東京しゅうまい弁当(小淵沢駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

東京しゅうまい弁当 & 東京しゅうまい(小淵沢駅)・・・お弁当でもおつまみとしても

小淵沢駅の駅弁業者の丸政さんは、地元甲州の地方色豊かな駅弁を様々に調製される一方、東京などの首都圏を攻略する事も今後の売り上げ増進には必須事項であると考えておられるようで(だとしたら、それは大いに賛同します)、首都圏の人をメインターゲットにしたと考えられる駅弁をいくつか出してきています。

東京しゅうまい弁当


その中でも、思わず私が唸ってしまったのが、ここで紹介する東京しゅうまい弁当です。以前から、お酒のおつまみ的に東京しゅうまい単品は販売しておりましたが(後段でご紹介します)、まさかそれを弁当にまで「格上げ」してくるとは、予想外でした。





東京しゅうまい弁当・・・様々な驚きがあって楽しく食べたのでした


なぜ、山梨の駅弁業者がしゅうまい弁当を売るのかと言えば、しゅうまいを作っている山水楼という中華料理屋さんが、小淵沢の丸政さんが経営するホテルで営業しているからです。元々は山水楼さんは東京に店舗があったという事から、「東京しゅうまい」と銘打っています。

それにしても、首都圏には圧倒的に強力すぎる、崎陽軒のシウマイ弁当なるライバルの存在があります。当然、それを知っていながら東京しゅうまい弁当を発売するのですから、山水楼のしゅうまいの出来に自信があり、おつまみとして販売した分が好調でもあったという事なのでしょう。

また、巨大な市場に打ち勝つ必要などなく、その数パーセントでも「頂戴」できれば、それはそれで作戦成功でもあり、東華軒のシュウマイ弁当なども同様の作戦を展開しているのかもしれません。

もしも一定程度認知されて、「崎陽軒も美味しいけど丸政も美味いから一度食べてみな」という流れになったとしたら、一から新しい駅弁を作り上げるよりも、経営的にはかなり楽に利益に結びつけられるという側面もあります。

と、まあ、そのような小賢しい話しはこれぐらいで止めにしまして、早速中身を見ていきたいと思います。崎陽軒のシウマイ弁当という強敵と、どう差別化を図るのかが楽しみであり、蓋を開ける瞬間は、かなりワクワクしました。

東京しゅうまい弁当


そして、開封して驚きました。これは「九州のかしわめしだ!」と思いました。だとしたら、鳥栖駅の中央軒の焼麦弁当とそっくりで、首都圏ではそのようなかしわめしはありませんから、不思議な差別化をしてきたなという第一印象でした。

東京しゅうまい弁当のご飯部分


ところが、食べてみたらもっと驚きました。「かしわ」だと思っていたものが、何と中華風の「豚肉のテンメンジャン炒め」だったのです。駅弁としては初めて食べる風味であり、もちろんご飯との相性もバッチリな美味しさで、山水楼さんらしさを上手に出した逸品だと思いました。

参考までに、ご飯は茶飯です。ここは、「しゅうまいは白飯で食べたい」と考える人も相当数いらっしゃいそうですから、評価が分かれるところでしょう。私は個人的には、全体のバランスを考えると茶飯で正解だと考えています。

豚肉のテンメンジャン炒め




さて、主役のしゅうまいです。一部に練りからしと醤油を付けてから撮影しています。崎陽軒よりも、割合としっとりとして柔らかめな風味が特徴だと感じます。合計5つの東京しゅうまいが入れられており、分量としても十分ですね。

崎陽軒とどちらが美味しいのかなどは、完全に個人の好みにゆだねられたと感じます。私は崎陽軒のシウマイが絶対的に凄いとは特に思ってはいないので、こちらの東京しゅうまいも美味しいと思いますし、くりかえし飽きずに食べられるなと感じました。

東京しゅうまい弁当のしゅうまい




山水楼さんブランドですから、バリバリの中華風なのではないかと思っていたのに対して、かなり和の要素も入れてきています。厚焼き玉子に蒲鉾、桜人参、そして主菜にもなりうるカレイの西京焼きまで入っていました。




この西京焼きも、コクがあってなかなか美味しかったな。




中華料理屋さんらしく、「上海麩炒め」なる料理も入れられていました。この味覚は日本人としては表現が難しく、ぜひ一度東京しゅうまい弁当を買っていただく事で、ご自身で判断して頂きたいなと思います。全体的に、中華と和風の折衷弁当といった風に出来上がっているのでした。




この駅弁、新宿駅から中央本線を走行する特急あずさ号やかいじ号の新型車両、E353系に乗車して食べたいお弁当だなあと感じます。「東京しゅうまい」を沿線の小淵沢駅の駅弁業者さんが製造しているとなると、なかなかE353系に似合う駅弁なのではないでしょうか。

(そういう意味では、新宿弁当なども特急あずさに似合う駅弁ですね。E353系あずさ弁当については、そのものズバリ過ぎますし、内容としてはお子様ランチですので、除外という事で。)


●東京しゅうまい弁当を食べてみた時の動画




購入データ
購入場所 新宿駅の駅弁屋頂で購入。
購入日時 2019年2月19日に購入。
価格 1080円(税込み)
ラベル表示 東京しゅうまい弁当のラベル表示
製造 株式会社丸政
山梨県北杜市小淵沢町996番地
0551-36-2521
http://www.genkikai.org/ekibentou.html



東京しゅうまい・・・単品での販売分は、おさけのおつまみとして最適


こちらは、以前に購入した東京しゅうまいの単品です。こちらも新宿駅で購入しています。高原野菜とカツの弁当に入れられている、「丸政のチキンカツ」単品と共に売られていたのを発見して、即買いしています。

東京しゅうまい


この商品は丸政のチキンカツ同様、気密包装がなされています。写真はその包装を取り外したところです。12個のしゅうまいが並んでいます。

東京しゅうまい


包装されていたせいか、かなりしっとりとしたしゅうまいになっています。マスタードと醤油を付けて、頂きます。やー、このしゅうまいも美味しいですね。ビールが進みます。チキンカツと一緒に、おつまみとして購入するのも良いですね。味に変化が出ますし。

東京しゅうまい


丸政のチキンカツも、この東京しゅうまいも、単品で購入してご家庭でお惣菜として召し上がるのも良いかもしれません。子供たちなどは大喜びでしょうから、見かけたら自宅へのお土産的な扱いとして、買ってみてはいかがでしょうか。



小淵沢駅近辺の中央本線の、鉄道の見えるホテル


山梨県の丸政さんの営業エリア周辺のトレインビューホテルが、下記になります(長野県も含んでいます)。お部屋で鉄道を見ながら食べるのも、またなかなか良いです。

宿泊施設 見える路線 特 徴
サンパークホテル内藤(甲府駅) 中央本線、身延線 甲府駅すぐ。隣は甲府城。
ホテル花いさわ(石和温泉駅) 中央本線 石和温泉駅から徒歩数分。周囲の山岳眺望も良し。
茅野ステーションホテル 中央本線 茅野駅徒歩2分。
上諏訪ステーションホテル 中央本線 上諏訪駅徒歩3分。
ホテルモンターニュ松本 中央本線 松本駅徒歩すぐ。コンビニが無い出口のため、駅構内のコンビニ利用の事。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ