松本駅の駅弁に関しての情報まとめ

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

松本駅の駅弁に関しての情報まとめ・・・場所、営業時間、ラインナップなど

ここでは、松本駅の駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


松本駅の駅名板


中央本線の特急あずさ号やしなの号の主要な停車駅(あるいは終着駅)であり、篠ノ井線と大糸線の分岐駅、更にはアルピコ交通(松本電鉄)の始発駅でもある松本駅では、地元のイイダヤ軒さん、近隣の塩尻駅のカワカミさんの2社の駅弁が多数入り乱れて、たいへん賑やかな状況です。

在来線の駅で沢山の駅弁が売られているのは、ファンとしては大変嬉しいです。そんな松本駅の駅弁売り場の情報や、イイダヤ軒とカワカミの製造する駅弁のラインナップを以下の通りお伝えします。

松本駅の改札口内の「駅弁あずさ」売店で駅弁の販売があります
松本駅で売られている駅弁のラインナップ(イイダヤ軒の駅弁)
松本駅で売られている駅弁のラインナップ(カワカミの駅弁)





松本駅の改札口内の「駅弁あずさ」売店で駅弁の販売があります


松本駅には東口と西口がありますが、改札口は1カ所です。この改札口を入り、矢印の方向に歩みを進めると、駅弁売り場があります。入ってすぐです。




このように、改札口を入り、やや左方向です。真正面に有るのはお土産屋さんです。




やや左に曲がると、このように駅弁「あずさ」売店があります。ここが、駅弁売り場です。

駅弁あずさ売店


2019年10月時点での、この売り場での駅弁ラインナップが掲示されていましたので、以下の通りご紹介します。次の項なども含めて、ご検討下さればと思います。

駅弁あずさのお弁当ラインナップ

駅弁あずさのお弁当ラインナップ


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
売り場 松本駅構内「駅弁あずさ」
電話番号 0263-36-3170
営業時間 7:40~20:00(年中無休)
支払い 現金及び交通系カード(クレジットカードは不可)



松本駅で売られている駅弁のラインナップ(イイダヤ軒の駅弁)


駅弁「あずさ」売店で売られている駅弁の中で、まずは地元の松本市の駅弁業者であるイイダヤ軒さんの駅弁のラインナップのご紹介です。以下は、駅弁あずさの店頭の写真で、イイダヤ軒だけでなく塩尻のカワカミさんのお弁当もたくさん写っていますが。




以下、当サイトでもご紹介している駅弁の数々です。これ以外にも更に6種類の駅弁を取り扱っており、いつかここでも追加でご紹介したいと思います。

信州寺町弁当(デリクックちくま)

月見五味めし

山菜やワカサギの甘露煮、鶏肉煮や山ごぼうなど、山の幸が満載の駅弁。丸い容器は満月をイメージ。御飯は茶飯。

月見五味めしの詳細へ

櫓膳

トンカツ、鮭煮、茶巾煮などをメインとした幕の内弁当。鶏肉の味噌くるみ和えや金山寺味噌など、工夫を凝らしたおかずが良い。

櫓膳の詳細へ

信州あずみ野弁当

牛肉煮がご飯の上にギッシリと乗っている(ただし硬い)。特筆すべきは生野菜であり、生鮮野菜を食べられる駅弁はレアな存在。

信州あずみ野弁当の詳細へ
信州寺町弁当(デリクックちくま)

山賊焼

山賊焼と言われる松本の鶏のから揚げをメインにした駅弁。「とりあげる」という発音が「取りあげる」、そして山賊となった由。

山賊焼の詳細へ

地鶏めし

信州の地鶏の照り焼きをメインにした鶏めし弁当。鶏肉駅弁にしては珍しく、生野菜が豊富に添えられているのがユニーク。

地鶏めしの詳細へ

安曇野釜めし

野沢菜とキノコ(しめじ)がおどろくほどたっぷりと入った非常に素朴な釜めし。昔の信州の、昭和のイメージがする駅弁。

安曇野釜めしの詳細へ



松本駅で売られている駅弁のラインナップ(カワカミの駅弁)


こちらは、塩尻駅の駅弁業者のカワカミさんの駅弁です。ここ松本駅でもカワカミの駅弁は多数売られており、むしろ地元のイイダヤ軒よりも幅を利かせつつある印象さえ感じます。駅弁業者が2社以上でしのぎを削る駅では、駅弁のクオリティが上がって、美味しいお弁当にありつけます(^^♪

信州寺町弁当(デリクックちくま)

牛肉弁当

信州産の牛肉の焼肉弁当。生野菜が添えられているのも嬉しく、フライドポテトも付いている。デザートにリンゴも長野らしい。

牛肉弁当の詳細へ

幕の内弁当信濃の四季

幕の内弁当と称するように正統的な幕の内であるが、信濃の四季と銘打つように、信州の幸も豊富であり、満足度が高い。

幕の内弁当信濃の四季の詳細へ

小さな信濃路

小さめのお弁当箱の中に信州らしいおかずが並ぶ。ご飯は季節によって筍ご飯になったり栗ご飯になったり、変化を楽しめる。

小さな信濃路の詳細へ

とりめし梓

鶏の山賊焼をメインにしつつも、それ以外に山菜や野沢菜、あるいは生野菜まで入っていて全く飽きる事のないお弁当に仕上がる。

とりめし梓の詳細へ
信州寺町弁当(デリクックちくま)

山のおにぎり弁当

単なるおにぎり弁当にしか思えぬネーミングだが、総菜の豊富さに驚かされる。おにぎりも3つも入っていて、満腹になる。

山のおにぎり弁当の詳細へ

山里おつまみ弁当

御飯は僅かで、その分品数豊富。まさにおつまみであり、これを肴にしてビールやお酒を楽しむのに最適なお弁当である。

山里おつまみ弁当の詳細へ

山菜ちらし寿司

まさに山菜ちらし寿司であり、動物性たんぱく質はワカサギの甘露煮だけという、極めてローカロリーでヘルシーなお弁当。

山菜ちらし寿司の詳細へ

「山菜釜めし」と「とり釜めし」

素朴そのものの釜めし。山菜や鶏肉がたっぷり入っている滋味のある駅弁。お釜がプラスチックなのは残念だが、その分、軽量化。

「山菜釜めし」と「とり釜めし」の詳細へ

アルプス道づれ おむすび弁当

おむすび弁当という割にはおかずが非常に豊富であり、幕の内弁当と言ってもよい存在。ハイキングに持っていきたくもなる。

アルプス道づれ おむすび弁当の詳細へ


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ