大阪名物たこやき御飯(神戸、大阪、京都など)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

大阪名物たこやき御飯(神戸、大阪、京都など)・・・笑っちゃうほどのユニークな駅弁

今回は、「ここまでやるのか!」と大いに驚いた駅弁です。関西最大の駅弁業者、神戸の淡路屋さんが製造した大阪名物たこやき御飯です。大阪人は「炭水化物をおかずにしながら炭水化物を食べる民族である」とは聞いておりましたが、まさかそれを駅弁で表現してくるとは想像していませんでした。

外箱にも、「ごはんのおともはたこやきでっせ」と書かれています。この大阪名物たこやき御飯を購入したのは首都圏の上野駅。そういった文字を見ると、小馬鹿にされたような気分になります・笑。

外箱の雰囲気は、以前に新大阪駅で購入した淡路屋さんの大阪のトンテキ弁当を思わせるB級感が漂っていますね。でも、こういう駅弁は、実際に食べてみると美味しい事も多く、案外楽しみでもあったのでした。

大阪名物たこやき御飯


もう能書きは止めて、さっそく中身を見てみましょう。開封してみると、まさしくタコ焼きが主役の駅弁である事が分かります。今まで有りそうで無かった駅弁ですから、これはかなり嬉しく思いました。開封した瞬間、面白さにニヤケてしまいましたね。

大阪名物たこやき御飯


タコ焼きと言っても、出来立てのアツアツではなくて、駅弁ですから冷え冷え状態です。果たして大阪人は、このようなタコ焼きを食べるのでしょうか? そんな若干の疑問も抱えつつ、大阪名物たこやき御飯を自宅に持ち帰って、大事に食べたのでした。


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 上野駅の駅弁屋匠にて購入。
購入日時 2018年11月7日、午後1時半に購入。
価格 1000円(税込み)
ラベル表示
大阪名物たこやき御飯のラベル表示
製造 株式会社淡路屋
神戸市東灘区魚崎南町3-6-18
078-431-1682
http://www.awajiya.co.jp/
いつも全ての駅弁が載っている訳ではなさそうです。要改善ですね。





日本で一番、たこ焼きを食べさせてくれる駅弁なのでした


改めて見てみると、「通常サイズ」のたこやきが、8つ入れられています。ここまで潔くガッツリとたこやきを入れられると、関東人としては、笑っちゃうしかありませんね。

大阪名物たこやき御飯


付属している中濃ソース(2袋)とかつお節(1袋)をかけて、「完成」させます。見事です。まさに大阪のたこやきです。素晴らしい。軽く感動。

大阪名物たこやき御飯


そして、そのたこやきを「おかず」にして、このたこ飯を食えという訳です。流石にそんな文化は関東にはありませんから、私は別々に食べました。たこ飯となっているので、別々にも食べる事ができて、親切ですよね。これが白飯だったら、かなり困惑していた事でしょう。

大阪名物たこやき御飯のたこ飯


このたこ飯、同じく淡路屋さんが調製するひっぱりだこ飯と同じものが入っているのだと思います。この駅弁業者にタコの駅弁を作らせたら、右に出るものはいないかもしれませんね。




付け合わせは、カボチャ煮とサツマイモの甘煮と、そして何故かまたしてもタコ煮が入っています。どこまでタコを食わせようという気なのか・笑。




単なる茹でキャベツが入るところが、実に大阪らしいです。本当ならばキャベツをぶった切ってそのまま入れたかったのだと思いますが、生ものは傷みやすいので、弁当としては茹でる事が必要だったのでしょう。

大阪の居酒屋に入って付き出しにキャベツのぶつ切りを出されて、大いに困惑した思い出がよみがえってきました。慣れると、あのキャベツが実にサッパリして美味いんですよね。そんな大阪の大衆文化を連想させる駅弁なのです。うん、素晴らしい。




そして、肝心のたこやきに戻ります。どこからどう見ても、大阪のタコ焼きですね。これをガブっと食べると・・・・冷えたタコ焼きを食べる事は普段はあまりありませんから、不思議な感覚になりました。




たこやきという食べ物は、案外冷えていても美味しいのですね。もちろん中がトロトロしているという事もありませんが、決して不味いとかそういう事はなくて、「案外イケるじゃん!」という感想なのでした。

この駅弁、レンチンしたほうが、より美味しく頂けるかもしれませんね。本当はそれをやりたかったのですが、初めての大阪名物たこやき御飯ですから、最後まで「売られていた状態のまま」で食べてみたかったのです。




・・・・とか言いながら、たこやきの残り4つには、冷蔵庫から出してきたマヨネーズを付けて食べちゃいました。ごめんなさい。つい、マヨネーズ味も試してみたくなったのです。ははは。マヨネーズを付けても美味しいので、ぜひマヨネーズパックも入れて欲しいと思いました。




大阪名物たこやき御飯を完食して、当サイト管理人としては、かなり気に入りました。東日本に住む人間が出張や旅行で大阪を訪問して、帰り際に駅でこれを見掛けたとしたら、買う人も多いのではないかと思います。

大阪人からしたら「冷えたたこやきなど食べるに値しない」と思う可能性はあるでしょうが、旅の思い出としてはこれほど印象に残る駅弁は無いと思います。冷めても美味しいたこやきを作り上げた淡路屋さんに、拍手を送りたいと思います。

なお、大阪名物たこやき御飯を食べた時の動画も撮っておきましたので、貼り付けておきます。あわせてご覧いただければ幸いです。




参考大阪市内&大阪府の鉄道の見えるホテル一覧
参考近畿地方における鉄道の見えるホテル一覧


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ