おにぎり弁当(西武秩父駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

おにぎり弁当(西武秩父駅)・・・安上がりだが気軽に食べる事ができる

西武鉄道の横瀬車両基地で開催される、「ちちぶ車両基地酒場2018in横瀬」というイベントに行ってきました。歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんをキャラクターにしたラッピング電車として活躍した、いわゆる「ピンク電車」が、イベント終了後に解体されます。

当サイト管理人は西武鉄道沿線民ですから、インパクト大だったピンクの9000系電車の最後の姿を見ておきたく、秩父の横瀬に出向いたわけです。

ちちぶ車両基地酒場2018in横瀬のピンク電車


そしてその直前、西武秩父駅に隣接してオープンした「西武秩父駅前温泉 祭の湯」を訪問して温泉に浸かり、ついでに(というかこちらが目的なのですが)売店に立ち寄って、復活した西武秩父駅の駅弁を買ってきました。これはそのうちの1つである、おにぎり弁当です。

西武のピンク電車と同様のピンク色をした、六角系の箱の駅弁ですね。とはいえ、市販の紙製のお弁当箱を使用したものではあります。改札外のすぐ隣の売店で売っている、コンビニ弁当ではないお弁当ですから、駅弁と読んでも良いかもしれません。

おにぎり弁当(西武秩父駅)


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」売店にて購入。祭の湯の売店と言っても、駅の改札口(改札外)のすぐ隣です
購入日時 2018年11月18日、午前10時に購入。
価格 800円(税込み)
ラベル
表示
おにぎり弁当(西武秩父駅)のラベル表示
製造 あがつま
埼玉県秩父市熊木町16-7
0494-22-3016

ホームページはありません。西武秩父駅から5分弱の所にあるお弁当屋さんです。下記、グーグルストリートビューで見たあがつまさんの外観です。朝5時から10時までの午前中に調製するようです。

販売 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」売店
・営業時間:6:30~20:30
・電話:0494-22-7111(代表)
https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/miyageichi/index.html





西武秩父駅の「お子様ランチ」という扱いでよろしいかと思います


「おにぎり弁当」というネーミングもそっけなく、あまり期待しないで開封してみたところ、中身はこのようなお弁当なのでした。3種類のおにぎりと、洋風ランチ的なおかずの組み合わせですね。そこに、デザートとしてゼリーが添えられています。

おにぎり弁当(西武秩父駅)


おにぎりは、綺麗な形に整えられているなと言うのが第一印象です。おにぎりではなくて白飯を入れるのでも駅弁としては同じようなものだと思いつつも、それだと更にチープになってしまいますので、せめてご飯だけでもと握った感じでしょうか。

おにぎり弁当(西武秩父駅)


おかずの、ハンバーグ、海老フライ、鶏の唐揚げ、かに玉です。ハンバーグの下に、スパゲティやレタスが添えられています。添付のソースをかけて食べますが、味わいとしては見て想像されたものと同一と言って良いかと思います。

おにぎり弁当(西武秩父駅)


おにぎりは、中央部の梅干しおにぎりの他には、鮭とタラコが入っていました。こちらは鮭。




そして、タラコですね。タラコを見ても分かる通り、なかなかこれもチープです。




そしてデザートもチープ・笑。これで800円ですから、人によっては価値と価格が釣り合っていないと憮然とする人もいらっしゃるかもしれません。




ただ、私はこういった駅弁も、嫌いではありません。駅弁だけに許された独特のチープ感というものがあって、西武秩父駅のおにぎり弁当は、まさにそれに該当するように思います。極限までチープなのではなくて、ツンとすましたチープさでしょうか。

コンビニのように、製造が大量生産という事でもありませんし、どうしても製造コストが高くなって、1個あたり800円のお値段が付いてしまうのは仕方が無いところでしょうか。「だったらコンビニ弁当で良いじゃないか」という声も聞こえてきそうで、その声にあがなうのは少々難しいかなと思いつつも、まるでお子様ランチでも食べるかの如く、ペロリとおにぎり弁当を平らげてしまったのでした。

しかし、実はこの調製元は、やはりわざとチープな弁当を作っているのだと分かる事例があります。調製元のあがつまさんは、同じおにぎり系の別の駅弁で有る秩父おむすびなるお弁当も取り扱っており、その出来栄えはおにぎり弁当と全く異なって、女性に好まれる可愛らしくも上品なお弁当です。

つまり、品よく食べたい時は秩父おむすびを買い、B級感のあるものを食べたい場合はおにぎり弁当を買うという、その日の気分によって消費者が「使い分け」できるようになっているのですね。意外と侮れない、秩父の駅弁なのでした。


参考埼玉県の鉄道の見えるホテルの一覧ページ


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ