北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り(摩周駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り(摩周駅)・・・これは外注先が残念過ぎるのか

最近、東京駅の駅弁屋祭に、北海道は釧網本線の摩周駅の駅弁が売られています。今回、その摩周駅のぽっぽ亭さんの駅弁、北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入りを買ってみました。

ぽっぽ亭さんの駅弁は初めての体験で、売り場には同時に、「美味しい」と評判の摩周の豚丼も置いてありました。そちらも買おうかとかなり悩みましたが、一番の名物は現地で買いたいという冷静な判断がどうにか勝り、この北海道産黒毛和牛牛めしのみを買ってまいりました。

北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り


とはいえ、北海道産黒毛和牛牛めしなる弁当が、摩周駅で売られているかどうか、はっきりしません。以前に釧網本線に乗りに行った時に現地で確認した際には、

摩周の豚丼
・摩周のあったか豚丼
・北海道産黒毛和牛すき焼き


の3種類のみの品ぞろえであり、北海道産黒毛和牛牛めしは売っていなかったはずです。という事はこの駅弁は、催事用駅弁という位置づけになるのでしょうか。

そもそも摩周駅の駅弁を空輸してもペイしないと思いますので、当然、外注生産しているはずです。と思い、ラベル表示を見てみると・・・。以下をご覧ください。

購入データ
購入場所 東京駅の駅弁屋祭にて購入。
購入日時 2018年1月19日、午後9時前に購入。
価格 1180円(税込み)
ラベル表記
北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入りのラベル表示

駅弁のラベル表示には、「販売者」としてぽっぽ亭が記されているのみです。通常は製造者と書くところを販売者と書いている場合は、外注工場での生産を意味します。そしてぽっぽ亭の後に「OS」と書いてありますね。どうやら、千葉のオーシャンシステムという会社で生産しているようです。

販売 株式会社ぽっぽ亭
北海道上川郡弟子屈町朝日1-7-18
http://poppotei.wixsite.com/home

ホームページには駅弁情報がありません。改善して頂きたいですね。





いやはやこれは、摩周のぽっぽ亭さんのブランド価値を低下させる弁当だ


では、開けてみましょう。




私は駅弁をこの2年間で600個くらい食べており、こうなってくるとふたを開けただけで美味しいか不味いか、相当程度、判断できるようになりました。今回はこれを見て、そして臭いを嗅いで、「外した可能性が高い」と直感しました。

もう、全体感からして、「工場で作られた工業製品」的なノリを感じます。

北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り


そして、メインの牛肉は、けっこう硬そうです。ところどころ、黄色く囲んだような脂の塊が見えてきて、これも食欲を下げさせます。脂というよりは筋に近い部位かもしれません。

北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り


今回は、北海道出身の妻と取り分けて食べてみました。妻曰く、「・・・北海道らしい味付けだわね(以上)」です・笑。美味しいと感じた時は、もっと色々と言ってくるので、どうやらお気に召さなかったようです。

私が食べてみると、なるほどこれはたしかに北海道風で、必要以上に甘いです。北海道は、こういった甘々な味付けが好まれるんですよね。でもそれは別に良いとして、北海道の黒毛和牛が、こんなにも「吉野家の牛丼」レベルの味わいになるとは、全く解せませんでした。実に、安上がりな味です。

北海道産黒毛和牛牛めし・十勝ワイン入り


副菜です。特に煮物が不味くて閉口しました。ニンジンなど、歯がない老人に食べさせる病院食のようなグチョグチョなものであり、今まで食べた駅弁の煮物の中で最低でした。玉子焼きだって、明らかに手作りではない不味さが漂います。




誠に申し訳ありませんが、3分の1を残して、捨ててしまいました。私は地方の駅弁業者が首都圏の外注工場を使って駅弁を製造するのには賛成しますが、もうちょっと出来上がったものにチェックを入れてみた方が良いと思います。

ちょうど先日、長岡駅の越後長岡海鮮花火弁当を食べたのですが、これもオーシャンシステム製造のもので、大変酷い出来上がりでした。そのようなものを継続して販売されたら、摩周の豚丼として名高いぽっぽ亭さんのブランドを毀損すると思うのですが・・・。

余計なお世話ですが、外注工場としては、羽田空港の空弁業者、日本エアポートデリカさんは美味しく作る事が出来るので、変更を検討していただきたいですね。

あるいは、同じ駅弁だという事で、関東の駅弁業者が製造するという事でも良いと思います。ライバルというのではなくて、共存共栄するというスタンスで、なんとか美味しい駅弁を提供してもらいたいものだなと切に願います。

どうも釈然としないので、いずれ弟子屈町まで摩周の豚丼を食べに行こうと思います。同時に、念のために東京駅でも、摩周の豚丼を買おうかな。美味しくなかったら悲劇だなあ。。。

あ、今や厚岸のかきめしも、千葉のオーシャンシステムの製造だという話を聞いたことがあります。遠くないうちに、かきめしの味もチェックを入れてみなくてはなりません。

参考北海道の鉄道の見えるホテル
参考札幌市の鉄道の見えるホテル


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ