水戸駅の「磯べん」を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

磯べん(水戸駅)・・・アンコウのフライまで入った海の味が濃厚な駅弁

水戸駅には食べたい駅弁がいくつかあるのですけれども、前回楽しみにして訪問した時には時刻が夕方の時間帯で、ほぼすべての駅弁が売り切れていて、昔おにぎりなる、何の変哲もない駅弁しか食べられませんでした。

今回、所用で大宮駅に行ったときに、駅弁屋さんに立ち寄り、新作駅弁との事で目にしたのが、ここでご紹介する磯べんです。「磯」と言う文字に、やたら魅力を感じますね・笑。

磯べん(水戸駅)の外観

磯べん(水戸駅)の中身


開けてみた時の感想としては、盛り付け方が下手だと思いました・笑。なんか、容器によそっただけのように見えて、パッと見、美味しそうに見えないじゃないですか~。

ただ、もくもくと食べ始めてみると、タコの炊き込みご飯が美味い! 外から中身が分からないから想像しにくいでしょうけども、タコがふんだんに入っていて、シコシコとして旨みが出ています。

磯べん(水戸駅)の美味しいタコめし
(それにしても本当に、駅弁としての盛り付けが下手ですねえ・笑)


磯べんと言うくらいですから、美味なるタコめし以外に、あさりの佃煮とアンコウのフライが入っているのが嬉しいです。

磯べん(水戸駅)のおかず


特にアンコウが入っている駅弁なんて、極めて珍しい事ですから、シッカリと食べさせていただきました。本来アンコウは淡白な魚なので、フライとしては白身魚のフライのような味です。

まあ盛り付けが下手とか書いていますけど、食べ終わった感想から言うと、この素朴さがこの駅弁の味わいをいっそう滋味深いものにしていると感じました。

(2015年7月1日、大宮駅で購入。1050円)


 


磯べんを開けてみた動画

磯べんを楽しめる、鉄道の見えるホテルはここ


本来、磯べんの「地元」である、水戸駅周辺の鉄道の見えるホテルが下記になります。あわせて参考になさって下さい。

ホテルメッツ水戸 常磐線、水郡線 水戸駅北口から徒歩1分。
ライフイン勝田駅西 常磐線 水戸駅徒歩1分。ダブルでもシングル程度の料金。
ビジネスホテルふじぬま(友部駅) 常磐線、水戸線 友部駅から徒歩4分



この駅弁屋さんの公式ホームページ

http://www.jrmito.com/ekiben/index.html
(磯弁を作っているしまだフーズのウェブサイトには駅弁情報が断片的にしか乗っていないので、JR東日本水戸支社のウェブページを貼り付けておきます。)

 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ