焼さばバッテラ(大分駅・別府駅)を食べてみた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

焼さばバッテラ(大分駅・別府駅)・・・この駅弁業者の腕の良さが伝わってくる味

大分駅別府駅で売られている、最高級に美味しい鮨由さんの駅弁の数々。今回、大分周辺を旅行した際には、以下のような駅弁を食べることができました。

山海三昧(平成27年のJR九州駅弁グランプリ優勝)
なごり雪(平成28年のJR九州駅弁グランプリ特別審査員賞)
豊後水道味めぐり(平成26年のJR九州駅弁グランプリ準優勝)
とり天にぎり寿し(これもそのうち、駅弁グランプリに出るのでは?)


今回の大分周辺旅行で最後に食べた駅弁が、やはり鮨由さんの駅弁で、焼さばバッテラでした。バッテラは豊後水道味めぐりにも一切れ入っていました。バッテラだけでガッツリと食べたい時は、この焼さばバッテラを買うと良いでしょう。

焼さばバッテラ(大分)の外観と掛け紙


動画で中身をご覧になりたい人は、以下。




購入データ
購入場所 大分駅改札口の外、改札の目の前にあるお土産物ショップ、「大分名品蔵」にて購入。
購入日時 2017年6月20日、午後3時過ぎに購入。
価格 670円(税込み)
ラベル表示
焼さばバッテラ(大分)のラベル表示

製造 有限会社寿し由
大分市豊海4-1-1大分市公設卸売市場
093-531-0036
https://www.facebook.com/YouXianHuiSheShoushiYou/
(公式サイトが無いので、しかたなくFacebookページを)





余計なものが一切入っていない、自然に美味しい風味に顔がニコニコ


開封してみます。焼き色を見ると、食欲が湧いてきます。

焼さばバッテラ(大分)


焼き鯖の駅弁は、全国にもたくさんあります。私の出身県の茨城県だと焼き鯖すし「またべえ」なんてのがありますし、少し変わり種としては福井県のおとなの焼き鯖寿し山葵のわさび味や、同じ九州では福岡の博多めんたい焼き鯖ずし、なんてのもありますね。

焼さばバッテラ(大分)


ここ大分の焼き鯖寿司は、割合、おとなしい感じです。駅弁に使われるサバは、ノルウェー産の大ぶりで脂がこってりと乗ったものが多いように思われます。

しかし、大分の焼さばバッテラに使われている鯖は、日本の鯖なのではないかと想像しています。原産地は書かれていないので正確なところは分かりませんが、比較的あっさりとした中にもしっかりとした鯖の味を感じるので、日本産なのではないかなと。

それに、大分あたりの海と言えば、関サバの産地ですから、それを目の前にして外国産の鯖で駅弁を作るとは、鮨由さんの駅弁のレベルからすると、どうも考えにくいなと。

焼さばバッテラ(大分)の断面


さて食べてみますと、やはり鮨由さんの駅弁は添加物まみれになっておらず、味も濃すぎず、大変自然な風味になっています。鯖の味や酢飯の美味しさ以外に、鯖特有の魚臭さを消すための工夫が凝らされているのも分かります。実は、大葉が入っているのですね。




こんな感じに。・・・・全く同じ「構造」の焼き鯖駅弁としては、出雲駅の焼きさば寿司 がありました。あの鯖寿司は「美味しいな~!」と感じたので、それと同じ作りの大分の鯖寿司も美味しいに決まっています。

焼さばバッテラ(大分)の中には大葉が入っている


焼さばバッテラを、このようにトレインビューを楽しみながら、食しました。まさに駅弁の旅をしている感覚になり、大変幸せであります(^◇^)

焼さばバッテラ(大分)を鉄道の見えるホテルで食べる


この焼き鯖の寿司を食べた後、大分から宮崎空港まで特急にちりんに乗車して、最後は宮崎から羽田までひとっとびで帰りました。飛行機に乗れば九州も安くて近いので、今後はもうちょっと訪問回数を増やそうかなと思います。

なにより、美味しすぎる駅弁の宝庫の大分駅には、今後も何度も足を運ぶことになりそうです。



大分駅や別府駅に近い、鉄道の見えるホテルはここ


大分駅や別府駅の周辺のトレインビューホテルはいくつかあります。今回私が宿泊した鉄道の見えるホテルは、以下になります。

別府第一ホテル(別府駅)
ホテル豊の国健康ランド(大分駅)


乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ