金沢駅の駅弁一覧

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

金沢駅(大友楼&高野商店)の駅弁一覧

ここでは、金沢駅の駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


金沢駅は北陸新幹線の開業とともに、すっかり変貌しました。私にとって由々しき事態は、金沢駅の改札から内側は、基本的に売店は全てセブンイレブンに変わってしまった事。これによって駅改札内にはセブンのコンビニ弁当以外は、駅弁は無くなってしまいました。

北陸新幹線のホームには、大友楼の駅弁売り場があります。しかし在来線で旅をしたい場合、あるいは特急サンダーバードなどに乗る場合、入場券をわざわざ買ってまで大友楼の駅弁売り場までは行けません・涙。

金沢の駅名標


今、金沢駅で駅弁を買うとしたら、改札の外で買ってください。まず一ヵ所目、改札口を出たちょうど正面、土産物売り場の中に、駅弁コーナーがあります。画像をクリックすると360度ぐるりと見渡せます。




上記のお土産屋さんの店内に入ると、下のような駅弁売り場があり、金沢駅の駅弁が勢ぞろいしています。見ているだけで楽しいです。コンビニ弁当とは違いますね。ただしここもセブンイレブンが運営しているみたいで、駅弁の購入にナナコカードが使えて、ポイントが貯まります。




もう1か所は、改札口を出て左に歩いて、屋外に出る直前の右側(金沢港口)にあります。隣におむすび屋さんがあって、そっちの方が目立ってますね・笑。



金沢駅の駅弁売り場


さて、金沢駅では大友楼と高野商店が、2社で駅弁販売を競い合っています。全国的に見ても、こういうところって駅弁のレベルが異様に高いんですよね。東北の一ノ関駅、米沢駅はその代表と言えます。最近では関東の高崎駅も、同様ですね。

厳密には、金沢駅の地元企業は大友楼で、高野商店は加賀温泉駅の駅弁屋さんですが、金沢駅のほうが売れるので、今ではむしろ金沢駅の駅弁屋さんと言う感じです。

このページでは、大友楼と高野商店を分けて、管理人の食べた事のある駅弁を一覧にしています。もちろんまだまだ金沢駅には駅弁の種類があるので(動画参照の事)、今後できるだけたくさん食べてまいりたいと思います。





金沢駅の駅弁1(大友楼)


利家御膳

加賀藩の伝統的な味を現代風にアレンジして、駅弁にしたもの。金沢駅では長らく人気の一品。見た目も楽しい。

利家御膳の詳細へ

百万石弁当

定番風の幕の内弁当ならこれ。ただし郷土料理の治部煮が入っているのが金沢らしい。幕の内としての味は確か。

百万石弁当の詳細へ

特製牛肉弁当

牛の旨みを堪能できる。金沢の肉系の駅弁では一番人気。ローストビーフが食欲をそそる。

特製牛肉弁当の詳細へ



金沢駅の駅弁2(高野商店)


輪島朝市弁当

まさしく能登の味が満載で、驚きを隠せない。とりわけ牡蠣の濃厚な味わいは駅弁では最上位クラスと言える。

輪島朝市弁当の詳細へ

金沢牛おこわ

金沢で牛肉をガッツリと食べたくなった時はこれ。白米ではなくてご飯がおこわと言うのがユニーク。

金沢牛おこわの詳細へ

炙りのどぐろ棒寿し

高級魚ののどぐろを駅弁にしてしまうという意欲作。適度に脂がのっており、日本酒と共に楽しむと最高。

炙りのどぐろ棒寿しの詳細へ



販売が終了した駅弁


特にありません。今後そのようなものが出てきましたら、ここに移します。



乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ