越後湯沢駅(川岳軒)の駅弁一覧

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

越後湯沢駅・・・川岳軒の駅弁の売り場や種類などの情報を徹底解説

ここでは、越後湯沢駅の駅弁や、川岳軒の駅弁の一覧をご覧いただきます。全国の駅弁をご覧になりたい場合は、こちらのページからお選びください。それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。

キャラクター駅弁  ⇒鉄道車両の駅弁  ⇒有名人プロデュース駅弁


越後湯沢駅の駅名板


越後湯沢駅では、昭和6年に創業の川岳軒さんが営業を行っています。北陸新幹線の開業までは、越後湯沢駅は上越新幹線から金沢行の特急はくたか号に乗り換える駅でしたから、かなり賑わいました。

その乗り換えが一切無くなった事で、越後湯沢駅を目的とする観光客だけを相手にする事になり、川岳軒さんはかつてない試練に立たされていると思います。

しかし、ここの駅弁屋さんは、とにかく魚沼産コシヒカリで炊いたご飯が最高に美味いのです。わざわざ途中下車をしてでも、ここの米を食べる価値があります。

このページでは、そんな越後湯沢駅の駅弁の売り場や、売られている駅弁のラインナップをお伝えします。購入の際の参考にしていただければ幸いです。以下の項目に分けて、掲載しています。

上越新幹線の改札内にある駅弁売り場
上越新幹線の改札を出たすぐ目の前にある駅弁の売り場
上越新幹線や在来線の改札口を出てすぐ右手にある立ち食いそば屋さんの売り場
越後湯沢駅の川岳軒さんの駅弁のラインナップ
「ぽんしゅ館」の爆弾おにぎりも越後湯沢駅では有名な存在





上越新幹線の改札内にある駅弁売り場


まず最初に、上越新幹線の改札を入った正面にある、JR東日本のコンビニ売店であるニューデイズの店頭で売られている駅弁から。




お店の入り口のところの赤枠の部分で、駅弁が売られています。

越後湯沢駅の新幹線の改札内のニューデイズの駅弁売り場


基本的には地元の駅弁業者の川岳軒さんの駅弁を売っているのですが、それ以外に北陸新幹線の目的地の1つである富山駅の駅弁まで売られています。ここでも、北陸新幹線の影響を受けているとも言えますね。ちょっと気がかりでもあります。




上記のように、富山のますのすしとぶりのすしが置いてありました。なんだかそっちのほうが目立つのが、ちょっと悔しいところです。

売り場のデータ(2018年10月時点の記録です)
お店の名称 ニューデイズミニ新幹線越後湯沢店
営業時間 10:00~20:20 (無休)
電話番号 025-780-6750
ホームページ なし



上越新幹線の改札を出たすぐ目の前にある駅弁の売り場


続いて、上の項の上越新幹線の改札口の写真をもう一度見て頂いて、そこから180度、逆に体の向きを変えて振り返ったところにあるのが、下記の売り場です。駅のコンコースに複数の売店が出店しており、「がんぎどおり中央いちば」という名称のスペースになります。

「がんぎどおり中央いちば」の駅弁売り場


恐らくここは川岳軒さんの売り場だと思うので、地元の駅弁が勢ぞろいしています。私がここを訪問した時には、川岳軒さんの若旦那と思われる人が、熱心に販売していらっしゃいました。

売り場のデータ(2018年10月時点の記録です)
お店の名称 がんぎどおり中央いちば
営業時間 9:00~19:00(無休)
電話番号 025-784-4499

がんぎどおり中央いちばの電話番号なので、ここで駅弁の予約ができるかどうかは分かりません。
ホームページ http://www.cocolo-station.jp/pc/real_shops
/774?sc_name=yuzawa


ホームページは存在するものの、駅弁の売り場については記されていません。





上越新幹線や在来線の改札口を出てすぐ右手にある立ち食いそば屋さんの売り場


最後に、上の項でご紹介している売り場のすぐ近くにある、立ち食いそば屋さんの売り場です。上の項の売り場を青枠で表示しています。そして、蕎麦屋は赤い矢印のところ。すぐ近くですね。




この立ち食いそば屋さんは「湯沢庵」という名称であり、駅弁マークが表示されている通り、ここで駅弁を買う事もできます。川岳軒さんの直営のお店になります。店舗には大きな「弁当」の案内表示がありますし、テーブルもセットされています。このテーブルを使って、駅弁を食べる事もできますね。




何とも魅力的で、用事もないのについふらふらとこの店頭を覗きに来てしまいます・笑。雪の季節には、アツアツのお蕎麦を食べたいですね。




売り場のデータ(2018年10月時点の記録です)
お店の名称 湯沢庵
営業時間 11:00〜18:30(無休)
電話番号 025-785-5080
ホームページ なし



越後湯沢駅の川岳軒さんの駅弁のラインナップ


2018年10月時点での、越後湯沢駅の川岳軒さんの駅弁のラインナップは以下の通りです。私も全部を食べた訳ではなく、賞味したものについては、リンク先でご紹介しています。




くるみ山菜すし

個人的には越後湯沢駅のナンバーワンだと思えるほどの屈指の美味しさ。肉類が一切入っていないのに、山菜と魚沼産コシヒカリの酢飯が美味しすぎる。
くるみ山菜すしの詳細へ

雪国弁当

主として海の幸を取り入れた幕の内弁当。おかず自体には特徴は無いものの、魚沼産コシヒカリが入ると途端に美味しく感じる。

雪国弁当の詳細へ

かにずし

ズワイガニと魚沼産コシヒカリのハーモニー。蟹の量が少なすぎるのが要改善だが、米の美味さに救われている。

かにずしの詳細へ

林道釜めし

元演歌歌手の香田晋がプロデュースした加熱式駅弁。越後湯沢駅弁としては数少ない、山の中をイメージした駅弁。

林道釜めしの詳細へ

駅弁製造業者の川岳軒のデータ(2018年10月時点の記録です)
お店の名称 合資会社川岳軒
住所と電話番号 新潟県南魚沼市関115-1
025-783-2004
ホームページ http://ekiben.jp/



「ぽんしゅ館」の爆弾おにぎりも越後湯沢駅では有名な存在


駅弁とはちょっと違いますが、今現在、越後湯沢駅でちょっと有名な存在になっている、「ぽんしゅ館」の爆弾おにぎりも少しだけご紹介しましょう。

下記は、日本酒の利き酒ができるぽんしゅ館の入り口です。酒飲みには、恐ろしく魅力的な場所です。越後の酒は美味いので、日本酒をお土産にして帰るのも良いですよね。




このぽんしゅ館のお土産物コーナーの奥に、爆弾おにぎりなるものが供されているスペースがあります。不思議な人形が、首から爆弾おにぎりの看板をぶら下げています。今風ですよね、こういう「つい写真を撮りたくなる存在」って。




そして、爆弾おにぎりを駅ナカで製造するぽんしゅ館の「雪ん洞」さんの店舗です。私が訪問した際も、下の写真にチラッと写っているように、一組のカップルと一人旅の男性が、黙々と巨大なおにぎりを食べていました・笑。めちゃくちゃ炭水化物の塊ですよね~~。




爆弾おにぎりの具の説明がありましたので、撮っておきました。これから爆弾おにぎりを食べる人は、これを参考にして頂いて、現地で楽しんでみてください。




売り場のデータ(2018年10月時点の記録です)
お店の名称 越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」
営業時間 9:00〜18:00(無休)ラストオーダーは17:30
電話番号 025-784-3758
ホームページ http://www.ponshukan.com/04.htm

爆弾おにぎりについては記載がありません。残念。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ