山のおべんとう(広島駅・新山口駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

山のおべんとう(広島駅・新山口駅)・・・珍しい、山岳連盟と共同開発の駅弁

新山口駅山のおべんとうなる駅弁を購入しました。食べた場所は、山陰本線の益田駅からほどちかい、ホテルダイエー益田の一室です。以下のように鉄道を見ながら、のんびり朝ごはんと致しました。(新山口駅で買いましたが、元々は広島駅の駅弁です。)

山のおべんとうを鉄道を見ながら食べる


ところで、山のおべんとうとは不思議なネーミングです。外箱には、「広島県山岳連盟と広島駅弁当が共同で開発しました。売り上げの一部は、山岳環境保全基金として山岳環境の保全に役立てられます」と書かれています。

なるほど~、と思いつつ、どうして共同開発するに至ったのか、本当に知りたいのはそこだよな、と感じたりもしました・笑。

山のおべんとうの外観と外箱


山のおべんとうと言われると、ピクニックに持っていくようなものを連想しますが、流石に山登りに箱タイプのお弁当は持ち運びは難しいです(僕は登山が趣味でしたので)。

似たようなコンセプトとして、神戸の駅弁・六甲山縦走弁当を思い出しました。あちらのほうが、山に持ち込むには良いかもしれません。

広島の山のおべんとうについては、開封時に動画にも撮っておきました。内容をパッと見てしまいたい人は、以下の動画をご覧ください。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 新山口駅のお土産街道新山口店にて購入。新幹線改札口を入る目の前(改札外)のお土産屋さんの中の駅弁売り場です。
購入日時 2017年8月30日、午前11時に購入。
価格 788円(税込み)・・・なぜかこれだけ、半端な税込み価格でした
ラベル表示
山のおべんとうのラベル表示

製造 広島駅弁当株式会社
広島市東区矢賀5-1-2
082-286-0181
http://www.ekibento.co.jp/special/list.php





どれも美味しく、ほっこりと頂くことができる駅弁


では改めて、山のおべんとうの中身を見てみると、ちょうど同時に購入して前日の夜に大いに満足しながら賞味したもみじ弁当と、重複したおかずが多いなと言う印象です。

山のおべんとう

お品書き
・おむすび(梅、昆布、鮭)
・だし巻き卵
・鶏の照り煮
・たくあん
・煮物(蓮根、蒟蒻、椎茸、筍、人参)
・焼き鮭
・サツマイモ煮


まず、おむすびです。この前日に、同じ広島駅弁当さんの大関むすびという駅弁を食べており、再びおむすびの駅弁を食べるというのも不思議な雰囲気がするなあと思いつつ。今回はおむすびに乗った、沢庵が印象的です。おむすびと沢庵、正しい組み合わせです。

山のおべんとうの沢庵


大関むすびと違って、量は控えめです。おむすびの1つあたりの大きさも、小さめ。

山のおべんとうのおにぎり


おむすびの具は、梅と昆布と鮭です、海苔をどかしてみると、このように入っています。

山のおべんとうの鮭のおむすび


おかずは、絶品の鶏の照り煮、そしてだし巻き卵です。

山のおべんとうの鶏肉と玉子焼き


煮物も入っています。おむすびとよく合います。

山のおべんとうの煮物


焼き鮭も、忘れてはならないおかずですね。

山のおべんとうの焼き鮭


食べ終わってみると益々、この駅弁がどうして広島県山岳連盟と共同開発されたのか、理由が知りたくなりました。「共同開発」という大げさな内容ではないと思うので・笑、尚更気になります。

流石にやはり、山に持っていくような感じではないと思いましたが、朝食の時、あるいは量を少なくして食事をとりたい時には、最適な駅弁だなと感じました。なかなか好感の持てるお弁当です。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ