鱒押寿し(鎌倉駅・大船駅)を食べた記録

●参考になりましたら、シェアしていただけるとサイト運営の励みになります!

鱒押寿し(鎌倉駅・大船駅)・・・素朴に美味しい鱒の押し寿司

伝承・鯵の押し寿司大船軒サンドウィッチ、少しユニークな所ではつまんで良し、食べて良し「酒肴弁当」のような駅弁を販売している、湘南は鎌倉の大船軒さん。

今回は新宿駅に立ち寄った際に、お昼ご飯として購入しました。大船軒の駅弁は湘南地域から東京都内まで、幅広く売られているから、入手しやすいのが嬉しいですね。

鱒押寿し(大船軒)の外観


でも逆に、いつでも買えると思うとなかなか買わないのも事実で、大船軒の押し寿司各種などは、手に取った事すらありませんでした。しかしそれはイカンと思い直し、買ってみる事にしました。手始めに、全国各地の鱒のお寿司の駅弁と食べ比べもできる、鱒押寿しにしました。





ああ美味しい、ただただそれだけの感想が出てきます


期待と不安が入り混じった感じで、封を開けてみました。開けた瞬間の直感は、「綺麗な色だな~、買って良かったな~」です。単純な感想ですけど、人間、そんなもんです。

鱒押寿し(大船軒)


光が当たる、鱒押寿しの表面です。なんて綺麗なんだろうと、しばし見惚れました。

鱒押寿し(大船軒)の中身


見ているばかりでは腹が減るだけなので、箸を入れて、食べてみます。鱒の厚みはまあこんなもんでしょうか。酢飯の炊き加減はちょうど良い感じです。一口食べた感想は、「美味しい」です・笑。

それでは感想にならないので、別の言い方をしますと、そうですね、比較的薄味に仕上がっています。同じ鱒の駅弁である富山のますのすしや、静岡のますの押し寿司のように塩分が強めのものに比べると、癖が無いとも言えます。どなたでも全員が美味しく食べられるという、そんな鱒のお寿司です。

鱒押寿し(大船軒)の鱒の写真


6切れ入っていますので、最初の2切れは何も付けずに、そのままの味を楽しみます。そして残り4切れに、お醤油を付けて食べてみました。お醤油の旨み成分も加わり、いつ、どこで、誰と食べても普通に美味しい駅弁の一丁上がりです。

鱒押寿し(大船軒)に醤油を付けて頂く


今回、鱒押寿しが普通に美味しかったので、次回も大船軒のお寿司シリーズを食べてみようと思います。今度は何にするか、楽しみが一つ増えました。鯖、穴子、小鯵が有るんですよね。うーむ、どれにしようかなあ???


(2017年2月1日、新宿駅で購入。750円)


この駅弁を製造している大船軒さんの情報


鱒押寿しを作っている、湘南鎌倉の大船軒さんのホームページです。あらかじめ商品情報をチェックして、旅先で何を買うのか考えるのも、実に楽しいですね。

http://www.ofunaken.co.jp/free/menu



鱒押寿しを楽しめる、鉄道の見えるホテルはここ


鱒押寿しが売られているのは、湘南の大船駅や鎌倉駅のみならず、東京駅や品川駅、新宿駅など、幅広い地域です。この駅弁をゲットして、ぜひとも一杯やりながらトレインビューを楽しみたいものです。ホテル情報については、下記を参考にして下さいませ。

東京の鉄道の見えるホテルのページ
神奈川県の鉄道の見えるホテルのページ


 
乗って楽しい列車旅

鉄道クレジットカード・鉄道ファン御用達のカード

地域から選ぶ

その他の特集コンテンツ