牛すきと牛焼肉弁当(東京など首都圏各駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

牛すきと牛焼肉弁当(東京など首都圏各駅)・・・2種類の牛肉を味わえる駅弁

今回ご紹介するのは、首都圏の駅弁、あったか牛たん弁当です。これを購入したのは、所沢西武百貨店の地下食品売り場です。日本レストランエンタプライズの子会社、日本ばし大増さんのお店で購入しています。

牛肉のすき焼きと牛の焼肉の両方が入っていますから、誰だってこの駅弁が店頭に並んでいたら気になると思います。つい、手が伸びてしまうと思います。私もそうでした。

牛すきと牛焼肉弁当


これを食べてみたところは、以下の動画にも記録しておきましたので、まずはご覧ください。




購入データ
購入場所 所沢西武百貨店の地下食品売り場の日本ばし大増の店舗。
購入日時 2018年10月22日、午前11時半過ぎに購入。
価格 1250円(税込み)
ラベル表示 牛すきと牛焼肉弁当のラベル表示
製造 株式会社日本ばし大増
東京都荒川区西尾久7-48-1
電話:03-3810-7334

日本ばし大増の関東各地の店舗については、以下の食べログにまとめて掲載されていましたので、お近くの店舗をお探しください。
https://tabelog.com/grouplst/G02108/
販売 株式会社日本レストランエンタプライズ
東京都港区高輪二丁目19番13号 高輪センタービル

http://www.nre.co.jp/ekiben/tabid/227/Default.aspx





特にすき焼き部分の美味しさに注目したい駅弁


開封してみますと、牛肉だけでなく、中心部分に添えられた味付け玉子の圧倒的な存在感にも驚かされますね。東京の駅弁で、ここまで卵を目立たせたものは、かつて無かったと思います。

牛すきと牛焼肉弁当


順序が正しくないかもしれませんが、煮卵をまずはご覧いただきましょうか。丸々と1個、卵が入れられていると、どうしてもそこに目が行きますので。

牛すきと牛焼肉弁当の煮卵


ガブっと齧った、半熟気味の玉子です。この玉子と、牛肉がよく合うんだな。




牛肉のすき焼きの部分です。東京風の、甘辛のすき焼きで、良く出来ていますね。日本レストランエンの駅弁も、このレベルまで到達すれば、もう何も言う事はありません。




一方で、牛焼肉はイマイチだったかな。外箱には「網焼きの牛カルビ」と書かれているのですが、網で焼いた風には全く見えませんし、そんな味わいもしませんし、そもそも牛カルビらしい美味しさにも欠けるような気がします。このコーナーは、要改善だと思いますね。




すき焼きのコーナーはとにかく美味しいので、そこに戻りまして、すき焼きと一緒に入れられていた麩の煮付けの部分です。タレが浸みこんでいて、ジューシーな味わいが良いですね。




また、麩と共に盛り付けられている結び白滝煮です。ほどけないので、このまま一挙に食べました。白滝など「増量剤」のように見えなくもありませんが、甘辛の出汁と馴染んで、これ単体で納得の味わいだと感じました。




最後に、ご飯です。すき焼きの部分のご飯を写しています。ご覧の通りおつゆが絡んで、これだけで茶わん一膳くらいは、軽く食べる事ができそうなほどでした。




東京の駅弁業者、日本レストランエンエンタプライズの牛肉の駅弁としては、以前から牛肉弁当が存在していました。牛肉弁当は2018年の7月にリニューアルしており、恐らく牛のすき焼きの部分は、「牛すきと牛焼肉弁当」のすき焼き部分と共通だと思われます。

すき焼きだけを食べたい人は牛肉弁当を、そして焼肉も同時に味わいたい人は、このページでご紹介している牛すきと牛焼肉弁当を購入すると良いでしょう。

参考東京の鉄道の見えるホテル一覧


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ