長崎街道弁当(長崎駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

長崎街道弁当(長崎駅)・・・1080円でここまで豪勢な駅弁だとは驚きです

長崎旅行の帰途、福岡市に宿泊しました。そしてホテルで長崎駅の駅弁を食べようと思い、長崎駅でわざわざお弁当を買って、列車に乗車しています。

福岡ならば博多駅で駅弁を買えば良いのですが、福岡に行くよりも長崎に行くほうがはるかに頻度が低いので、持ち運びの手間を考えても、わざわざ長崎で買ってしまいますね。

長崎駅の駅弁一覧(2018年)


今回購入したのは、上の写真の左側に写っている、長崎街道弁当です。長崎から福岡県への道程をよく表している、ピッタリなお弁当に落ち着きいたのでした。特急かもめに乗れば、まさに「長崎街道」ですね。(ただし今回は長崎本線の各駅停車の旅でしたが)

長崎駅の特急かもめ


さて、今回は福岡市のホテルニューガイア薬院にて旅装を解き、旅も終わりと言う事で、実にくつろいで長崎街道弁当と対面しました。写真を見ると扁平な外観に見えるでしょうが、実は二段重ねで嵩の高い駅弁です。無理やり掛け紙でくるんでいます。

長崎街道弁当(長崎駅)


掛け紙を取ると、このような外観です。籠に乗って長崎街道を旅する、お殿様のイメージでしょうか。この外観は、金沢駅の利家御膳に非常に良く似ています。あれは素晴らしい駅弁だったので、それに似た姿に、期待感で胸が一杯になりました。腹はペコペコですが・笑。

長崎街道弁当(長崎駅)


そういえば、長崎街道弁当とよく似たネーミングの駅弁に、博多駅で売られている長崎街道という駅弁も食べた事があります。鳥栖の中央軒さんの駅弁であり、今回購入した長崎街道弁当とネーミングもコンセプトも瓜二つです。

長崎街道の中間駅に位置する鳥栖の駅弁屋さんが作ったものと、終点の長崎の駅弁屋さんがつくったものの、どちらの「長崎街道」が美味しいのか、食べ比べするのも楽しいですね。


購入データ
購入場所 長崎駅構内のお土産物売り場、長崎名品蔵にて購入。
購入日時 2018年9月1日、正午近くに購入。
価格 1080円(税込み)・・・この値段は信じられません。
ラベル表示 長崎街道弁当のラベル表示
製造 いずや弁当(株式会社クレインいずや
長崎市麴屋町4-4
095-824-7101
http://www.izuya-bentou.com/

街のお弁当屋さんとしてのホームページであり、駅弁が掲載されていないのはとても惜しい事です。
予約 駅弁の取り置きについては、長崎名品蔵まで。
095-808-1230





長崎をイメージするお料理を詰め込んだ駅弁です


長崎街道弁当を開けてみますと、このような華やかさを感じる駅弁でした。素晴らしいです。長崎街道弁当というネーミングでも、到達地の長崎にフォーカスしている雰囲気を感じます。

長崎街道弁当(長崎駅)


ユニークな駅弁としての外観も含めて、長崎街道弁当を動画でも記録しておきましたので、こちらもあわせてご覧ください。




下段の、ご飯から。何となくかしわめし風ですが、実はお肉は豚肉のそぼろ煮となっています。錦糸卵とピンク色のおぼろと三色に組み合わせており、彩り豊かです。

この色合い、どこかで見た事があるなと思って記憶を手繰り寄せていたら、長崎市内の老舗の茶碗蒸し料理屋さんの「吉宗」さんの蒸し寿司の上に配されているものと同一だと思い出しました。だとすると、まさしく長崎のイメージです。

長崎街道弁当(長崎駅)


しかも、ご飯は酢飯です。まさしく蒸し寿司を連想させました。ただし酢飯は五目ご飯風であり、ゴマの風味も効いています。酢飯に豚肉のそぼろという組み合わせは、長崎らしいですね。




酢飯の上におぼろを乗せて食べると、まさに長崎の蒸し寿司を思い出しました。




上段の、おかず部分です。デザートも含めて、小気味よく盛り付けられている感じですね。




魚料理は、照り煮です。お魚の種類ははっきりはしませんが、ブリだと思います。濃い目の甘辛の煮付けではありますが、旨みをとても感じました。




長崎らしく、豚の角煮も入っています。サイコロ状のけち臭いものではなく、大きめのものがひと切れ入っていて、好感が持てます。もちろん、非常に美味かった。




練物は2つ。1つはさつま揚げですね。




そしてもう1つは、鮮やかな色合いのものも入っていました。長崎名物の「ハトシ」にも似た色合いであり、こういうところもまさしく長崎らしいなと感じました。強引ですが、孔子廟の色合いにも似ているような気がします(スゲー強引・笑)。




なますです。実にサッパリして口直しにちょうど良かったです。




煮物も、優しい味わいであり、美味しかったな。関東や東北の駅弁に入っている煮物のような妙に醤油味が強いものではなく、出汁の風味がしっかり出ている煮物なのでした。




以上の長崎街道弁当を食べた感想としては、「お殿様もさぞ喜ぶであろう」という事でしょうか。長崎らしさが表現されていると思います。残念なのは、掛け紙にお品書きが書かれていない点です。せっかく「長崎料理」に舌鼓を打てるのですから、メニューくらいは入れて欲しいと思いますね。

中央軒さんの「長崎街道」との比較対決は、甲乙つけがたいといったところです。九州の駅弁はレベルが高すぎて、本当に勝敗などは簡単には決められないのであります。食べ終わって、最高に満足した一日になった事だけは確かです。



長崎駅に近い、鉄道の見えるホテルはここ


長崎駅は、意外にも鉄道の眺めが抜群のホテルが有りません。かろうじて以下の2つのホテルから、JR線を眺める事ができます。鉄道ファンならば、長崎旅行の際に利用しても良いでしょう。

JR九州ホテル長崎
ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ