあいにくここで買う予定が無く、レアな駅弁を目の前にして買えないという悔しさから、しばらくジーッと釜めしを見つめていましたが、「・・・ん?見た事あるな、これ」と思いました。

この会社は、・・・岩見沢駅の駅弁です。まさかこんなところでも売っているとは、全く予想外でした。ほたて釜めしのページをご覧ください。私が岩見沢駅で購入したホタテ釜めしと、同じものが南千歳駅にも並んでいたのでした。

南千歳駅ではホタテ釜めし以外に、鶏釜めしが売られています。これも岩見沢で買える物です。しかし不思議な事に、岩見沢では売られている海老釜めしが、南千歳駅にはありませんでした。

いずれこの場所で、この2つの釜めしを購入するつもりです。その際は個別のページでご案内しますので、楽しみにしていてください。北海道らしい、濃厚で非常に甘い味付けなのが、これらの釜めしを製造している花扇さんの特徴です。


南千歳駅キヨスクの店舗情報(ホームページ)
⇒南千歳駅のキヨスクの電話番号:0123-26-1121




乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ