もみじ弁当(広島駅・新山口駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

もみじ弁当(広島駅・新山口駅)・・・幕の内としては、隠れたる名作だ

青春18きっぷの旅の途中、これから向かう山陰本線の沿線には駅弁が売られていないため、この日の宿泊先(ホテルダイエー益田)で夕食として食べるために、もみじ弁当を買いました。翌朝用にも、山のおべんとうなるものを購入しています。

これらの駅弁は広島駅の駅弁なのですが、新山口駅にも広島駅弁当さん製造の駅弁が売られており、今回は新山口で調達した次第です。

新山口駅の駅名板と山陽本線の電車


それにしても、もみじ弁当とは渋いネーミングです。こういう名称の駅弁は、どこに行っても幕の内弁当風だと相場は決まっています。しかし今回、実際に食べてみると、お値段以上の美味しさであり、大いに満足しました。

広島駅では、今回の旅行では清盛瀬戸の彩り弁当も食べておりますが、それを上回るほどの洗練された駅弁だなと感じました。でも、地味すぎる名前は何とかなりませんかね・笑。

もみじ弁当の外観と外箱


もみじ弁当の開封シーンを動画で見たい人は、以下をご覧ください。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 新山口駅のお土産街道新山口店にて購入。新幹線改札口を入る目の前(改札外)のお土産屋さんの中の駅弁売り場です。
購入日時 2017年8月30日、午前11時に購入。
価格 1080円(税込み)
ラベル表示
もみじ弁当のラベル表示

製造 広島駅弁当株式会社
広島市東区矢賀5-1-2
082-286-0181
http://www.ekibento.co.jp/special/list.php





食べ勧めるにつれて、美味しくて美味しくて止まらなくなってしまった駅弁


開封してみた時の第一印象は、「とても安定感があるな」でした。左側にご飯類、右側におかずが配置されています。あらゆる人にとって、ごく普通に美味しく頂ける内容なのではないかと思います。不安に感じるようなものは、何ひとつ入っていない点で、隙の無いお弁当と言えます。

広島駅のもみじ弁当

お品書き
・ご飯
・穴子寿司
・鶏肉の照り煮
・かれいの西京焼き
・煮物(蒟蒻、人参、椎茸、高野豆腐、たこ、里芋、蕗)
・だし巻き卵
・かまぼこ
・広島菜漬け
・サツマイモの甘煮
・リンゴのコンポート


幕の内風のお弁当で、命とも言えるのがご飯です。これが美味しくないと、日本人はお弁当に対して心底満足する事は出来ません。俵ご飯にした白米は、誰が食べても合格点を与えられるような、硬くもなく柔らかすぎでもなく、おかずたちを引き立てる役を全うしていると思いました。

もみじ弁当の白飯


ご飯ついでに、穴子寿司です。少量と言えでも、広島の駅弁と言ったら穴子を連想します。酢飯ですから、白飯主体の駅弁では、このくらいがちょうど良い量ですね。

もみじ弁当の穴子寿司


だし巻き卵と、かれいの西京焼きです。広島駅弁は、玉子焼きがいつも厚手なのが嬉しいですね。甘すぎないので、卵本来の味わいが感じられる点も、好ましいです。柔らかさと言うか、口当たりも、駅弁の玉子焼きとしては高いレベルなのではないでしょうか。

もみじ弁当のだし巻き卵など


そして玉子焼きの隣に配されていたのが、かれいの西京焼きです。かれいを西京焼きにしたものが入るだけでも珍しく、ラベル表示を見て大いに期待して食べたところ・・・・、「これは美味い!」、絶品です。魚の脂がトロッとした食感で、口の中でまさしくとろけます。

「とても一切れでは足りん!」と、嬉しさ半分嘆き半分で、一瞬にして無くなりました。

もみじ弁当のかれいの西京焼き


広島駅の駅弁は、煮物も美味いです。きのこの形をした蒲鉾がこの駅弁にも入れられていて、もみじの形をした人参煮と共に、視覚的にも食べる者を楽しませてくれます。

蕗や蒟蒻なども、関東風に醤油味を付けすぎない調理をしていると見えて、素材の味をとても感じます。タコなども、薄味でいいですね。タコの味がしっかりとしています。

もみじ弁当の煮物


筍煮、高野豆腐、椎茸煮も美味しく頂きましたが、、、

もみじ弁当の筍煮や高野豆腐など


この鶏の照り煮もまた、最高でした! 照り煮のタレが煮こごりのようになって鶏肉に付いていて、鶏肉だけでもしっとりとした弾力があるのに、お料理全体でもプルンとした食感に仕上がっていて、これもまた絶品でしたね。

しかし、絶品のものは量が少ないのが玉に瑕で、鶏肉もほんのひとかけらしか入っておらず、「頑張って」ふた口に分けて食べました・笑。ひと口で済むところを。

もみじ弁当の鶏の照り焼き


デザートは、サツマイモの甘煮に、リンゴのコンポートです。醤油でコテコテにせずにあっさりと煮れば、サツマイモは十分にデザートになるという事が分かります。

リンゴのコンポートは、リンゴのシャキッとした食感を味わえました。リンゴのデザートを駅弁に入れること自体も珍しく、じゅうぶんに楽しませていただきました。

もみじ弁当のリンゴやサツマイモのデザート


今回、青春18きっぷの旅で広島県~山口県を横断する中で、広島駅弁当さんの製造する駅弁を、合計5個購入して食べております。そしてすっかり、私はこの駅弁業者のファンになりました。

この業者さんは、もみじ弁当のような地味な駅弁ではなくて、広島カープ応援駅弁も販売したりしています。今後はそういったユニークな駅弁も、買ってみたいなあと思いました。広島に行く楽しみが、またもや増えてしまいました。


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ