鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当(新千歳空港駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当(新千歳空港駅)・・・ルイベ漬けの魅力が凄すぎる

妻が北海道は十勝の出身なので、帰省するたびに、「新千歳空港駅の駅弁を買ってきて!」と要望を出しています。面倒くさいので大半は断られるのですが、余裕があると、ときおり買ってきてくれます。

前回(2018年6月)、石狩鮨を買ってもらった際に、新千歳空港駅の駅弁のラインナップを全て写真に収めてきてくれて、新発売と記された佐藤水産の鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当が気になっていました。今回は、それを新千歳空港駅から埼玉の自宅まで、はるばると運んできてくれました。

新千歳空港駅で売られている駅弁


と言っても、実はこの駅弁は東京駅の駅弁屋祭でも売られる事もあり、12月末には新宿の京王百貨店の地下食品売り場にも売っていましたので、わざわざ北海道からお土産として持ってきてもらう必要はありませんでした・苦笑。妻には申し訳ないことをしてしまいました。。。

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当


買ってきてもらった鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当は、埼玉の自宅で夜中に頂きました。この駅弁、とにかく酒の肴に最高ですね。これ以上アルコールが似合う駅弁は、なかなか無いのではないかと言う味わいです。鮭のルイベを考えた人は天才です。




開封した時の様子を写真で見ると、このような駅弁になります。外箱には「お刺身用の北海道産鮭といくらを特製醤油タレで漬け込んだ「鮭のルイベ漬」は、とろける食感と、濃厚な旨みが自慢のお味です」と記されており、まさにその通りです。

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当


購入データ
購入場所 新千歳空港駅のホームの立ち売り売店にて購入。
購入日時 2019年10月16日に購入。
価格 1380円(税込み)
ラベル表記 鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当のラベル表示
製造 佐藤水産鮨株式会社
北海道千歳市泉沢1007-109
http://sushi.sato-suisan.co.jp/
販売 佐藤水産株式会社
北海道札幌市中央区宮の森3条1丁目5-46
0123-29-3100





鮭とイクラを使った、最高に北海道らしい駅弁と言える


この駅弁はとにかく全てに「食べ応え」があるのですが、やはり主役は鮭のルイベです。開封すると、ルイベはプラスチックトレーに乗った状態です。鮭だけでなく、いくらと一緒に漬け込んでありますね。緑色に見えるのは、皮の部分だと思います。

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当


そして、トレーに乗ったルイベに別添の鮭醤油なるものをかけて、そしてトレーから酢飯の上にこのように盛って食べると良いです。ただし、醤油は振らなくても良いかもしれません。ルイベ自体がかなり塩辛いので、醤油をかけると余計にしょっぱくなりますね。

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当


このように、鮭とイクラのルイベを頬張ると、まさに絶品です。「塩辛い=酒が合う」という事ですから、これはまた実に身体に悪い駅弁になりますね・笑。美味しいのですが、少々ルイベの量が多すぎるような気がしないでもありません。

なお、本来はルイベとは凍ったお刺身のような料理の事を指すのですが、さすがに駅弁にそんな事は不可能ですから、佐藤水産の独自の技術によって「ルイベのようなもの」を生み出して、それをルイベ漬けと称しています。

鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当


ルイベの他には、サーモンの切り身といくらの?油漬けです。このサーモンは軽く酢漬けにしています。非常にあっさり味なので、濃厚過ぎるルイベとの調和がとれています。




イクラの隣には鮭のミンチなるものが盛り付けられており、こちらは初体験の味です。と言っても上記のサーモンと似たような味わいです。もう少々、とろみがあります。それが海藻の上に乗っています。






この駅弁は、鮭といくらに徹底的にこだわっている事が分かりますね。なおかつ、鮭もいくらも天然物にこだわるのが佐藤水産のポリシーと言う事ですから、旅人としては、余計に嬉しくなってしまいます。北海道での佐藤水産の評価が高いのも、実に頷けます。

東京駅や京王百貨店で売られるのは、内地でもお弁当としての人気が高まっている事を示しています。こういった「新しい駅弁業者」の伸張によって、駅弁業界に新陳代謝が起きる事になります。これは消費者にとっては好ましい事でもあり、そんな意味でも、佐藤水産を応援したい気持ちです。



2019年10月時点の、新千歳空港駅の駅弁ラインナップ


こちらは、鮭のルイベ漬盛り海鮮弁当を購入した時に、妻が撮影した新千歳空港駅の駅弁のラインナップです。こう眺めてみると、佐藤水産の魅力的な駅弁の数々にため息が出ますね。

新千歳空港駅の駅弁

新千歳空港駅の駅弁


この写真には、以前食べた事のある円むすびが、外観をリニューアルして販売されている事が分かります。案外根強い人気の駅弁です。

新千歳空港駅の駅弁


こちらには、2019年12月末に内地で購入したいくら味くらべ丼が置いてあります。

新千歳空港駅の駅弁


人気の石狩鮨のシリーズである、いくら石狩鮨の姿も見えますね。

新千歳空港駅の駅弁


千歳界隈では、新千歳空港駅でお弁当を買わずに、南千歳駅まで一駅乗ってから、まるい弁当さんの駅弁を買いたくなることが多いです。しかし、そうすると新千歳空港駅の駅弁はひたすら買わずに無視する事になってしまいますから、駅弁マニアとしては実に悩ましい事態になりますね。今後は、もう少々、佐藤水産の駅弁も買うようにしたいと思います。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ