えべっさん鯛めし(神戸、大阪、京都など)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

えべっさん鯛めし(神戸、大阪、京都など)・・・何気に美味いぞこれ!

神戸の淡路屋さんは、関西圏最大の駅弁業者さんです。首都圏でも東京駅や新宿駅で淡路屋さんの駅弁を買う事ができるので、ときおり購入しては関西の駅弁を楽しんでいます。

今回は新宿駅で見かけtたえべっさん鯛めしを購入しています。「西宮名物」という文字に目が行きますが、関東人の私には一体何が西宮名物なのか全く分かりませんし、「えべっさん」自体も知りません・苦笑。だからこそ、つい買ってしまった次第です。

えべっさん鯛めし


購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 新宿駅の駅弁屋頂にて購入。
購入日時 2018年4月13日、正午に購入。
価格 1100円(税込み)
ラベル表示
製造 株式会社淡路屋
神戸市東灘区魚崎南町3-6-18
078-431-1682
http://www.awajiya.co.jp/
いつも全ての駅弁が載っている訳ではなさそうです。要改善ですね。





鯛を中心にして、その他の食材と上手くマッチングした味に仕上がっている


一体何が西宮名物なのかなと開封すると、小気味よい大きさにカットされた鯛の味噌焼きが並べられていました。また、鯛のほぐし身も入っていて、まさに鯛めしです。でも、「西宮名物えべっさん」とのかかわりなど一切説明が無いので、ネットで調べてみました。

そうしたところ、西宮神社と言うところで開かれる関西としては非常に大きな祭典、「十日えびす」の事をえべっさんと呼ぶのだそうですね。
http://nishinomiya-ebisu.com/event/event01.html

そして、このお祭りでは大マグロと大鯛を奉納するのが習わしになっているらしく、そこからこのえべっさん鯛めしにつながるという訳です。なるほど~。そんな神社があること自体も、初めて知りました。駅弁によって、ひとつ知識が増えた格好です。いつか西宮神社に行ってみたいな。

えべっさん鯛めし


それにしても、鯛は良いですが、できればマグロも入れて欲しかったなあ。マグロの代わりにはなりませんが、海老煮が入れられているのがアクセントです。

えべっさん鯛めし


鯛の味噌焼きを食べてみます。鯛は豪華な食材ですが、駅弁としては味が淡白すぎるので、少々工夫が必要だと思います。その点に関しては、味噌焼きとする事で旨みが増しており、鯛の皮に付いた絶妙の色合いなども良く、満足のいく出来上がりでした。

えべっさん鯛めし


その鯛の切り身と共に、鯛そぼろもしっとりとした美味しさで、醤油飯が進みます。




鯛だけで食べても良いですし、そぼろの隣のひじき煮と共に食べても、海産物の複雑な味わいが舌の上で共演する形になって美味しいです。




ただし、鯛そぼろとひじき煮は両方とも甘いので、量は僅かですが、イクラの醤油漬けと共に召し上がるのがベストかもしれません。鯛そぼろにイクラがこんなに合うなんて、新発見でした。




その他、小松菜のおひたしが入れられていました。ここは、普通ですね・笑。加熱した葉物野菜は、駅弁のおかずとしては難しいと思うので、更なる工夫が必要だといつも感じます。無理して入れる事は無いと思います。色合いの問題で、悩ましい事になりますね。




さて今回も、駅弁を美味しく完食させて頂きました。やはり鯛の味噌焼きが美味しく、メインディッシュが良く出来ていると、満足度が高いですね。

淡路屋さんには今後ももっともっと働いて頂いて、今回のように美味しい駅弁をたくさん販売して欲しいなと思います。同時に、関西に出かけたら、引き続き1日1食は淡路屋さんのお世話になりたいなと思いました(^^♪

なお、外観から中身の状態、そして私が実際に食べてみたところなどを以下の動画に簡単にまとめています。どのような駅弁なのか、動画でも雰囲気が分かると思いますので、ご覧ください。




参考大阪市内&大阪府の鉄道の見えるホテル一覧
参考近畿地方における鉄道の見えるホテル一覧


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ