祭ずし匠(岡山駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

祭ずし匠(岡山駅)・・・見た目も鮮やかで気分が高まるちらし寿司

岡山駅のロングセラー駅弁と言えば、桃太郎の祭りずしが有名です。その上位版と言えるのが、今回東京駅の駅弁屋祭で手に入れた、祭ずし匠です。駅弁屋祭で祭りずしを買うというのも、なかなか乙なものですね・笑。

実は私、桃太郎の祭りずしは、若干チープな印象を受けるのですよね。どうも、妙な印象を受けていたのですが、今回買った祭りずし匠の外観はそれと異なり、大人のデザインで好ましいです。

赤と黒で、「和のシックさ」を醸し出している感じがします。外箱を取ったところにあるプラスチック容器も黒が基調で、桃太郎の祭りずしと全く印象が異なります。

祭りずし匠の外観と外箱


ちなみに祭り寿司とは、この駅弁屋である三好野本店さんがネーミングした言葉で、古くからある単語ではありません。もともとは岡山寿司とかばら寿司と呼んでいたそうなので、念のため。でも、作った言葉にしては、いい線行ってますね。





郷土の食材も入り、まさに海の幸と山の幸が満載


まず最初に、祭りずし匠を開封したところを動画でご覧ください(音楽が流れます)。外箱、内側のプラスチック容器、それを開けたところ、中身が現れたところの順で、映像が変わります。どんな感じの駅弁なのか、パッと見で理解できると思います。




お品書きとしては、次の通りになります。色んなものが入っているので、いかにもお祭り気分になりますね。蓋を開けた時に、まず華やかなお弁当だなと感じる事でしょう。

・錦糸卵 ・えび煮 ・卵焼き ・ままかり酢漬け ・穴子煮 ・椎茸煮 ・筍煮 ・鰆(さわら)酢漬け ・も貝煮 ・菜の花醤油漬け ・いいだこ煮 ・人参煮 ・紅ショウガ ・蓮根酢漬け

岡山駅弁、祭りずし匠


桃太郎の祭りずしと違い、海老煮がまるまる二匹入っているので、豪華さが際立ちますね。ただし、海老を食べるには手で殻をむかないといけませんから、電車に乗って駅弁として食べる際には、けっこうめんどくさいと思います。殻をどこに置いておけば良いのか、と悩みますし。

祭りずし匠の海老煮


祭りずし匠でユニークなのは、イイダコが煮物として入っている点でしょうか。小さいながらもこちらも丸ごと入っていますから、一瞬ギョッとします・笑。その隣にままかり酢漬けと、穴子煮です。

ままかりはちょっと酸っぱすぎるといつも思いますが、イイダコや穴子煮はその分甘めに味付けされていますので、バランスはとれていると思います。

祭りずし匠のイイダコ煮とままかり酢漬け


続いて、ユニークながらも非常に地味な存在の、も貝です。も貝とは聞きなれませんが、地元の岡山で採れる貝だそうで、ばら寿司に欠かせない食材なのだそうです。こういうのが入ってくると、地元のものを食べられる喜びがジワジワと湧いてきます。

祭りずし匠のも貝煮


鰆の酢漬けです。相変わらず酸っぱく、魚の本来の味が随分と無くなっているような気がします。でも実は祭りずし、酢飯の味がだいぶ柔らかで甘めに仕上げられていて、おかずの酸っぱさや甘辛さと実にちょうど良い塩梅になるのです。陰の主役は、その酢飯なんじゃないかと思います。

祭りずし匠の鰆の酢漬け


最後に、卵焼き。三好野の文字が「刻印」されていますね。変に甘すぎず、駅弁全体の調和を邪魔しない、良い味付けがなされています。・・・人参はちょっとイマイチかな・笑。

みよしのの文字の入った卵焼き


この駅弁、決して何かが際立った味覚を持っているわけではありません。が、目で見て、舌で味わった時に、全体としての納得感は、かなり素晴らしいものがあると感じます。

祭りずし匠の外箱に書いてある、「海の幸、山の幸を豊富に彩り美しく盛り込んだ、瀬戸内ならではの豪華なちらし寿司です」の言葉通りの駅弁に仕上がっていると思います。

欲を言えば、ちょっと錦糸卵で誤魔化しすぎている嫌いはあります。この地方の同様の「ばら寿司」と言えば、福山駅弁のばら寿司があり、思い返してもそちらの方が内容は上ですから、機会が有れば、岡山と福山で、ばら寿司の食べ比べをしても面白いと思います。

(2017年2月18日、東京駅で購入。1300円)



岡山駅周辺の、鉄道の見えるホテルの一覧

この駅弁が本来売られている、岡山駅周辺の鉄道の見えるホテル一覧です。

ホテルヴィアイン岡山 山陽本線、伯備線、赤穂線、吉備線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 2012新設の快適ホテル。JR駅直結。高くない。特におすすめ
東横イン岡山駅西口右 山陽本線、伯備線、赤穂線、吉備線、津山線、瀬戸大橋線、山陽新幹線 駅から7分。5000円程度から。


上記以外、中国地方の鉄道の見えるホテルのページも、あわせてご覧ください。


この駅弁屋さんの公式ホームページ情報

http://www.miyoshino.com/obento/ekiben.html
岡山の三好野本店さんの、駅弁のトップページになります。

乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ