石狩鮨(新千歳空港駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

石狩鮨(新千歳空港駅)・・・大きな弁当会社なのに自然な風味というのが素晴らしい

札幌を往復する寝台特急北斗星やカシオペアが無くなってしまって、北海道の往復にはすっかり、航空機ばかりを利用するようになりました。実に、味気ないものです。しかし、新千歳空港は多数の人で賑わっており、鉄道ファンのボヤキなどは関係ありません。

そして、「人の集まるところに弁当あり」・・・新千歳空港駅にも駅弁が売られています。その実態は「空弁を駅でも売っています」というだけの事であり、どうも買いたい気分になれませんでした。

今まで食べた空弁兼駅弁は、円むすびかに鮨、たらば蟹鮨の3種類です。それ以外は、常に気になる存在ではあるものの、ちらりと横目で見ながら通り過ぎていました。

新千歳空港駅の駅名板


2018年6月の北海道鉄道旅行の最後にも、やはり飛行機に乗るために、新千歳空港駅にやってきました。従来ならば素通りするのでありますが、実はその直前に「道内の食べ納め」として食べた海鮮七福弁当があまりに不味く、「どうにも我慢ならぬ」と感じて、最後の最後の食べ納めとして、新千歳空港駅で何か買おうと思った次第です。

新千歳空港駅で売られている駅弁


いやいや、色々と有って、壮観ですね。かつての「駅弁の賑わい」を感じます。長距離の移動はもはや主役が完全に飛行機になってしまった事をまざまざと思い知らされます。以前食べた円むすびも、リニューアルされて売られていました。その姉妹製品の存在も気になります。

新千歳空港駅で売られている駅弁


売られているのは、道内で有名な佐藤水産のお弁当です。新製品も盛んにアピールされており、勢いがあって良い感じです。

新千歳空港駅で売られている駅弁


迷った挙句、結局買ったのは、石狩鮨です。都内でも買う事ができる駅弁なのでありますが、佐藤水産の代表作でもあり、「今後は新千歳空港駅の駅弁も心を入れ替えて気合いを入れて食べていこう!」と決意した証として、これを買い求めた次第です。

石狩鮨


購入した際のデータは、以下の通りです。石狩鮨を買い、飛行機に乗せて埼玉の自宅まで持ち運び、旅が終わった安堵感と共に、もちろんお酒も頂きながら、食べたのでありました。

購入データ
購入場所 新千歳空港駅のホームの立ち売り売店にて購入。
購入日時 2018年6月26日、午後1時頃に購入。
価格 1080円(税込み)
ラベル表記
製造 佐藤水産鮨株式会社
北海道千歳市泉沢1007-109
http://sushi.sato-suisan.co.jp/
販売 佐藤水産株式会社
北海道札幌市中央区宮の森3条1丁目5-46
0123-29-3100





大量に作られているのに、素材の味をきちんと引き出した良心的な駅弁


内地に戻り、腹を空かせて石狩鮨を食べます。正直、あまり期待していなかったのですが、それは誤りでした。封を開けると、蟹と鮭の押し寿司が左右に綺麗に分けられて盛り付けられています。

石狩鮨


そして、お弁当の外紙にこのように記されているのが、佐藤水産の勢いを感じますし、品質への自信の表れのような気がします。

そして、なんとこの駅弁(空弁)、いつの間にか発売から40年も経っている、かなりのロングセラーなのです。今でも非常に人気があるそうです。人気のあるブランドを決して傷つける事なく、高いクオリティを維持し続ける姿勢がグッドですね。




実際に食べてみて、かなり驚きました。量が出回っている駅弁は人工的すぎる味わいのものが多いという傾向があるのに対し、石狩鮨はあまりにも素材の味わいが強く残っていて、素直に美味しいのです。

蟹の身も、濃厚な味を感じる事ができて、信じられないです。写真で見ても、これはまさしく正真正銘の「蟹の身をほぐしたもの」であり、よく駅弁で見かけるような「カニフレーク」とは別物なのではないかと思ったほどです。・・・そうそう、蟹の量もたっぷりと入っています。

石狩鮨


こちらは鮭です。押し寿司の駅弁とはやはり異なっていて、かなりふんわりと乗せられています。酢飯の酸味も強くないですから、実に柔らかで優しい味わいであり、こちらも感心しました。

石狩鮨


そして、食べている最中に「こんなにも自然な感じに作る事ができるとは、信じ難いな」と思ってラベル表示を見てみたところ、なんと、化学薬品の類を一切使っていないのですね。なるほど、これは納得です。どうりで、何の違和感も無く食べられるわけです。

今回、佐藤水産の駅弁にすっかりと感心してしまった私は、間違いなく今後も新千歳空港駅のホームの売店で売られている弁当を、買い求める事と思います。北海道に行く、新たな楽しみを見出したような気がします。

なお、本ページの石狩鮨については、開封してから食べるところまでの一連の流れを動画にも記録しています。興味があればご覧ください。




いくらが追加されている姉妹商品「いくら石狩鮨」も美味しい


2018年10月には、その派生商品であるいくら石狩鮨を食べています。この時は、北海道出身の妻が里帰りした際に、帰途に、新千歳空港駅でお土産として買ってきてもらいました。

いくら石狩鮨


既にご紹介した通常版の石狩鮨に、いくらが追加されたバージョンです。スタイリッシュな感さえ漂う、あるいは王者の風格すら感じる、今や北海道を代表する駅弁に成長しました。

いくら石狩鮨


いくらの部分です。流石に北海道から埼玉県にお土産として持ち帰ると、若干、いくらが疲れてしまっておりますが、これは仕方がありませんね。

いくら石狩鮨


でも、いくらの味は確かであり、北の味覚を賞味する嬉しさに溢れる駅弁なのでした。

いくら石狩鮨


この他に、石狩鮨には「かにいくら石狩鮨」や、「ミニ石狩鮨さけいくら」「ミニ石狩鮨かにいくら」などのラインナップがあります。折を見てそれらを食べて、本ページにてご紹介したいと思います。

(2018年10月16日に新千歳空港駅のホームの駅弁売り場にて購入、1150円。)



新千歳空港駅周辺の鉄道の見えるホテル


以下の通りです。千歳ステーションホテルは空港からも遠くありませんから、オススメですね。

千歳ステーションホテル 千歳線千歳駅 千歳駅直結の駅前ビル。
えにわステーションホテル 千歳線恵庭駅 恵庭駅徒歩30秒。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ