ソースカツ丼(敦賀駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

ソースカツ丼(敦賀駅)・・・福井県が発祥の地と言われているソースカツ丼を味わえる

福井県でカツ丼と言えば、ソースカツ丼の事を言うらしいですね。私は全く知らなかったのですが、福井県の敦賀駅の駅弁でソースカツ丼が売られているのを見て、それを知りました。

いわゆる駅弁らしい駅弁がそろっている売り場で、一つだけチープな外観のソースカツ丼。以前から気になる存在でしたが、青春18きっぷを使った鈍行旅行の帰途、わざわざ敦賀駅に立ち寄って、ソースカツ丼をゲットしてきました。

ソースカツ丼の外観


敦賀駅の駅弁売り場の店頭で並べられている、美味しそうなラインナップの数々です。写真を撮るときにはソースカツ丼は2個ありましたが、若者が1個購入して残り1つとなってしまって、大慌てで購入いたしました( ゚Д゚)

今回はこの写真の下段右側にある幕の内、角鹿弁当や、中段にたくさん積まれている緑色の外観の鯛鮨と共に購入しています。買った直後は敦賀駅の待合室で角鹿弁当を食べ、帰途の東海道本線の途中で、腹が減ったタイミングでソースカツ丼を食べました。

敦賀駅の店頭で売っているソースカツ丼


下記、東海道本線の掛川駅で、貨物列車を見つつもソースカツ丼をいただいた時の映像を撮っておきましたので、興味があれば動画の方でご覧ください。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 敦賀駅の1階、待合室に隣接する駅弁売り場にて購入。
購入日時 2017年9月3日、午前11時半くらいに購入。
価格 750円。
ラベル表示
敦賀駅のソースかつ丼のラベル表示

製造・
販売
株式会社塩荘
福井県敦賀市道の口62-7
0770-22-4683
http://www.shioso.co.jp/
(駅弁の掲載はありません。非常に困るので、ぜひ改善して頂きたい。)





際立つソースの香り、そしてトンカツのボリューム感が特徴


スーパーかコンビニで売られているかのような発泡スチロール製の容器の蓋を取ると、割合に面積の広いトンカツが、けっこうな迫力でしたね。ぱっと見、以前に食べた西武秩父駅のわらじかつ弁当を思い出しました。

そしてトンカツにライス、紅生姜以外は何も入っておらず、そこはかとなく不健康感が漂ってきて、B級グルメな感じが伝わってきます。こういう駅弁は当たり外れが大きいのですが、果たしてお味の方はどうなのでしょうか。

敦賀駅のソースかつ丼


早速、箸で持ち上げてみると、少しばかりズシリとした重さを感じました。

敦賀駅のソースかつ丼のトンカツ


トンカツを顔に近づけると、ソースの強い香りが鼻を突きました。当然、食べてみると酸味が際立っていました。ただしトンカツの厚さ自体は比較的薄めなので、見た目の大きさよりも食べやすさはあります。カツは、ヒレカツだと思います。酸味があってあっさり味でしょうか。

敦賀駅のソースかつ丼のカツの肉厚


このソースカツ丼、やはり名物らしいというのか、ソースの使用量はかなりの多さでした。トンカツをめくると、ご飯にこれだけのソースが浸みこんでいます。

ご飯の上部でこの状態ですから、容器の下の方のご飯はソースで浸っているような部分もあって、流石にソースが強すぎまして、底の部分はご飯を残してしまいました。申し訳ない。

そしてなるほど、これは育ち盛りの若者向けのカツ丼ですね。値段も安いですし、手ごろに満足できるお弁当として、意外な人気があるのではないでしょうか?

ソースがたっぷりとかかっているご飯


ご飯を残したといっても、このソーストンカツを食べると、18きっぷの長時間乗車の疲れがだいぶ取れるくらいのパワーを感じました。福井名物のソースカツ丼をガッツリ食って、体力を付けて、長旅を続けるのも良いでしょう。

発泡スチロール容器の駅弁ですから、レンジでチンしても、美味しく頂けそうです。加熱したら、ソースの香りがより引き立って、独特の美味しさを強烈に発揮するかもしれませんね。

参考私が日本一美味しいと思うソースカツ丼駅弁は、高崎駅・荻野屋の和風ソースかつ重


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ