浮城弁当を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

浮城弁当(三原駅)・・・何気に非常に美味い幕の内弁当

広島・宮島地区に行った帰り、三原駅で新幹線に乗りました。その際の乗換の時に駅弁を買うチャンスがあって、三原駅の名物駅弁である「たこめし」と共に購入したのが、浮城弁当です。その前に1枚、三原駅に117系電車が止まっていたので、これは貴重だとばかりに撮影しました。

117系電車(三原駅)


さて、浮城弁当です。浮き城とは、かつてこの地を支配した小早川氏の居城で、海にまで張り出して、まるで海に浮いた城に見えたことからその名が付けられたそうです。

もしも今でもそれが残っていたら、これは完全に国宝あるいは世界遺産クラスだったでしょうから、そのような大事なものを失くしてしまったことが残念でなりません。

わずかに残った部分も、山陽新幹線を通すために大半を潰してしまったらしく、三原駅で駅弁をのうのうと買えるのもそのお蔭であって、やや複雑な心境です。

(今の三原城跡地は、天守台の部分の石垣とお堀のみ、新幹線駅に接着するような形で、ほんのちょこんと残っていて、新幹線ホーム上り線から見ることができます)

浮城弁当の外観


●実際に開けてみた動画はこちら。


浮城弁当の中身


お弁当の中身と言うと、動画ではタコが入っているのかな?とかしゃべっていますけれど、要は幕の内弁当で、たこ焼きみたいに見えたのは魚の練り物でした。

それ以外には見たとおり、エビフライが入っていたり、鶏のから揚げや玉子焼き、焼き鮭、ハムなどです。付け合せに、小魚の甘露煮が入っていたのは、ちょっと瀬戸内の町らしいと感じました。

浮城弁当のおかず


なおこのお弁当の大半は、新幹線の中で、妻が食べました。「普通に美味しい~~」と言っていましたよ。なお駅弁屋さんのホームページには、どういうわけかこの駅弁が掲載されていません。




(2015年6月11日、三原駅で購入。1100円)





山陽本線沿線の、鉄道の見えるホテルの一覧

山陽路における、鉄道の見えるホテル一覧です。

ホテルヴィアイン岡山 山陽本線、伯備線、赤穂線、吉備線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 2012新設の快適ホテル。JR駅直結。高くない。特におすすめ
東横イン岡山駅西口右 山陽本線、伯備線、赤穂線、津山線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 駅から7分。5000円程度から。
ホテルヴィアイン広島 山陽本線 広島駅から徒歩1分の好立地ながらも安い。
インテリジェントホテル広島 山陽新幹線、山陽本線、芸備線 広島駅から5分、マツダスタジアム近隣。特におすすめ
ホテルニューまつお(広島) 山陽本線、可部線 広島駅から4,5分。けっこう古いホテル。
ホテルサンプラザ倉敷 山陽本線、伯備線、水島臨海鉄道 倉敷駅から徒歩2分の好立地ながらも安い。
アパホテル倉敷駅前 山陽本線、伯備線、水島臨海鉄道 倉敷駅徒歩1分。元ターミナルホテル。
山田屋旅館(倉敷) 山陽本線、伯備線 倉敷駅徒歩7分。超・電車が見やすい、凄い旅館。宿泊予約は旅館に直接連絡。
相生ステーションホテル 山陽本線(新幹線は不明) 相生駅より徒歩1分
ホテルアルファーワン徳山 山陽新幹線、山陽本線、岩徳線 徳山駅徒歩6分。古臭いが、徳山で一番のトレインビュー。
東横イン徳山駅新幹線口 山陽新幹線 新幹線だけが見える。新しくて徳山では人気のホテル。

この駅弁屋さんの公式ホームページ情報

http://hamakichi.ekiben.or.jp/
(駅弁の総合サイトの中の、浜吉さんのページの、駅弁一覧になります)

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ