瀬戸の魚島・鰆寿司(岡山駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

瀬戸の魚島・鰆寿司(岡山駅)・・・見た目は良いが、中身は改善点が多すぎる

岡山駅の新幹線改札口内の駅弁売り場には、地元の駅弁業者、三好野(みよしの)の駅弁しか売っていないとばかり思っていました。しかし2017年5月末に立ち寄った時に、岡山の空弁である瀬戸の魚島・鰆寿司が売られているのを発見し、驚きつつも購入してきました。

やはりこの日に購入した三好野の下津井旅情と共に、何とも旅情を感じるパッケージであり、ネーミングでしたので、つい手が出た次第です。しかし肝心の味のほうは、これは明らかに改善したほうが良いだろうという酷さでした。

瀬戸の魚島・鰆寿司の外観と掛け紙


まずは、動画にてご覧ください。味の改善点も大いにあるのですが、食べる前に開封するまでに時間を要します。鉄道に乗って手軽に食べるには、めんどくさすぎます。




購入データ(今回、私が購入した時の記録です)
購入場所 岡山駅の新幹線改札口内の、「おかやま駅弁」売り場にて購入。
購入日時 2017年5月30日、午後4時過ぎに購入。
価格 870円(税込み)
ラベル
表示

瀬戸の魚島・鰆寿司のラベル表示

製造 有限会社せとうち味?楽部
岡山県岡山市北区内山2-7-5
0120-260-609
http://www.setouchiaji-club.com/





見た目は良いが、味はパサパサ、酢飯が紙に引っ付き・・・・


瀬戸の魚島・鰆寿司の真空パック(と思われる)を悪戦苦闘して開封したところが、下記です。なんとか写真写りが良い感じに撮影したものです。これだけ見ると、超美味しそうに見えます。私もてっきりそうだと思って、この鰆寿司を口にしたのでした。

瀬戸の魚島・鰆寿司


うん、表面の焼き色がたまらなく食欲を喚起させますね。

瀬戸の魚島・鰆寿司の焼き色


ですが、食べた瞬間思ったのは、「なんとパサパサしているんだ!」が第一印象です。唾液を吸い取られる思いです。見た目は鯖の焼き寿司にも似ておりますが、鯖にはたっぷりと脂が乗っているのに対して、この鰆寿司はその脂分を極限まで抜き取りました、というような食感です。

ラベル表示を見ると、鰆にカッコして「ヤナギ」と書かれています。どうやら大きくなる少し手前の状態をヤナギと言うらしく、成魚になっていないものは脂の乗りがいまいちだという話しですから、このパサパサ感は仕方がないのかもしれません。

ですが、おおよそパサパサした食い物には美味いものなど無く、鰆寿司に関しても、なぜこれを販売するのか、いまいち分かりませんでした。このメニューを開発した人は、このパサパサぼそぼそした食感を、どう感じて作ったのでしょうか。不思議でなりません。試食したの??

それともう一つ苦言を呈するのは、酢飯の底の部分が紙に接着してしまって、きれいに鰆寿司を箸で取り上げられないんですよ。フォークで切ると紙まで巻き込んで切れてしまって、紙が酢飯に付着します。こんな食べにくい駅弁(空弁)も、初体験です。

この辺りも、この瀬戸の魚島・鰆寿司を開発した担当者の、確認不足というのか注意力散漫というのか、そういう事だと思いますよ。切断面を見ると、鰆のパサつきがよく出ていますでしょ。。。

瀬戸の魚島・鰆寿司の断面図


ところで、鰆と酢飯の間には、椎茸煮と生姜の酢漬けが入っています。椎茸の量は適度に抑えられていて、これは良いですね。椎茸の旨み成分が良く出ていると思います。

瀬戸の魚島・鰆寿司の椎茸煮や生姜


ご飯をひっくり返して見たところです。どうも、美しくないですよね・笑。パサついた鰆の破片が付着していますしね。そ~っと取らないと、紙がくっついてきますし。

瀬戸の魚島・鰆寿司のしゃり


岡山県人は鰆を特に好んで食べる文化があるそうですから、そうだとしたら県外の人も、「この鰆寿司は絶品だ!」と唸るようなものを作ってほしいなと思います。今後の改善に期待します。



岡山県の鉄道の見えるホテル


以下、岡山県の鉄道の見えるホテルです。岡山にお出かけの際は、参考にしてくださいね。

ホテルヴィアイン岡山 山陽本線、伯備線、赤穂線、吉備線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 2012新設の快適ホテル。JR駅直結。高くない。特におすすめ
東横イン岡山駅西口右 山陽本線、伯備線、赤穂線、津山線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 駅から7分。5000円程度から。
トービホテル 山陽新幹線 高速で通過する山陽新幹線が見えるレアなトレインビュー。赤穂線伊部駅から徒歩13分。

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ