詰合せ(清水駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

詰合せ(清水駅)・・・実にシンプルな中に、そこはかとない上品さを漂わせる

東海道本線の清水駅に存在する5種類の駅弁のうちの1つが、詰合せです。著しく普通っぽすぎる名称ですが、本来的には駅弁というよりは、お寿司屋さんのお持ち帰り寿司ですので、やむを得ません。

製造するのは、清水の老舗の末廣鮨さん。高級な事でも知られる末廣鮨が、お持ち帰り商品専用のお店として出した「いなりやNOZOMI」で売られているお寿司の1つです。

このように、いくつもある商品の中から、桜えびすしちらしすしいなりすし、いなり・玉子、そして詰合せが、清水駅のキヨスク売店のベルマート清水で売られています。

清水のいなりやNOZOMIで売られているお持ち帰りのお寿司


商品の外観です。掛け紙に汽車ポッポが描かれていて、煙の部分にNOZOMIと書かれています。そこはかとなく駅弁をイメージしており、私はこういう図案は好きですね。

清水駅の詰合せはどのような駅弁なのか、清水まで出かけて購入して、自宅に持ち帰って食べてみましたので、ご紹介したいと思います。

詰合せ


データ(2018年8月時点)
購入場所 静岡市清水区の末廣鮨さんの売店「いなりやNOZOMI」にて購入。
購入日時 2018年8月23日の正午過ぎ。
価格 500円(税抜き)・・・信じられない安さです!!
ラベル表示 詰合せ(小)のラベル表示
製造・販売 末廣鮨「いなりやNOZOMI」
静岡県静岡市清水区江尻東2-5-29
電話:054-367-8872
http://shimizu-suehiro.jp/associate/index.html

なお、水曜日が定休日です。水曜日はベルマート清水店での駅弁の販売はありません。
清水駅での販売 ベルマート清水(東海キヨスク株式会社)
電話:0543-63-5605
営業時間:6:30 ~ 21:40





稲荷寿司、玉子巻き、太巻きともに、満足かつ納得の味でした


開封してみます。一目見て、上品な詰め合わせに軽い感動を覚えました。稲荷寿司と玉子巻きと太巻き。たった3つで、これほどまでに気持ちの和む雰囲気を出せるとは、質の高い職人技だと思います。

詰合せ


お稲荷さんです。これと、玉子巻きの味に関しては、いなりすし&いなり・玉子のページをご覧ください。それらがどれほどまでに優れた逸品なのか、ご理解いただけると思います。




ジューシーなお稲荷さん。このおつゆが、美味しさの秘訣でもありますね。




太巻きです。お米が美味しそうに見えますね。胡瓜と玉子焼きとかんぴょうが具です。




具の部分を拡大です。かんぴょうと胡瓜。ごく普通のありふれた具材なのに、どうぞしてここまでに品の良い味になるのか不思議で仕方がありません。いわゆる駅弁屋が作るお寿司と、本業の寿司屋が作るお寿司の違いが現れていると思います。食べる価値が、大アリです。




今回ご紹介している詰合せの正式な名称は「詰合せ・小」です。いなりやNOZOMIの店舗に行くと、「詰合せ・大」もあり、太巻きが2種類と海苔巻きも入っています。

清水駅でお弁当を食べつくしたら、駅から歩いて10分ほどのところにある、末廣鮨さんのいなりやNOZOMIのお店を訪問するのも楽しいと思います。

なお、詰合せを開封して食べるまでを動画にも掲載しています。あわせて、こちらもご覧いただければ幸いです。




参考清水駅のトレインビューホテル・ホテルビスタ清水


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ