駅弁屋さんのおつまみ

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

駅弁屋さんのおつまみ・・・お酒のお供に最高、列車の旅はおつまみが決めて!

最近、駅弁業者が「おつまみ」を販売する例をチラホラと目にするようになってきました。本ページでは、そんなおつまみをまとめてみたいと思います。まだ作成途中ですから、今後、どんどんと追加してご紹介していきますね。

なお、これらのおつまみは、都内の駅で購入できるものをご紹介しています。以下をクリックして頂くと、それぞれのおつまみの部分に飛びます。

チキン弁当のからあげ(日本レストランエンタープライズ・東京)
鳥揚げちゃった(大船軒・神奈川や東京)
鳥つくね棒カツ(大船軒・神奈川や東京)
国技館やきとり(両国国技館・東京)
丸政のチキンカツ(丸政・小淵沢駅)
駅弁屋のシュウマイ(東華軒・小田原駅)
東華軒の唐揚げ(東華軒・小田原駅)
大正浪漫・東京しゅうまい(山水楼・小淵沢駅)
肉焼売(松川弁当店・米沢駅)
昔ながらのシウマイ(崎陽軒・横浜駅)





チキン弁当のからあげ(日本レストランエンタープライズ・東京)


まず、チキン弁当のからあげ。ご存知、ベストセラー駅弁のチキン弁当に入れらていている鶏の唐揚げですね。3個入り(プラスチック容器入り)と、5個入り(紙の箱入り)の2種類があります。

チキン弁当のからあげ


私が購入したのは、5個入りです。レトロな雰囲気のイラストがいい感じ。

チキン弁当のからあげ


中身はこれ。プラスチックの楊枝を刺して食べます。お弁当同様、レモン果汁を振りかけて食べます。ちなみに何も付けずにそのまま頂いても、とても美味しいです。

チキン弁当のからあげ


なおこの時は、復刻深川めし、峠の釜めし紙容器バージョンと共に購入しています。


購入データ
価格 570円(税込み)
ラベル表示





鳥揚げちゃった(大船軒・神奈川県)


湘南の大船軒さんは、鳥揚げちゃったを販売しています。

鳥揚げちゃった


パッケージに記載されている通り、しそ入りつくねを唐揚げにしています。きちんと「料理」していますね。一工夫加える姿勢を高く評価したい。

鳥揚げちゃった


で、竹の楊枝で頂きます。これは美味い! 私は数々のおつまみの中で、これが一番好きですね。

鳥揚げちゃった


この時は仙台駅の駅弁、黄金うにと数の子いくらがけと同時に購入いたしました。


購入データ
価格 450円(税込み)
ラベル表示








鳥つくね棒カツ(大船軒・神奈川県)


引き続き、大船軒の鳥つくね棒カツです。東京駅で売られているのを購入しています。

鳥つくね棒カツ


文字通り、鳥のつくねを棒状にして、それをカツにしたというものですね。分かりやすい。

鳥つくね棒カツ


「大船軒オリジナルソース」をたっぷり付けて頂くと、よりB級感が溢れてきていい感じです。

鳥つくね棒カツ


購入データ
価格 450円(税込み)
ラベル表示

鳥つくね棒カツのラベル表示




国技館やきとり(両国国技館)


両国国技館の地下工場で製造している、東京の有名なおつまみ、国技館やきとりです。これを贔屓にしている人も多いはず。駅弁売り場で売っていますから、本ページでもご紹介。

国技館やきとり


この国技館やきとりを製造している映像が有りましたので、貼り付けておきますね。なるほど~、まさに国技館で作られているんですね。凄いわ。




中身は、もも肉かむね肉かは分かりませんが、鶏の正肉の焼鳥が3本と、つくねが2本です。

国技館やきとり


この分量、一杯やるには丁度良いんですよね。これを買い込んで新幹線車内でお酒を飲む。・・・サラリーマン諸氏にとっては、やめられない習慣になるかもしれません(^^♪

国技館やきとり



丸政のチキンカツ(丸政・小淵沢駅)


こちら、小淵沢駅で美味しい駅弁を多数販売している丸政さんが販売する、チキンカツです。このカツ、ロングセラー駅弁の高原野菜とカツの弁当に入れられているチキンカツです。写真は、新宿駅の駅弁屋頂の店頭です。このように、複数のおつまみが売られているので、目移りしますね。

店頭に並ぶおつまみ各種


高原野菜とカツの弁当に似せて、レトロなパッケージデザインを採用しています。つい手に取りたくなるようなデザインです。「八ヶ岳名物」をアルファベット表示してありますが、外人さんが見たら「???」となるでしょうね・笑。

丸政のチキンカツ


蓋を開けると、このように気密包装しれあります。鮮度保持や汚染防止などの理由でしょうか。いちいちこれを開けるのは面倒ですが、安心感はありますね。

丸政のチキンカツ


で、このような感じ。メンチカツ3枚と、スパゲッティミートソースです。

丸政のチキンカツ


このようにマスタードを付けてソースを垂らして食べると、非常に美味しいです。というか久しぶりにこのチキンカツを食べて、「こんなに美味しかったかな?」と、ちょっと感動しました。

丸政のチキンカツ


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 680円。
ラベル表示
丸政のチキンカツのラベル表示




駅弁屋のシュウマイ(東華軒・小田原駅)


神奈川県は小田原駅の東華軒さんは、駅弁屋のシュウマイを販売しています。神奈川県でシュウマイと言えば崎陽軒のシウマイですが、東華軒さんも負けじと頑張っています。崎陽軒よりも、より駅弁屋らしいパッケージデザインが特徴です。

駅弁屋のシュウマイの外観と外箱


開けてみるとこんな感じです。12個入り。

駅弁屋のシュウマイの中身


崎陽軒のシウマイ同様、ホタテ貝のエキスが入っていて、かなり似たような味わいになっています。練りからしを付けて頂くと、最高です。

駅弁屋のシュウマイ


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 680円。
ラベル
表示

駅弁屋のシュウマイのラベル表示






東華軒の唐揚げ(東華軒・小田原駅)


同じく小田原の東華軒では、「東華軒のおつまみ」として、東華軒の唐揚げ、という商品を売っています。ちょっと外観は、コンビニのお惣菜風なのが玉に瑕です。

東華軒の唐揚げ


味わいとしては、ごく普通の唐揚げに近いでしょうかね。でも、しっかりと味付けされているので、余計なものを付けないで、このまま頂きます。ビールのお供に最高ですよ。(ちなみにこの時は、同時に東華軒のシュウマイ弁当も食べています。最高でした。)

冒頭でご紹介しているチキン弁当のチキンとは、かなり味わいが異なりますので、別の日に両方食べてみて味の違いを楽しむのも面白いと思います。

東華軒の唐揚げ


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 価格失念
ラベル
表示






大正浪漫・東京しゅうまい(山水楼・小淵沢駅)


チキンカツのところで名前が出た駅弁業者、小淵沢駅の丸政さんが作る、もう1つのおつまみが、この東京しゅうまいです。ブランドは東京の山水楼ですが、作っているのは丸政さんです。

(山水楼は現在、東京から移転して小淵沢の丸政さん経営のホテルで営業しています。そのつながりからヒントを得て商品化したものと思われます。)

東京しゅうまい


この商品も、丸政のチキンカツ同様、気密包装がなされています。写真はその包装を取り外したところです。

東京しゅうまい


包装されていたせいか、1つ上の東華軒製の「駅弁屋のシュウマイ」よりも、かなりしっとりとしたしゅうまいになっています。

東京しゅうまい


マスタードと醤油を付けて、頂きます。やー、このしゅうまいも美味しいですね。ビールが進みます。チキンカツと一緒に、おつまみとして購入するのも良いですね。味に変化が出ますし。

東京しゅうまい


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 680円。
ラベル表示
大正浪漫東京しゅうまいのラベル表示




肉焼売(松川弁当店・米沢駅)


焼売が続きます。こちらは米沢駅の業者、松川弁当店さんが売る、肉焼売です。東京駅の駅弁屋祭にて購入する事ができます(入荷していれば)。「お肉ぎっしり」の文字が魅力的です。

米沢の肉焼売の外観と掛け紙


開けるとこんな感じ。10個入りですね。1つ上の東京しゅうまいと違って、気密包装されていない分、表面のしっとり感が異なるのが分かります。

米沢の肉焼売の中身


ちなみに私は個人的には、この肉焼売はレンジで温めたほうが美味しいと感じます。

米沢の肉焼売とビール


お醤油とカラシを焼売に付けて食べると、美味しいですね。

米沢の肉焼売にカラシを付けたところ


(なお管理人はこの時は、2015年12月12日に埼玉県のスーパーヤオコーで購入しています。)


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 800円



昔ながらのシウマイ(崎陽軒・横浜駅)


そして最後に、真打登場、おなじみの崎陽軒の「昔ながらのシウマイ」です。このパッケージを見ると、条件反射で酒を飲みたくなってくる人も多いと思いますね・笑。

昔ながらのシウマイ


箱を開けると、乾燥防止に入れられた紙が、また味わいがあります。崎陽軒の木の串も、いい雰囲気を出しています。

昔ながらのシウマイ


そして、この小ぶりなシウマイを頂きます。幸福なひと時。?油さしが、「ひょうちゃん」ではなくて、プラスチック容器なのは残念でした。

昔ながらのシウマイ


こうやって食べると、「定番の味の安心さ」を非常に強く感じます。いわば、駅弁界の「おふくろの味」なんですよね。これでご飯を食べても良し、お酒のアテにするのも良し、あらゆるシーンで活躍できる、大変優れたお料理なのでした。

昔ながらのシウマイ


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
価格 300円(6個入り)
ラベル表示
昔ながらのシウマイのラベル表示



以上、駅弁屋さんのおつまみ特集でした。更に追加する場合は、別ページにしたいと思います。ずいぶんと長大なページになってしまいましたので(^^♪


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ