特製おつまみ弁当祭(東京駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

特製おつまみ弁当祭(東京駅)・・・酒飲みの心をギュッと掴む傑作

駅弁は、何故だかお酒と共に楽しみたいという気分になります。未成年者には分からない感覚だと思いますが・・・。旅に出ると、駅弁を食べながらビールを飲むのが無上の喜びだったりします。

そのような吞兵衛の気持ちを汲み取ったかのような駅弁が、近年は色々と登場してきています。この数年では、既に販売が終了してしまった夕刊フジ・おつまみ弁当神奈川名選つまみぐい弁当、直近では、首都圏のつまんで良し、食べて良し「酒肴弁当」がネーミングからしてドンピシャですし、青森県の弘前駅のひとくちだらけも、どう考えても酒飲みのために作ったとしか思えません。

そして、そのひとくちだらけを「パクったでしょ??」と言いたくなるような素晴らしい駅弁が、売りだされています。特製おつまみ弁当祭です。

特製おつまみ弁当祭


当サイト管理人は、東京駅の「駅弁屋祭」にて購入しており、もしかしたらその売り場で販売する事を前提にした駅弁なのかもしれませんね。製造元の大船軒さんは、今では駅弁屋祭を運営する日本レストランエンタプライズの子会社ですし。

そんな特製おつまみ弁当祭を開封してみましたので、以下、ご覧くださいませ。




購入データ
購入場所 東京駅の駅弁屋祭グランスタ店で購入。
購入日時 2018年8月5日、午後5時すぎに購入。
価格 1300円(税込み)
ラベル表示 特製おつまみ弁当祭のラベル表示
製造・販売 株式会社大船軒
神奈川県鎌倉市岡本2-3-3
0120-014541
http://www.ofunaken.co.jp/free/menu





多品種少量の楽しさを存分に味わおう!


特製おつまみ弁当祭は、まさしく「お弁当のお祭り」という雰囲気が漂う駅弁です。蓋を開けると、15個の枡に整然と並んだ食べ物が、まさに壮観です。ご飯ものは中心の15番(下記)の部分に僅かながら有るだけで、それ以外は全てお酒のおつまみになっています。

特製おつまみ弁当祭


上記の番号と、それに対応するメニューを記しましたので、食べる際の参考にして下さい。

1.枝豆と鶏肉の梅肉和え
2.ラタトゥイユ
3.玉子焼きと紅白蒲鉾
4.鶏団子の甘酢餡
5.炙りしめ鯖と紅白なます
6.三種の煮物
7.豚肉の黒胡椒炒め
8.小鯛の一口ちらし寿司
9.キャロットラペ
10.牛肉とごぼうの甘煮
11.竹輪の磯辺揚げ
12.三浦ひじきと油揚げの煮物
13.グリ茶の羊羹
14.鯖の塩焼き生姜の甘酢漬け添え
15.鎌倉ハムのポテトサラダ



東京駅の駅弁屋祭には、実は駅弁屋専用ビールなどのアルコール類も販売しています。特製おつまみ弁当祭を食べるのであれば、セットで買いたいお酒です。

駅弁屋のビール


このように、ビールを2種類と、日本酒1種類を買い求め、万全の態勢を整えたのでした(^^♪

駅弁屋のビールと日本酒


枡が15個もあると、実は写真に撮るのが意外と難しかったりします。写真撮影は、主役と脇役がはっきりしていないと、上手く撮れないのです。特製おつまみ弁当祭は、全ての食材が主役なのでした。



特製おつまみ弁当祭


唯一のご飯である、小鯛のちらし寿司をアップで撮影。オヤジが一杯やりながらつまむようなものではなく、品の良い女性が食べるような、たいへん美しいお寿司になっています。

特製おつまみ弁当祭


出張の帰途、東海道新幹線や東北新幹線に乗って、特製おつまみ弁当祭を食べつつビールを飲みながら、同僚と「ああでもないこうでもない」と言い合って楽しく時を過ごすようなイメージが、この駅弁にはあります。

このような「多品種少量生産」のような、おかずが満載の駅弁を食べると、かなりの手間がかかっているだろうと言う事を想像してしまい、頭が下がる思いです。

首都圏で製造販売される駅弁は、昨今ではかなりのハイレベルなものばかりになった印象です。「庶民の味方」として、これからも意欲的な駅弁を、たくさん楽しませてほしいなと思います。


参考神奈川県の鉄道の見えるホテルのページ


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ