岩見沢駅の駅弁(花扇)の駅弁一覧

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

岩見沢駅の花扇(はなおおぎ)の駅弁の売り場の情報と一覧

ここでは、岩見沢駅の花扇さんの駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


※2018年6月時点の情報です。新しい情報がございましたら、当サイト管理人までご一報ください。折を見て確認して、本ページに反映させたいと思います!


岩見沢駅の駅名板


洗練された都市型デザインの岩見沢駅。アートな建築物が大好きな当サイト管理人としては、旭川駅に次いで、好きなデザインの駅でもあります。改札口は2階にあります。

岩見沢駅の外観


その、2階の改札口から駅弁売り場までの道順を、動画に撮っておきました。ここが、売っている場所になります。2018年7月には、途中にセブンイレブンがオープンします。間違ってもセブンイレブンでコンビニ弁当などを買わないようにしましょう・笑。(旅行の場合は駅弁です!)




現在、駅弁を売っているのは、岩見沢市の観光案内所です。物産売り場も兼ねていて、ここで、貴重な釜めし駅弁の3種類を売って下さっています。

岩見沢駅の観光案内所

岩見沢駅の観光案内所で売られている釜めし駅弁


観光案内所の冷蔵庫に、このように釜めしが並べられています。この時は午後4時過ぎに訪問して、えび釜めしとほたて釜めしが1つずつ残っている状況でした。普通に冷蔵庫なので、かなり冷え冷えの状態で買う事になります。食べる際には、少し常温で置いてからのほうが良いでしょう。

岩見沢駅の観光案内所で売られている釜めし駅弁

岩見沢駅で売られている釜めし


参考までに、2018年5月までは、観光案内所に隣接するキヨスク売店にて、駅弁を売っていました。そこが閉鎖になって、セブンイレブンに改装されるわけです。

岩見沢駅のキヨスクは閉店してセブンイレブンに改装


JR北海道としては、キヨスクを経営して大して儲からないよりも、セブンイレブンに場所貸ししたほうが利益になるのであれば、経営的にはそのほうが良いに決まっていますから、その判断は尊重したいと思います。

駅弁屋さんとしても、現状をよく認識したうえで、今回のように売り場を変更するなどして、存続に気を使って欲しいなと思います。

なお、花扇さんの3種類の釜めし駅弁のうち、ほたて釜めしととり釜めしの2種類については、南千歳駅のキヨスク売店でも売られています。したがって、どうしても岩見沢の釜めしを食べたいという人は、新千歳空港の隣駅の南千歳駅で、手っ取り早く食べる事ができます。

売り場等のデータ(2018年6月時点の記録です)
製造 有限会社花扇(はなおおぎ)
岩見沢市美園5条3丁目1-19
電話:0126-25-9292
(ホームページはありません)
販売 岩見沢市有明町南1番地1岩見沢市有明交流プラザ1階
岩見沢市観光協会
電話:0126-22-3470
http://iwamizawa-kankou.jp/

(ホームページはありますが、駅弁の事は何も書かれていませんので、予約や問い合わせなどは電話をかけるのが良いですね。)





岩見沢駅で売られている駅弁の種類はこれ


えび釜めし

大ぶりな海老が二尾も入っている豪華な雰囲気も漂う。えび釜めしは南千歳駅では売られておらず、純粋に岩見沢駅弁である。

えび釜めしの詳細へ

とり釜めし

日本全国の鶏肉系の駅弁の中でも、味付けはトップクラスの甘さ。鶏肉の量はかなり少ないので、バランスよく食べるようにしたい。

とり釜めしの詳細へ

ほたて釜めし

比較的大きなホタテ煮が二つ入る。上のとり釜めしと共に、南千歳駅でも売られる。北海道らしく、かなりの甘口である。

ほたて釜めしの詳細へ



鉄道の見えるホテル一覧(札幌市)


岩見沢駅周辺には鉄道の見えるホテルはありませんので、近隣の札幌市のトレインビューホテル一覧を掲載しておきます。

宿泊施設 見える路線 特 徴
京王プラザホテル札幌 函館本線 JR札幌駅徒歩5分。札幌で最も鉄道の見やすいホテル。オススメ
JRイン札幌 函館本線 JR札幌駅徒歩3分。鉄道が非常に見やすい。
ホテル京阪札幌 函館本線 上記JRインの、線路を挟んで反対側に立地。
ホテルWBF札幌ノースゲート 函館本線 JR札幌駅北口より左方向へ徒歩1分。オススメ
ホテルリブマックス札幌駅前 函館本線 札幌駅西出口から徒歩5分くらい
東横イン札幌駅北口 函館本線 札幌駅北口から徒歩3分。
手稲ステーションホテル 函館本線 手稲駅すぐ目の前。


ところで、冒頭で、近代的な岩見沢駅の事を「好きだ」と書いておりますが、駅の観光案内所に飾られていた三代目駅舎の小さな模型を見ると、こういう駅舎もまた、かなり魅力的ですね。

岩見沢駅の古い駅舎


岩見沢市は駅弁以外にも鉄道の見どころ(味どころ?)があり、車でしか行くことはできませんが、かつての赤電711系赤電車を見ながらシュラスコ料理を食べる事ができる大地のテラスなどは大変に面白いスポットとなっています。ぜひ岩見沢を多面的に見て、味わっていただきたいと思います。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ