箱根山麓豚弁当カルビ&ロース(小田原駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

箱根山麓豚弁当カルビ&ロース(小田原駅)・・・ガッツリと豚肉を食べたい時に

小田原駅の東華軒さんはいくつもの駅弁を製造販売しておられる中で、「赤い肉」系の駅弁は2種類しかありません。赤い肉とは、牛豚肉の事です。1つは新作の駅弁、牛豚鶏の味くらべで、もう1つが以前から売られている箱根山麓豚弁当カルビ&ロースです。

以前は単に「箱根山麓豚弁当」というネーミングだったものが、2018年か2019年かにリニューアルされて、「箱根山麓豚弁当カルビ&ロース」に変更となっています。

箱根山麓豚弁当カルビ&ロース


箱根山麓豚とは何ぞやと思いますね。それは外箱に説明されており、「箱根山西麓の自然豊かな場所で育てられ、肉の繊維が細かく脂質の甘みを出した豚肉」という事で、それを「甘だれ、しぐれ煮でお楽しみください。」と記されています。

いわゆる昔ながらの駅弁業者の作る駅弁は、どれもかなり味付けが甘いことが多く、東華軒の駅弁はそれに輪をかけて甘いような気がします。豚肉を甘だれで楽しむなどと書かれると、異様に甘ったるいのではないかと想像してしまいますが、一体どうだったのでしょうか。まずは動画からどうぞ。




購入データ
購入場所 新宿駅の駅弁屋頂
購入日時 2019年5月26日、午後4時
価格 1080円(税込み)
ラベル表示
箱根山麓豚弁当カルビ&ロースのラベル表示
製造 株式会社東華軒
神奈川県小田原市西酒匂1-3-54
0465-47-1186
http://www.toukaken.co.jp/ekiben.html


 


味わいはややチープだが、肉を食べたという満足感がある駅弁


箱根山麓豚弁当カルビ&ロースを開封してまず感じたのは、どれがカルビなのかロースなのかいまいち分からないという点でしょうか。じっと見ていると、奥側の脂身の多いのがカルビで、手前側の多少赤身の多い肉がロースだと思います。

しかし、食べくらべてみると、はっきりとした違いを感じるまでではないような気がしました。冷えてしまうと、味の違いが分かりにくくなるようです。この駅弁は電子レンジでの加熱が可能で、むしろ温めてから食べたほうが、違いが際立つのかもしれません。

箱根山麓豚弁当カルビ&ロース


カルビとロースの表面の様子です。このようにタレで安易に味付けする駅弁には美味しいものが少ないと思っているので、少々不安に感じましたが、違和感はありませんでした。豚肉の味が濃くて、タレの味に負けていないからかもしれません。

箱根山麓豚弁当カルビ&ロース


大きいサイズにカットされた豚肉の隣には、豚肉のしぐれ煮が添えられていました。

箱根山麓豚弁当カルビ&ロースの豚のしぐれ煮


甘辛というよりも「甘め」に傾いた味加減は、東華軒さんらしいです。カルビ&ロースのタレが想像よりも甘口ではなく、しょっぱさも強く感じたため、甘いしぐれ煮とのバランスが取れていますね。

豚肉のしぐれ煮


ご飯の炊き加減は、お見事でした。豚肉をガッツリと食べる時に、ご飯はそれを受け止める「命」です。米粒がしっかりと立っていて、タレをほどよく吸ったご飯だけを食べていても、軽く一人前は食べてしまいそうなほどでした。




最後に、2016年時点での箱根山麓豚弁当の写真を掲載しておきます。カルビなのかロースなのかハッキリしない豚肉に対して、甘だれと塩だれで味付けしています。半分にカットしたゆで卵が入っているのが、今の見た目との大きな違いでしょうか。

けれども、ゆで卵を省いて、その分、豚肉を二切れ増量してくれたのは、良い選択だったと思います。肉を食べたぞ、という感覚が強く出る事になりました。

小田原駅弁「箱根山麓豚弁当」



新宿における、鉄道の見えるホテル一覧


今回、この駅弁を購入した新宿駅の近隣のトレインビューホテルをご紹介します。利用の際の参考にしてください。

小田急ホテルセンチュリーサザンタワー(高層階から新宿駅を見下ろす)
新宿プリンスホテル(すぐ目の前に、新宿駅に出入りするJR線を見る)
アパホテル新宿歌舞伎町タワー(鉄道と高層ビルの夜景を同時に見る事ができる)


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ